日清食品「日清麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン」 - 日清食品

日清食品「日清麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス マウイオニオンガーリックマスタード味」を食べました。昨日の「キラウエアファイヤーBBQソース味」と同時発売の製品で、こちらもハワイで人気の調味料なんだとか。ソースに使用されているマウイオニオンは独特の甘味が特徴らしく、ハワイの特産品らしいです。袋を開けると少し酸味を感じるマスタードソースらしい香りが漂ってきて、実際の味わいも然り。マクドナルドのチキンナゲットに付いてくるマスタードソースあるじゃないですか、端的に味を例えるならマクドナルドのマスタードソースが近いですね。マスタードのイメージから連想されるような刺激は極めて弱く、あくまでも香りと旨味を重視しているような印象。そして「BBQソース味」ほど強くはなかったんですけど、こちらも甘味を意識してますね。ガーリックの主張もエッジの効いたタイプではなかったし、非常にマイルドな味わいでした。さすがにマウイオニオン独特の甘味までは判別不能でしたけどw マイルドなマスタードソース系のテイストは安定感のある味わいだったので、とりあえず大きくコケることはないでしょう。マクドナルドのチキンナゲットにはマスタードソースだぜ、って人は特に問題なくハマれると思います。

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン」です。シリーズ第9弾のテーマは、前回の「喜多方」に続きまして、日本三大ラーメンのひとつ「札幌」の味噌ラーメン。札幌の味噌ラーメンといえば、縮れた黄色い熟成多加水麺に多めのラードを用いた味噌スープ、というのが自分の中にある基本的な定義のイメージなんですけど、山椒などのアクセントを用いて繊細さや複雑味を意識していたり、ひたすらラードで押してくるような豪快さを意識していたり、お店によってスープの方向性に差があるので、ひとくちに札幌味噌ラーメンと言えど奥が深いなー、って。どんなスタイルを意識してるのか楽しみです。





は、「スープによく絡む生めん風の中太縮れ麺」とのこと。製品説明では中太麺となっていますが、熱湯4分のノンフライ麺にしては随分と太い部類に入ると思います。まず見た目の雰囲気はイメージ通りの縮れ麺で、黄色っぽい色あいも雰囲気を演出。実際に食べてみるとプリプリした食感が特徴となっていて、多加水麺らしい水分量の多さを感じました。ただ、小麦の風味も自然に香っていたし、歯切れの良さも食べやすさに貢献してたんですけど、もうちょっと粘り気や密度の高さも意識して欲しかったかな。でもラードの効いたスープに埋没することのない存在感はキープしていたし、スープとのバランスは悪くなかったです。

スープは、「北海道醸造味噌を使用し、生姜とガーリックを利かせた濃厚な味噌スープ」とのこと。スープの表面にはラードを中心とした油膜が張っていて、これぞ札幌味噌ラーメンなビジュアル。実際に動物性の油脂成分による重厚感は明白で、あっさり系の味噌ラーメンが好きな人には厳しいスープかもしれませんが、スープが冷めないようにという配慮から生まれた札幌味噌ラーメンのイメージを確かに感じさせてくれる仕上がりには素直に好感が持てました。ベースの味噌ダレにカドは感じられず、丸みを帯びた味噌感なんですけど、味噌の風味には一定の輪郭があります。そんな丸みを帯びたスープに、まろやかで柔らかい豚骨のコクが重なってくるので、全体的にシャープなキレよりも旨味で食わせるタイプのスープだったんですけど、生姜やニンニクなどによる香味野菜のシャープな印象と適度な香辛料がアクセントとなっていて、ボヤけるようなマイナスのイメージは受けませんでした。札幌味噌ラーメンのスープとして押さえるべきポイントを押さえ、さらに万人ウケするように調整してあったので、こってり濃厚に期待すると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、バランス型としては良く出来たスープだと思います。ただ、野菜調味油が原材料に仕込まれていたものの、具材を炒めたような調理感は目立ってなかったので、そこが少し残念でした。

具材は、「キャベツ、肉ミンチ、ネギ」とのこと。かやくの袋は2つあって、うちひとつがキャベツなんですけど、さすがに量が多いですね。みずみずしい食感と自然な甘味がスープに映えていて、ザクザクとした食べ応えも評価できるポイント。ネギも具材としてカウントできる大きめカットで、白葱らしい甘味が好印象。肉ミンチの質も一定の水準を確保していて、意識的に食べることで野菜具材では演出できない野性味を醸し出してくれていました。ただ、キャベツの食べ応えでボリューム的な不満を感じることはなかったのですが、定価220円の製品にしては些かラインナップに寂しさを感じてしまったのも事実。札幌味噌ラーメンの具材といえばモヤシ、というイメージが強いんですけど、それも入ってなかったし、たっぷりキャベツは素直に好印象ではあったものの、彩り的に人参,キクラゲ,メンマ,コーンなんかがチラッ、とでも入ってると嬉しかったです。

(標準は★3です)

かなり一般ウケするラインに落とし込まれていましたが、バランス型の札幌味噌ラーメンとしては悪くなかったです。ただ、突き詰めていくと麺の密度だったり、スープの調理感だったり、具材のラインナップだったり、それぞれに物足りなさの否めない部分がチラホラあったので、ちょっと評価は厳しめに見ました。日清食品の作る札幌味噌ラーメンといえば、やはり「白樺山荘」の印象が自分の中では強いので、少なからず評価に影響を及ぼしているのだと…すいません(苦笑)自分は所々に感じる中途半端さが気になってしまったのですが、ひとつのカップ麺として質の悪い製品ではなかったし、食べやすい札幌味噌ラーメンとしての水準は一定値を確保していたので、その安心感と馴染みやすいハードルの低さはポイントだと思います。さて、次回は流れ的に満を持しての「博多」ですかね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン
製造者:日清食品
内容量:128g (めん70g)
発売日:2016年7月11日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105230398

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・2つのかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (128g) あたり

エネルギー:487kcal
たん白質:13.5g
脂質:20.5g
炭水化物:62.3g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:152mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:487kcal (めん・かやく:320kcal / スープ:167kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維)、スープ(味噌、ポークエキス、豚脂、香辛料、糖類、香味油、醤油、野菜調味油、発酵調味料、酵母エキス、植物油脂、食塩)、かやく(キャベツ、味付肉そぼろ、ねぎ)、加工でん粉、カラメル色素、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、pH調整剤、乳化剤、セルロース、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸Mg、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、鶏肉、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5302

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事