サンヨー食品「サッポロ一番 バソキヤ」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 バソキヤ」



ハウス食品の「オー・ザック<ガパオ味>」を食べました。しっかりと旨味の感じられる味付だったんですけど、想像していたよりもガパオっぽさは大人しかったです。ホーリーバジルのクセとまでは言いませんが、もうちょっとバジルの清涼感を強めた方が分かり易かったかなー、って。でもでも、じんわり奥から来るスパイス感は好印象だったし、出過ぎない主張のエスニックな雰囲気は捉え方によっては敷居の低さが利点ですし、老若男女が受け入れやすい味だと思います。これを食べて「ガパオだ!」とはなりませんでしたけど(冷静に考えたら重大な欠陥w)単純に味としては自分好みでした。でもガパオかと言われると…うーん、これ何味って例えたらいいんだろうw いや、美味しいんですけどねw そういえば「ほっともっと」の「ガパオライス弁当」が結構イケてるらしいので、ちょっと気になってます。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 バソキヤ」です。過去にも発売されていたシリーズで、パッケージにも “復活” の文字がありますけど、ここまで間が空くと逆に新鮮味を感じますよねw 商品名がバソキヤ(ヤキソバ)という逆さ文字で、それに合わせてパッケージの麺リフト写真も逆さまだったり、「ひっくり “返” るおいしさ」の文字も逆さまだったり、何とも遊び心あふれるデザインがサンヨー食品らしくてイイじゃないですか。あとのせポテト&オニオンが特徴みたいなので、カップ麺らしいスナック感に期待しながら食べてみたいと思います。





は、「もちもちした食感で、食べ飽きのしないソースによく合う麺」とのこと。これまでカップ焼そばでは軽い食感の油揚げ麺を用いることが多かったサンヨー食品ですが、今回は適度な密度の高さを感じさせてくれる油揚げ麺で、それでいて歯切れは軽快。箸で持ち上げた時のバラッ、とした張りのある麺質は如何にもサンヨー食品らしいですね。四角い断面から得られる輪郭のある口当たりと、麺と麺がくっつかないような張りから、麺の自己主張はハッキリとしているのですが、程良く出しゃばり過ぎない存在感。割とソースの味付がしっかりとしていたので、麺の適度な自己主張はバランスが良かったです。油揚げ麺特有の風味はそれなりに感じたのですが、具材のスナック感とイメージの相性が良かったので、今回は油揚げ麺特有の風味も加点要素になり得ると思います。

ソースは、「酸味と甘みのバランスが取れたウスターソースとフルーティーでまろやかなソースに、オニオンのコクを合わせ」て、「カレー粉とパセリを使用した『別添スパイス』を加えることで、彩りを良くし、カレーの風味を付与し」たとのこと。まず別添のスパイスの干渉していないエリアを食べてみたところ、アレルゲン情報に桃や林檎が含まれているようにベースはフルーツやオニオンの甘味を意識した丸み帯びたテイストで、ウスターソースによる軽めの酸味とスパイシーなアクセントが素朴な味わい。カップ焼そばにしては油脂感が控えめで、ソース自体の粘度も低く、すっきりとした味わいなんですけど、シンプルながらも味の骨格はしっかりとしています。素朴な路線に懐かしい雰囲気が漂っていて、復活の所以を感じました。で、カレー味のスパイスを全体に馴染ませてみたところ、爆発的に味が変わるわけではなく、程よく香辛料の複雑味を高めてくれるようなソース味と調和の取れた主張。もともとのソースにもスパイス感があったので、それが自然に強調される感じでした。インパクトのある味ではなかったんですけど、物足りなさを感じさせず、ソースとカレーが対等の位置にあって、お互いの良さを崩さ無いバランスが好印象。ほんのりパセリの風味がカレーのスパイスとは違う引き立て役となっていて、決して目立った主張ではなかったものの、なかなかの脇役でした。

具材は、「あとのせ」で、「フライドポテトはしっかりとフライした香ばしい味わい、そして、玉ねぎの甘みが食欲をそそ」るとのこと。あとのせ具材のフライドポテトと玉ねぎ、ここは奇抜さを感じますね。フライドポテトは「ポテマニア」に入ってたポテトと同じかな? でも単体で食べたら特に味付が施されている様子もなかったので、同じ製法で作られた味付前のポテトなのかもしれません。あくまでもポテトの旨味を活かす方向性にあるみたいですね。特別な味付の施されていないスティックポテト系のスナック菓子を散らした感じで、全体のジャンクな雰囲気を一気に加速させています。それでいてクセのない柔軟性の高さを感じさせる麺とソースの方向性が功を奏していて、明らかにスナック的な色合いにも違和感を感じさせず、素直に製品の個性を楽むことが出来ました。フライドポテトの食感は割と硬めだったので、撮影の後に混ぜてからも熱に負けることなく、最後まで食感が持続してくれたのが良かったです。玉ねぎはサクサクとした軽めの食感だったんですけど、その違いで差別化が図れていたし、フライドオニオンっぽい芳ばしい甘味がカレー風味のソースに映えていました。明らかに具材は奇抜なんですけど、全く以て違和感なく楽しめちゃうのがカップ麺ならではの利点ですよねw

(標準は★3です)

麺もソースも作り込みが丁寧で、遊び心のあるスナック的な具材には素直に好感が持てたし、それぞれが喧嘩することなく、奇抜でありながらも安定感のある受け入れやすさを兼ね備えた仕上がりに完成度の高さを感じました。★の数は5でもいいかと思ったんですけど、希望小売価格が220円の製品なので、ちょっとだけ厳しめに。とは言え、ひとつのカップ焼そばとしての総合力は素直に高いと思ったし、販路がコンビニ限定というわけではないので、コンビニで買ったら★4、スーパーで買ったら★5、って感じですかね(というわけで困った時の「+」マークw)スーパーなんかだと、税込200円以下で捕獲可能かと思います。かなり奇抜なパッケージで、あとのせ具材によるカップ麺ならではの確かなインパクトが感じられるんですけど、同時に懐かしさや素朴な雰囲気も漂っていたりして、まさにカップ焼そばでしか味わえないような仕上がりに価値が見出せました。こういった遊び心が楽しい製品は、どんどん今後も意欲的にリリースして欲しいですね。第2弾とか出ないかなー。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 バソキヤ
製造者:サンヨー食品
内容量:136g (めん100g)
発売日:2016年5月30日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901734028062

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:610㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体ソース・特製スパイス・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (136g) あたり

エネルギー:576kcal
たん白質:10.1g
脂質:23.5g
炭水化物:81.0g
ナトリウム:2.3g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:220mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、粉末卵)、ソース(ソース、糖類、香辛料、食塩、ポークエキス、豚脂、植物油脂、貝エキス、調味油脂、パセリ)、かやく(フライドポテト、フライドオニオン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、香料、増粘剤(加工でん粉、タマリンド)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、大豆、もも、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉・もも・りんご

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0539.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事