明星食品「明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」 - スポンサー広告明星食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星食品「明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」



ファミリーマート限定発売、サッポロの「ビアサプライズ 至福の苦味」を飲みました。うん、コレは美味しいですよ。まさに “苦ウマ” な仕上がり。グラスに注ぐと泡から漂う瑞々しいホップの香りが鼻腔を擽り、最初に軽めの苦味が来て、じんわりと旨味が舌全体に広がった後、徐々に苦味が増していきます。余韻は長く、それでいて嫌味の無い苦さ。意外にも炭酸が木目細かく穏やかだったので、じんわりと広がるような苦味を演出することが出来ていたのかもしれません。そんな苦味が確かにありながら、側面には甘味を感じ、ただ闇雲に尖らせているわけではなく、計算された旨味との共存が好印象でした。苦味のレベルは私の想像していた位置より大人しかったものの、日本で市販されている大手メーカーが作る既存のビールと比べて苦味は明らかだったし、此の手のビターなテイストは自分好みなので、ちょっと後先考えずに軽い気持ちで箱買いしたい衝動に駆られましたw 危ねぇ…w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」です。「魅惑的なスパイスの香りを楽しむカップめん『スパイスタイム』」と、ニュースリリースに書いてあったんですけど、エスニック系の新シリーズなのでしょうか。銀座デリー監修のカシミールカレーラーメンといえば、昨年も発売されてましたよね。初代のサイズはタテ型ビッグだったのですが、今回はレギュラーサイズということで容量は少なめ。カレー味のカップ麺にしては珍しくスープがサラサラしていたことと、複雑味のあるスパイス感と刺激が印象に残るカップ麺だったので、今回も楽しみです。ちょっと気になったのがカップのデザインで、片方で漢字やカタカナ表記だった部分が、もう片方ではローマ字表記に反転してて、何だか妙な拘りを感じましたw(追記に反対側の写真も載せておきます)





めんは、「香ばしく味付けした、スープのりの良いノンフライ麺」とのこと。初代と同じく、鶏肉エキス、香味調味料、香辛料などによって味付が施されている味付ノンフライ麺で、同社の「すこびる辛麺」に使用されているノンフライ麺なんかがそうなんですけど、ちょっと風味や食感にスナック的な要素があるんですよね。そこに個性を感じたし、これがまた面白い。規定の時間で食べ始めると、やや柔らかでのスタートになるのですが、スープがカレー味にしては珍しくサラサラとしているので、少し柔らかめくらいの方がスープとの一体感が高まっていたし、敢えて柔らかめに仕上がるように計算されているような雰囲気を感じた為、自分としては好印象でした。なので、柔らかめの麺が気になる人は早めにフタを開けて食べ始めた方がいいと思います。ノンフライ麺なのにスナック的な要素があると書きましたが、それがスープの本格さを阻害することはなく、むしろスパイス感を全面に押し出した本格的なスープと程よいスナック感が絶妙にマッチしていて、相性はイイ感じでした。麺量は47gしか入っていないので、ちょっと量は物足りなかったんですけど、後述する需要を考慮すると、麺量の少なさにも価値が見出せました。

スープは、「チキン、ビーフの旨みをベースにカレー粉、フライドガーリック、ローストオニオンを加え、『銀座デリー』のカシミールカレーの特長を表現した極辛のカレースープ」とのこと。うん、想像通り初版の方向性を踏襲していますね。まず一般的なカレー味のスープとは一線を画していて、サラサラとした粘度の低いスープです。何よりも優先的にスパイス感を全面に押し出していて、そんな香辛料の複雑味も然る事乍ら、しっかりと刺激の面も抜かりなく、スパイス感に至ってはスパイス特有の粉っぽさを感じるほど。粘性の低さがスパイス感をダイレクトに運んでくれていて、完全にスパイス推しの本格派です。きちんと土台にチキンやビーフの旨味もあるのですが、主役は紛うことなくスパイスですね。この個性的な路線によって、かなり人を選ぶスープになってくると思うんですけど、自分としては本格的なスパイスの複雑味が印象的で良かったと思えたし、既存のカレー味との明白な違いに価値が見出せたので、素直に楽しめました。フライドガーリックやローストオニオンの芳ばしさと甘味のアクセントも効果的で、特有の芳ばしさがスパイスの複雑味に寄与しているようだったし、スパイスの刺激と甘味の兼ね合いがイイ感じ。パッケージには「極辛」と記載されていて、そこまで凶暴性のある刺激ではなかったものの、一般的に見ても間違いなく辛口、人によっては辛口以上のラインに到達していると思うので、辛い食べ物が苦手な人にとっては厳しいレベルかもしれません。そして辣味だけではなく、若干の麻味が感じられたことも印象に残るポイントでした。これも初代で個性的だと感じた部分ですね。サラサラとしたスープ、本格的なスパイス感、刺激的な辛味、そこに交わるホロ苦い芳ばしさと甘味、それぞれが上手く噛み合っていて、スパイスカレー系のスープとして納得の本格的な味わいで、確固たる個性を際立たせていたことに好感が持てるスープでした。

かやくは、「キャベツ、ダイス肉、ポテト、ニンジン、スイートチリ」とのこと。一見すると蛇足的な存在にも思えるキャベツですが、実際に食べてみると香辛料の刺激の中でキャベツの甘味が箸休め的な効果を生み出していて、なかなかの相性。ダイス肉はジャンクなタイプの肉具材なんですけど、全体の本格的な雰囲気を壊すことなく溶け込んでいて、カップ麺の肉具材ならではのジャンクな旨味を素直に楽しめる感じ。ポテトとカレー味の相性は言わずもがな良好で、人参のコリコリとした食感もアクセントになっています。スイートチリはギミックに過ぎなかったので、ここが唐辛子だとポイントアップだったんですけどね。ちなみに量はタテ型ビッグでも通用するほど入っていたので、かなり満足度は高かったです。

(標準は★3です)

味の面では概ね初代で感じた印象から大幅に逸れることはなく、本格さを売りにしたスパイスカレー系のカップ麺として、個性的で好印象な一杯でした。ただ、明らかに量は減っているので、そこが前作と比較してのターニングポイントですかね。これだけで1食分を満たそうとすると、どうしても量的な物足りなさは否めませんが、近所のスーパーでは弁当コーナーでスープ系の商品と一緒に陳列している店舗もあったので、そういった需要が見込めるサイズ感としては加点要素かもしれません。というわけで、最後まで★の数は悩んだのですが、前述した需要を加味して、前作の総評から平行線としました。一般的なカレー味をイメージして食べると意表を突かれる商品ですが、スパイスカレーに抵抗が無いことと、辛味に一定の耐性さえあれば、本格さを素直に楽しめる一杯だと思います。麺量の少なさに加えてスープのスパイス感と粘性の低さが相俟って、かなりシャープな路線のカップ麺に仕上がっていたので、スープ代わりには誂え向けの商品だと思うし、小腹が空いた時なんかにも重宝するサイズですね。カロリーや脂質も低く、スパイスによる脂肪燃焼効果も期待できると思うので、ダイエット中の方にもオススメできる一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 スパイスタイム 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン
製造者:明星食品
内容量:65g (めん47g)
発売日:2016年5月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881427777

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:280㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (65g) あたり

エネルギー:256kcal
たん白質:6.4g
脂質:5.6g
炭水化物:44.9g
ナトリウム:1.4g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:0.9g)
ビタミンB1:1.48mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:100mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:256kcal (めん・かやく:235kcal / スープ:21kcal)
食塩相当量:3.6g (めん・かやく:1.3g / スープ:2.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏肉エキス、粉末油脂、香味調味料、香辛料)、スープ(香辛料、糖類、カレー粉、デキストリン、たん白加水分解物、鶏肉エキス、食塩、香味調味料、乳等を主要原料とする食品、カレー調味料、ビーフエキス、ローストオニオン粉末、発酵調味料、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉、フライドポテト、人参、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ごま、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5153

こっちの方がスタイリッシュでカッコイイですね(笑)


ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。