日清食品「日清麺職人 沖縄そば」 - 日清食品

日清食品「日清麺職人 沖縄そば」



本日2回目の更新で、「日清麺職人 台湾ラーメン」に続きまして、日清食品の「日清麺職人 沖縄そば」です。ノンフライ麺を採用した沖縄そば系のカップ麺は、これまでにも日清食品や明星食品がリリースしていた製品を食べたことがあるんですけど、麺職人シリーズから沖縄そばの登場は意外でしたね。いつも既存のノンフライ麺を汎用している麺職人シリーズですが、今回のノンフライ・平打ち太麺はシリーズでも初めてだと思うので、仕上がりが楽しみです。





は、「『沖縄そば』を再現した、手もみ風の白色平打ち太麺」とのこと。うん、これは素晴らしいですよ。沖縄そば系に用いるノンフライ麺として、まさに理想的な完成度と言えるのではないでしょうか。体感的な印象としては、うどんと中華麺の中間にあるような雰囲気で、そういったイメージがまさに沖縄そばらしいですよね。うどんを思わせるタイプの小麦の風味と少し強めに効かされた塩気、そして中華麺らしいコシと弾力を兼ね備え、白く艶のある見た目通り表面は滑らかで、口当たりと喉越しはスムーズ。それでいてスープを弾いて孤立するようなネガティブさは感じられず、繊細なスープを阻害することもなかったし、同時にスープの繊細さから麺の風味が強調されていて、麺が主役の存在感を放ちながらもバランスはベストマッチ。手揉み風の縮れも自然で、さすがのクオリティでした。

スープは、「かつおの香りと豚の旨みを利かせたあっさりとしただし」とのこと。まさに王道の沖縄そばをイメージさせるスープで、シンプルでありながら鰹の芳ばしい旨味と豚の出汁感が印象的。沖縄そばのスープといえば、ソーキをイメージして油脂感を多めに持たせるスープもあるのですが、油脂成分は皆無に等しく、麺職人というブランドらしいクリアな透明感のあるスッキリとしたスープです。それもそのはず、スープ単体のカロリーですが、調理直後に分別して分析した参考値によると、まさかの9キロカロリーという破格の数値ですからねw なので油脂感に期待すると物足りなく思ってしまうかもしれませんが、鰹の旨味と豚のコクはバッチリだったし、昆布エキスが旨味の相乗効果を図っていて、スッキリとした沖縄そばという路線として上々の出来栄えだったと思います。ブランドのイメージやコンセプトを考慮すると、この方向性にも素直に納得でした。

具材は、「紅しょうが、チャーシュー、たまご、ネギ」とのこと。チャーシューはペラチャーだったんですけど、鼻に付くようなケミカル臭は感じられなかったし、価格帯を思えば納得ですね。紅生姜が別添なのは嬉しいポイント。私は撮影の関係上、最初から入れていますが、味の変化を狙って自分好みのタイミングで投入できますし、苦手な人はカットすることもできる。スッキリとした沖縄そばらしいスープに紅生姜の清涼感は間違いのない相性だったし、乾燥紅生姜では打ち出せない生タイプだからこそのリアルさも評価できるポイントで、しっかり点数を稼いでくれました。最初は避けて食べて、途中から意識的に摘んで麺と一緒に食べると味に変化が生まれて美味しかったです。タマゴとネギも沖縄そばらしい雰囲気を醸し出すに当たって効果的だったし、紅生姜の赤も含めて視覚的にも良いですね。チャーシューに高級感こそ無かったものの、別添として入っていた生タイプ紅生姜や、相性の良いタマゴやネギなど、きっちり押さえるべきポイントは押さえていたので、取得価格を思えば不満など全く無かったです。

(標準は★3です)

ソーキのコッテリ感に期待するとコケてしまうかもしれませんが、このアッサリとした方向性はブランドコンセプト(主婦層がターゲット)を考慮すると適切な路線だと自分は納得できたし、沖縄そばとして理想的なノンフライ麺に別添の紅生姜など、これで一般的な平均販売価格は100円前後ですから、コストパフォーマンスの高さも含めて文句無しの★6です。雰囲気的に通年商品としてのレギュラー化は厳しいかもしれませんが、是非とも季節の定番商品として、来年以降も夏に向けて定期的にリリースして欲しいと思いました。そのくらいの実力は十二分に兼ね備えていたし、すっきりとした沖縄そば系のカップ麺が好きな人は今のうちに買い溜めしておくのもアリでしょう。麺職人が作るノンフライ麺は、沖縄そばというジャンルに於いても秀逸で、改めてブランドの底力とポテンシャルの高さを感じました。台湾ラーメンも好印象だったし、麺職人ご当地シリーズが活性化すると楽しそうですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清麺職人 沖縄そば
製造者:日清食品
内容量:71g (めん60g)
発売日:2016年6月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105235683

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・かやく・紅生姜)

~標準栄養成分表~

1食 (71g) あたり

エネルギー:237kcal
たん白質:7.3g
脂質:1.6g
炭水化物:48.4g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:123mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:237kcal (めん・かやく:228kcal / スープ:9kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物性たん白、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(食塩、糖類、ポークエキス、魚介エキス、かつおパウダー、ポーク調味油、ねぎ、昆布エキス、チキン調味油、魚介調味油)、かやく(紅生姜、チャーシュー、味付卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、増粘多糖類、ソルビトール、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、野菜色素、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、カラメル色素、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5210

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事