日清食品「日清焼そば U.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」 - 日清食品

日清食品「日清焼そば U.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


湖池屋の「スコーン 日清焼そばU.F.O.」を食べました。これまでにも何度か発売されているコラボ商品ですね。で、これ再現度かなり高いんですよ。まず袋を開けた瞬間から「日清焼そばU.F.O.」らしいソースの香りが立ち、実際に食べるとスナック菓子用に調整されているとは言え、独特のスパイス感と濃厚な旨味、そして絶妙な酸味の効かせ方など、まさに “あの味わい” を彷彿とさせるソース味です。青のりのアクセントが感じられるのも嬉しいポイントで、ほんと忠実に再現されていると思いますよ。それでいて地のコーンスナックとも違和感なくマッチしているので、ソース味のスナック菓子として単純に食べてもバッチリ美味しい。味付は濃い目なんですけど、U.F.O.のソースも濃厚さを売りにしてますからね。この仕上がりであれば看板に偽り無しですし、カップ麺ブロガーとしても太鼓判。ただ、これ出ちゃうと「コーンな屋台スコーン ソース焼きそば味」が霞んじゃいますよねw

さて、本日の一杯は、黄金の「カップヌードル」「日清のどん兵衛」に続きまして、日清食品の「日清焼そば U.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」です。カレー味のU.F.O.といえば、2014年にレギュラーサイズと、2015年にビッグサイズが発売されていて、どちらも当ブログでは記事にしてますね。それ以前にもカレー味のU.F.O.は定期的に発売されていたのですが、2014年版では★5をつけてますし、雰囲気も似通っているので、実食前なのに確信に近い安心感w 黄金のカレーマヨに注目しつつ、裏切りの無い美味しさに期待しながら食べたいと思います。





は、「『日清焼そばU.F.O.』ならではの、コシのある中太麺」とのこと。いつものU.F.O.らしい中太麺なんですけど、ほんと秀逸な油揚げ麺ですね。しなやかでコシが強く、油揚げ麺特有の風味も控えめで、ソース乗りもバッチリ。縮れのないストレートな形状が油揚げ麺らしからぬ高級感を演出していて、しっかり麺単体としての自己主張を放ちつつ、ソースとの力関係は均衡が保たれているので、バランスも良好。他社もクオリティの高い焼そば麺を日進月歩で開発していますが、やはり抜きん出た風格の持ち主で、唯一無二の存在だと思います。

ソースは、「18種類のスパイスを利かせたカレーソース」に、別添で「カレー風味の『黄金のカレーマヨ』」とのこと。やはり基本的な構成は2014年版のカレー味を踏襲してますね。まずベースにあるのはオリジナルの濃厚なソース味で、土台がしっかりとしています。そこに18種類のスパイスが加わるのですが、刺激的な要素は控えめ。でも決してカレー “風味” には止まらず、ソースだけでもカレー味と分かる仕上がりで、きちんと香辛料の複雑味を感じることのできるスパイス感。ややザラついた舌触りがスパイスのドライな印象を加速させ、ソースだけでも充分に美味しいです。ちなみにソースの原材料は、2014年版と並びからして全く同じでした。で、カレーマヨなんですけど、コイツは確実にパワーアップしてますよ。前回は直接舐めても軽くカレーの風味を感じる程度と書いているのですが、今回はカレーマヨからもハッキリとスパイスの主張が感じられました。これによってソースとマヨの一体感が急激に高まり、マヨネーズを蛇足的な要素に思わせず、マヨネーズの油脂感がカレーの風味をマスクするようなネガティブさも皆無に等しかったし、むしろカレーマヨがカレーのスパイス感を後押ししているようなメリットを感じたほど。さらに熱で強調されるマヨネーズの酸味が絶妙なアクセントになっていて、カレーの風味を損なわず、尚且つ方向性を同じくした一体感が実に良かったです。スパイス感の強いソースにマヨネーズのマイルドさでコントラストを描いていた前作も好印象だったんですけど、ソースとマヨネーズの相性は確実にレベルアップしていたし、ひとつのカレー焼そばとしての完成度は前作以上だと感じました。

具材は、「大切りキャベツ、ニンジン」とのこと。キャベツと人参の野菜具材のみなので、イメージとしてはダイスミンチとか入ってると嬉しかったんですけど、カレーマヨの油脂感などを考慮すると、敢えてサッパリ野菜のみというのも悪くないですね。大切りキャベツはザクザクと食べ応えがあり、みずみずしさがワンブレイク置くのに効果的で、コリコリとした歯応えの人参も食感に変化をもたらしてくれて好印象。欲を言えば玉ねぎなんかも入ってると嬉しかったんですけど、ソースとカレーマヨで結構楽しめたので、具材に対する不満は目立って無かったです。

(標準は★3です)

黄金カレートリオの「カップヌードル」「日清のどん兵衛」と比べ、目新しい個性や新鮮味こそ得られなかったものの、最もストレートに美味しいと感じたのは今回のU.F.O.でした。基本的な構成は2014年版の製品を踏襲していたので、なおさら自分としては新鮮味が無かったわけなんですけどw カレーマヨのパワーアップは体感的なレベルに位置していたし、確かなブラッシュアップと、ひとつのカレー焼そばとしての完成度の高さを実感できたので、かなり満足度は高かったです。ベースにオリジナルのソースの表情があることで明確なアイデンティティとなり、しっかりカレーの要素も組み込んでいて、カレーマヨを含め総合的に見ても蛇足的な要素は感じられず、安定感と高品質を兼ね備えた仕上がりから、ひとつのカレー焼そばとして完成系にあると言っても過言ではないでしょう。また次に発売されるのは2年後の2018年かもしれませんが、もう通年商品に格上げしちゃってもいいんじゃないですかね。「カップヌードル」や「日清のどん兵衛」には常時販売品としてのカレー味があるのに、U.F.O.にカレー味が無いのは逆に不思議だったりするんですけどw カレー味の焼そばって、季節関係なく一定の需要は見込めると思うんですけどね。やっぱり夏っぽい限定感を大切にしたいのかなぁ。兎にも角にも、カレー味のカップ焼そばが好きなら買い置き決定レベルの一杯だと思います。オススメ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そば U.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば
製造者:日清食品
内容量:129g (めん100g)
発売日:2016年7月4日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105234358

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (ソース・カレーマヨ)

~標準栄養成分表~

1食 (129g) あたり

エネルギー:590kcal
たん白質:9.1g
脂質:28.5g
炭水化物:74.5g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.57mg
カルシウム:171mg

(食塩相当量:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、ソース(半固体状ドレッシング、植物油脂、ソース、糖類、還元水あめ、香味油、カレー粉、食塩、香辛料、たん白加水分解物、ポークエキス、チキンエキス)、かやく(キャベツ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、酸味料、香料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部に卵、乳成分、りんご、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・りんご・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5263

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事