セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 辛旨飯」 - セブンプレミアム

セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 辛旨飯」



東ハト「暴君ハバネロ・ハバレモン」を食べました。辛さの目安は5段階中 “3” で、辣味のタイプは蓄積型。唐辛子の刺激が蓄積型ということもあり、最初はレモンの酸味が優勢ですね。なので食べ始めこそピリ辛以下? くらいだったんですけど、何個か食べていると唐辛子が追ってジワジワ来ます。辛い食べ物が極端に苦手な人は厳しいかもしれませんが、あくまでも常識的な辛さだったので、ある程度の耐性があれば少し余裕を持って楽しめる辛さですかね。暴君の名を冠しているくせに激辛とは言えなかったものの、途中から軽く毛穴が開くくらいの辣味を感じられたのは好印象でした。ハバネロ特有のクセなんかは特に気にならなかったです。最初は優勢だったレモンですが、辣味が頭角を現してくる頃には少し弱く感じてしまったので、もうちょっとレモンは強くても良かったかなー。でもでも、酸っぱ辛いスナック菓子は新鮮だったし、唐辛子の刺激とレモンの清涼感が思わずビールを誘うタッグでしたw 極端な辛さに期待すると肩透かしですけど、この季節に嬉しい刺激と清涼感には、きちんと価値が見出せると思います。少なくとも一般的に見て辛口なのは間違いないので、苦手な人や小さいお子さんは注意してくださいね。

さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨飯」で、製造者は日清食品です。発売直後、何店舗かセブンイレブンをハシゴして探したんですけど、どこも売り切れ御免の品薄状態。お客さんの中には結構なヘビーリピーターもいたようで(店員さん談)当時は再入荷も未定と言われてたんですよね。私は最寄りのセブンイレブンまで、車を使って片道1時間以上かかるので、そう頻繁に通うことも出来ず、機会を作って足を運んでも「ちょうど2日前に在庫切れしちゃったんですよぉ…」みたいな感じで振られっぱなし…で、つい最近、やっと安定して店頭に並ぶようになり、無事にゲットすることが出来ました。実際の店舗には「蒙古丼」というメニューが存在するようですが、そのメニューを再現した製品ではなく、「SNSを中心に話題となっている、ラーメンのスープの残りにごはんを入れる食べ方を、店主監修の元に商品化し」たそうです。セブンイレブンのレギュラーラインナップにある「蒙古タンメン中本」のカップ麺も既に定評がありますし、ライスバージョンの仕上がりにも期待してますよ。入手に苦労した分も上乗せして!w





ライスは、「カレーメシ」や、「日清のごはんシリーズ」に使われているライスと同じだと思います。レンジ加熱後に蒸らすことで真価を発揮する米で、2,3分ほど蒸らした方が芯も和らいで自然な食感になるんですよね。ちょっとベチャッ、とした感じにはなってしまうんですけど、今回はカップ麺の残り汁にライスを入れたものがテーマですし、そうなってもイメージ的な違和感は無かったです。

スープは、「唐辛子の辛味を利かせた味噌ベースのスープ」で、「うま味が深くごはんとの相性抜群」とのこと。うん、ほぼカップ麺の蒙古タンメン中本と同じ味付ですね。なので驚きや新鮮味こそ感じられないものの、裏切りのない美味しさは素直に評価したいと思います。きちんとベースには豚脂とポークエキスによる動物系のコクがあって、カドを立たせ過ぎず、それでいて適度な輪郭を持った味噌の風味が加えられ、タンメンを思わせる野菜の旨味も漏れなく付与。辛さは激辛の領域にこそ達していないものの、きちんと辛口なのが良いですね。ベース自体にも唐辛子の要素は含まれますが、辛さは別添のオイルで調整できるので、苦手な人でも自分好みに調整すれば美味しく食べられると思います。カップ麺に白飯ドボンがテーマですし、オリジナルを実直に踏襲した仕上がりには素直に好感が持てました。カップ麺バージョンが好きな人は、問題なくハマれると思いますよ。まさに辛旨。

具材は、キャベツ,豆腐,人参,キクラゲですね。基本的に具材が貧弱になりがちなシリーズですが、今回は頑張ってますよ。味付と同じく具材の構成もカップ麺を踏襲していて、いつものような量的な不備もありません。キャベツは柔らかめに仕上がりますが、味付との相性はバッチリ。人参は目立ってなかったんですけど、キクラゲは大きくカットされていて、明白な存在感から具材としての価値が見出せました。そして何と言っても主役の豆腐が印象的な具材となっていて、蒙古タンメン中本のイメージを強く表現してくれています。食感も自然で、酸味なども気にならず、豆腐らしい豆の風味も好印象。混ぜると崩れちゃうんですけど、ボリューム感は確実に底上げしてくれていたし、崩れた豆腐とライスのマッチングが良くて美味しかったです。ちょっと仕上がりの見た目はアレですけど…w

(標準は★3です)

「日清のごはんシリーズ」や、「カレーメシ」の希望小売価格が税抜220円なのに対し、こちらは税抜248円と少し高めの設定なんですけど、完成度の高い味付と豊富な具材によって、それだけの価値は充分に得られると判断しました。正直、コスパを重視した感想を言ってしまえば、オリジナルのカップ麺を購入して、家で残ったスープに自分で白飯を投入した方が圧倒的なんですけどw それをコンセプトにして、ひとつのレンジ調理可能な製品としてカタチにしちゃったことに価値が見出せました。カップ麺の味付が好きな人は間違いなくハマれると思いますし、ちゃんとテーマになっている「ラーメンのスープの残りにごはんを入れる食べ方」の雰囲気も感じる事が出来たので、きっちり期待を裏切らない仕上がりが好印象でした。個人的には1回味わえたら満足というか、次は自分でカップ麺の残り汁に白ご飯を入れますけどw 得るものは大きかったです。この勢いで「北極」バージョンの開発も是非!

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:蒙古タンメン中本 辛旨飯
製造者:日清食品
内容量:93g
発売日:2016年6月15日 (水)
発売地区:全国 (セブン&アイHLDGS.系列店舗)
希望小売価格:248円 (税別)
JANコード:4902105945315

麺種類:-
容器材質:紙
必要水量:200㎖
調理時間:電子レンジ加熱500W 約5分
小袋構成:1袋 (辛旨オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:373kcal
たん白質:7.1g
脂質:7.6g
炭水化物:69.1g
ナトリウム:850g

(食塩相当量:2.2g)

原材料名:ライス(米(国産)、加工油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、糖類(砂糖、麦芽糖)、味噌、植物油脂、香辛料、小麦粉、野菜エキス、ポークエキス、でん粉、食塩、玉ねぎ、香味油、加工油脂、野菜調味油、酵母エキス、オニオンパウダー)、キャベツ、豆腐、人参、キクラゲ、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、加工でん粉、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、炭酸Mg、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.sej.co.jp/products/nakamoto1606.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事