セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」(3回目) - セブンプレミアム

セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」(3回目)



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス キラウエアファイヤーBBQソース味」を食べました。ハワイで人気の調味料「キラウエアファイヤーBBQソース」を原材料に使用したコラボ商品だそうです。自分はオリジナルのソースを試したことがないんですけど、ポテトチップスの味はオニオンとガーリックの効いたトマトベースの味付で、甘味の主張がフロントにあります。でも、そんな甘味を帯びたテイストの中に香辛料のスパイシーな刺激がアクセントになっていて、まさに味わいの方向性は王道のザ・バーベキューソース。マクドナルドのソースとかにありそうw 味噌の隠し味が最初ちょっと浮いてるような気もしたんですけど、すぐに馴染んで気になりませんでした。思ってたよりも甘味が強くて、その甘さが人を選びそうなテイストではあったものの、香辛料によるピリピリとした刺激に引き締め効果があったので、甘味とスパイシーさの兼ね合いが食べてて癖になる感じでした。実際のソースも気になるなー。とりあえず味のイメージは概ね!(親指)

さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」で、製造者は日清食品です。今回で3回目のリリースになるんですけど、前作からの大きな変化は、やはりタテ型ビッグにサイズがアップしたことでしょう。予々増量を望んでいたので、自分としては最高のリニューアル。ただ、サブタイトルの「極辛味噌」が「激辛味噌」に変わっている為、若干の不安要素は否定できず。これで質が落ちてなければ言うこと無しなんですけど、果たして仕上がりや如何に。





は、「太いストレート麺」とのこと。「有名店シリーズ」に使われている麺と同じタイプの高品質な油揚げ麺で、やや加水率が低く、軽快な歯切れの良さが特徴となっている縮れの少ないストレート麺です。ただ、ひとつ違うのは油揚げ麺特有の風味で、「有名店シリーズ」に使われている油揚げ麺は特有の風味が極めて控えめなのに対し、こちらは一定の油揚げ麺臭を放っています。スープの関係で感じ方に差が出てただけなのかもしれないし、それでも上品な印象に変わりのない些細な程度だったんですけど、どっしりとした激辛スープと油揚げ麺特有の風味は非常に相性が良く、油揚げ麺特有のジャンクさが激辛とマッチしているので、今回ばかりは油揚げ麺臭が気になったとしても手放しにメリットとして受け取れるのではないでしょうか。質感に関しては「有名店シリーズ」同様、タテ型カップに使用されている油揚げ麺の中では最高峰レベルの品質なので、素直に印象が良かったです。

スープは、「北極ラーメンらしい激辛味噌スープの中に、味噌やにんにく・豚肉の旨味をしっかり感じられ」るとのこと。相変わらず辛さレベルは市販のカップ麺として常識のレベルを超えたトップクラスの強さなのですが、それに負けない旨味を感じられるのが最大の魅力。辣味には瞬発力があり、のっけから刺してくるような刺激を感じさせながら、さらにジリジリと尾を引く本格的なもの。なんですけど、その奥にある旨味が秀逸なんですよね。豚脂と胡麻による濃厚なコク、そして丸みを帯びた味噌の風味と辣味に絡み付く甘味。この甘味が結構重要なポイントになっていて、激辛の中に見える甘味の兼ね合いが何とも絶妙なんですよね。突き抜けた辛さを軸にしつつ、唐辛子特有の芳ばしさも同時に打ち出し、旨味の指標にも余念が無くて、ついつい箸が止まらないw 実際のラーメンとは味が違う、という意見もチラホラと耳にしたのですが、このカップ麺のファンが多いのも事実。実際、素直に頷ける納得の激辛旨スープだと思います。まさに唯一無二の存在で、しっかり今年も満足させていただきました。激辛フリーク的には、まだまだ余裕な辛さかもしれませんが、それでも刺激を楽しめるスープだと思いますよ。唐辛子の刺激に耐性の無い人は絶対に手を出さないでください…マジでヤケドすると思うのでw ちなみに極辛オイルは単に刺激をアップさせるだけの要員ではなく、豚脂のコクやスープの旨味を担う成分が一緒に含まれている為、やはり全投入がオススメですね。

かやくは、ごま,味付豚肉,モヤシ,フライドガーリック,赤唐辛子,ねぎですね。スープの項目でも軽く触れましたが、胡麻は多めに入っていて、かなりスープに貢献してます。この芳ばしいコクが加わることで、スープの厚みが増してるんですよね。赤唐辛子も胡麻と同じくスープの一部なんですけど、ギミック的な存在ではなく、確実に辛の要素に寄与しているのだと思います。調味油のインパクトで正確には判別不能だったので…多分w 味付豚肉はチップ状の肉具材だったのですが、よくあるハムっぽいスカスカしたチャーシューチップではなく、きちんと肉らしい繊維質を感じられたことが好印象。モヤシはレトルト調理品ほどの存在感こそ感じられなかったのの、割と多めに入っていたし、シャキシャキとした食感から自己主張は明白で、埋没しちゃってないのがいいですね。フライドガーリックの芳ばしさも癖になる味わいに一役買っていて、効果的な存在となっていました。

(標準は★3です)

既に3回目となった今回の製品ですが、タテ型ビッグになっても質の衰えなんぞ微塵も感じさせず、クオリティの高さを踏襲したまま量が増えたことで、素直に満足度が向上しました。いやー相変わらず素晴らしい! これはもう絶対に毎年恒例にするべきだと思うし、何なら通年商品に格上げを激しく希望しますw 辛い食べ物が苦手な人は絶対に手を出さない方が無難ですし、まぁそこそこイケるかなー、くらいの人でも厳しいレベルだと思うので、ある程度の覚悟を決めた上で挑んでください。ただ、突き抜けた辛さの奥にある旨味を見出せた時、この辛旨さに魅了されること請け合いですよ。自分は抱えている在庫の関係で個数を制限しないといけないのですが、確実に今年も複数個は買い溜め決定です。もしブログやってなかったら…きっとネットで箱買いしてるw 突き抜けた辛さと確かに感じられるコク深い旨味、油揚げ麺と激辛が織り成すジャンクな雰囲気も大きな魅力のひとつですし、ひとつの激辛系カップ麺として完成系にある一杯だと思います。オススメ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:蒙古タンメン中本 北極ラーメン
製造者:日清食品
内容量:111g (めん80g)
発売日:2016年7月11日 (月)
発売地区:全国 (セブン&アイHLDGS.系列店舗)
希望小売価格:198円 (税別)
JANコード:4902105233504

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (極辛オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:517kcal
たん白質:11.1g
脂質:22.9g
炭水化物:66.7g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:1.39mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:139mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:517kcal (めん・かやく:394kcal / スープ:123kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、食物油脂、食塩、たん白分解物、醤油、チキンエキス)、スープ(豚脂、味噌、香辛料、糖類、小麦粉、植物油脂、ポークエキス、でん粉、食塩、香味油、野菜調味油、酵母エキス、加工油脂)、かやく(ごま、味付豚肉、モヤシ、フライドガーリック、赤唐辛子、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、カロチノイド色素、かんすい、トレハロース、グリセリン、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香料、乳酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:http://iyec.omni7.jp/detail/4902105233504

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事