東洋水産「マルちゃん ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん」



東ハトのキャラメルコーン発売45周年記念商品、「ウラキャラコーン・チーズ味」を食べました。うん、確かに甘くない。そして美味い!w カマンベールチーズのコクが印象的なクリーミーで濃厚なチーズの風味も然る事乍ら、鰹や煮干の下支えが実に巧妙で、極めて自然に旨味を補強してくれてるんですよね。甘くないキャラメルコーンの亜種製品というインパクトを打ち出しながら、チーズ系のスナック菓子として妥協を感じさせない仕上がりが好印象でした。これは良きライバルの出現ですな。ちなみにオリジナルのキャラメルコーンと一緒に食べると、キャラメルの甘さとチーズの塩味がミックスされて絶妙なハーモニーを生み出すと書いてあったので、ほいほい販売戦略に乗って試してみたんですけど、これがまたナイス甘塩っぱい系w ドラゴンボールの悟空とベージタにも引けを取らない兼ね合いでした。

というわけで?w 本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん」です。「ドラゴンボール超」とのコラボカップ麺で、「赤いきつねうどん」と「昔ながらのソース焼そば」を融合(フュージョン)させちゃったみたいなんですけど、パッケージの雰囲気やブロ友さんからの事前情報を踏まえると、「昔ながらのソース焼そば」感は皆無に等しいとか…w だとすれば「フュージョン麺」というコンセプトに問題あり、ということになってしまいまうわけですが、「赤いきつねうどん」の汁なしバージョンとして素直に美味しそうなので、事前に期待値とイメージを整えてピュアな気持ちで食べてみたいと思いますw





めんは、「ソフトでモチモチ感のあるうどん」で、「『昔ながらのソース焼そば』でおなじみのつやもち製法のうどんを合わせ」たとのこと。「昔ながらの焼うどん しょうゆ味」と比較すると、原材料も一致してますし、同じ油揚げ麺かなー、と食べる前は思ってたんですけど、実際に作ってみるとコッチの方が少し幅が狭くて、やや厚みがあるように思いました。いや、随分と長い間「昔ながらの焼うどん」ご無沙汰なので、断言は出来ないですけど…w ただ、イメージとしては端的に「赤いきつねうどん」の麺を汁なし化に合わせてモチモチ感を強化したような雰囲気だったし、後口に残る風味とかもオリジナルそっくりで、その受け取りやすくストレートな印象には素直に好感が持てました。麺単体としてのクオリティは「昔ながらの焼うどん」に軍配な雰囲気(あくまでも過去の記憶と比較して…w)だったのですが、オリジナルのイメージはしっかりと感じられたし、密度の高い粘り気のあるモチモチとした食感から、ひとつの焼うどんの麺として素直に美味しかったです。ソースの味付が「赤いきつねうどん」そのものだったということもあり、相性は申し分ありませんでした。

ソースは、「かつお節と昆布の和風だしを利かせた、風味豊かな『赤いきつねうどん』味のソース」で、「七味唐辛子を利かせ、アクセントを付け」たとのこと。これはもう清く正しく「赤いきつねうどん」の味そのものですねw 何と言うか、他に書くことがありませんw と、思ったんですけど、よくよく考えてみたら「東向け」「西向け」「関西」と3種類に分けて味が微妙に違うんですよね。自分は関西に住んでいるので、最も馴染みのある味は当然「関西」なのですが、醤油と塩気を少し強めに感じたので、「東向け」に近いのかな、と。漠然としたイメージですけどw 焼うどんの割に油脂成分が少なかったので、食べ易いタイプだと思います。オリジナルの味から捻りは特に感じられず、それが敢えてに思えたので、自分としては実直さが好印象でした。七味唐辛子のアクセントは細やかだったんですけど、今回は出しゃばらなくて正解だったと思います。油脂感が低かったからか、ちょっと塩気のカドを強めに感じたんですけど、具材に入っている刻み揚げの甘さが引き立っていて、兼ね合いがイイ感じでした。ちなみに「昔ながらのソース焼そば」感は皆無だったんですけど、特に不満はなかったです。っていうかソース味とか中途半端に入ってたら、蛇足的でマイナスな要素になっていた気がしますからね…w

具材は、「きざみ揚げ、たまご、かまぼこ、ねぎ」とのこと。ここも「赤いきつねうどん」が幅を利かせてますね。おそらく刻み揚げはオリジナルに入っている味付油揚げを刻んだだけでしょうし、タマゴもカマボコも全く同じ物と見て問題ないでしょう。刻み揚げは噛むと甘めの出汁が染み出してきて、安定の満足感。これ結構オアシスだったw タマゴは何故か人工的に固めた感が強いので、ちょっと自分は苦手な具材なんですけど、そのイメージを踏襲していたことからガッチリと本家に結びつきましたw カマボコも噛むと練り製品らしい風味が感じられ、見た目にも雰囲気を盛り上げてくれていて効果的ですね。ちなみに写真で見ても分かるように、ソースと同じく「昔ながらのソース焼そば」感は皆無でしたw

(標準は★3です)

「昔ながらのソース焼そば」が完全に希薄状態だったので、コンセプト的に★の数ひとつ落としたんですけど、それでも「赤いきつねうどん」を実直に焼うどん化したような仕上がりは裏切りの無い美味しさで、そういった意味ではホント素直に楽しめました。「昔ながらのソース焼そば」に期待すると肩透かしを喰らってしまうような着地点ではあったものの(とは言え、この製品の何処にソース焼そばのイメージを期待すればいいのかを考えると難しいところでもあるのですが…w)単純にカップ焼うどんとしての総合力は及第点を優にクリアしていて、また「赤いきつねうどん」の焼うどんバージョンとして期待を裏切らない納得の出来映えで、この真っ直ぐな姿勢と美味しさを今回は素直に評価したいと思います。パッケージも明らかに「赤いきつねうどん」推しですし(右側の色だけはギリギリ「昔ながらのソース焼そば」ですけどw)この際ソース焼そばのイメージは拭い去っていただいてですねw 単純に「赤いきつねうどん」が焼うどん化したものだと思って食べれば素直に楽しめる一杯だと思います。これなら「ドラゴンボール超」とコラボしなくても売れたんじゃないですかね。って、それじゃダメなのかなw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
製造者:東洋水産
内容量:101g (めん90g)
発売日:2016年5月16日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990335799

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:560㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・特製油・粉末スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:477kcal
たん白質:8.3g
脂質:21.8g
炭水化物:62.0g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:221mg

(食塩相当量:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、でん粉、乾燥酵母、植物性たん白、卵白)、添付調味料(植物油、醤油、食塩、乳糖、砂糖、魚介エキス、香辛料、たん白加水分解物、粉末こんぶ、ねぎ)、かやく(味付油揚げ、たまご、かまぼこ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、レシチン、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(原材料の一部にさば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・さば

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/05/post_1225.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事