サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 ソラノイロ ベジソバ タテビッグ」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 ソラノイロ ベジソバ タテビッグ」



5月16日発売、ハウス食品の「オー・ザック 香ばし揚げ <カレーパン味>」を食べました。(これ更新されるのって何日後なんだ…?w)同社のジャワカレーを使用したポテトスナックで、カレーパンっぽさは微妙だったのですが、良い意味で無難に美味しいカレー味。味は普通だったんですけど、通常のオー・ザックよりも硬めに揚がってて、より磨きのかかったザクザク食感はイイ感じでした。ジャワカレーって書いてあったので、もうちょっとスパイシーで辛いかと思ってたんですけど、そこは期待ハズレでしたね。どちらかというと、パンの甘味を強調している感じ。あ、そこカレーパンぽかったかもw ちなみに香りはジャワカレー感たっぷりだったので、少し感心しました。しばらくジャワカレーなんて作ってないですけど、しっかりニオイとか覚えてるもんなんだなー。って、そこも少し感心しましたw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 ソラノイロ ベジソバ タテビッグ」です。「ソラノイロ」といえば、過去に明星食品が「中華そば」の再現カップ麺を発売していて、そのときに「ベシソバ」も食べたいなー、と思っていたので、嬉しいリリースだったんですけど、今回の製造はサンヨー食品が担当しています。で、油揚げ麺…しかもタテ型…くっw コンセプト的に丼型のノンフライ麺で食べたかったのですが、実際のラーメンと同じくパプリカを練り込んだ麺が採用されているようなので、どんな感じなのか楽しみです。





は、「ベジソバの麺をイメージし、見た目にも鮮やかな赤色の麺に仕上げ」て、「表面にハリがあり、しっかりとした歯応えのある麺」とのこと。日清食品の「とんがらし麺」を思わせる見た目の油揚げ麺ですが、練り込まれているのはパプリカパウダーなので、当然ながら刺激的な要素は含まれていません。で、一見するとヌードル系の油揚げ麺かと思いきや、これが意外にもゴワゴワした男らしい歯応えを感じる麺でしたw パプリカという異質の素材が練り込まれているからか、規定の時間で食べ始めると、やや無骨な印象を受けます。ただ、しばらくすると馴染んでくるので、スープとのバランスに問題は感じませんでした。最初は油揚げ麺特有の風味がスープと軽く衝突してたようにも思えたんですけど、麺がスープに馴染んでくると麺の自己主張が弱まって、その隙を狙うように柚子胡椒の爽やかさが油揚げ麺特有のコクを上手く中和してくれている感じだったので、結果的に麺とスープのバランスは良かったし、後半の優しい食感もスープの雰囲気に合っていました。練り込まれたパプリカは味として目立っているわけではなかったものの、スープとの一体感を高める上で寄与していたと思います。最初は油揚げ麺かぁ…と、少し気落ちしていたのですが、思ってたよりもネガティブな印象は感じませんでした。

スープは、「人参、玉ねぎといった野菜のうまみに、ホタテ貝、ムール貝、チキンエキスを加え」て、「バジル、バターの風味を程よくきかせ、お店の味を再現」し、別添に「ゆず胡椒風粉末を加えることで、より一層コクのあるスープに仕上げてい」るとのこと。まず最初に来たのが甘味だったんですけど、野菜のコクとリンクして、自然な甘味に感じられたことに好感が持てました。貝は流行りの貝出汁ラーメンほど前に押し出て主張してくるようなタイプではなかったものの、ホタテエキスとムール貝パウダーを使用した貝の旨味は確かに存在していて、きちんと貝の出汁感を演出しています。野菜と貝にバターの風味とバジルのアクセントが相俟って、スープの路線は完全に洋風な面持ちなのですが、バターやバジルは下支えの枠を出ず、中心にあるのは紛れもなく野菜。しかも野菜の旨味も人参にスポットが当てられていて、そういった部分にも一風変わった個性を感じました。で、別添の特製スパイスは柚子胡椒系の粉末で、洋風路線のスープに柚子胡椒の組み合わせってどうなんだろ…と、食べる前は少し不安にも思ったのですが、これが全く以て違和感なくハマってるんですよね。糖類の甘さを野菜の甘さに重ねているスープだったので、あんまり意識してしまうと甘味に人工的な側面が見えてくるのですが、柚子の爽やかな柑橘系の香りに青唐辛子特有の爽やかさが間に入って柚子胡椒らしい爽やかで軽めの刺激が程よくアクセントになり、甘味が野暮ったくならない工夫となっていました。口当たりは優しいんですけど、後味ダラダラしないのがイイですね。同時に優しいスープの中で油揚げ麺が野暮ったいと感じなかったのも、この柚子胡椒の風味あってこそだと思います。野菜が中心となった洋風スープと柚子胡椒は絶妙にマッチしていたし、多彩な表情を見せる多国籍的なスープだったんですけど、それぞれが手を取り合っていて、バラバラになってなかったのが良かったです。これは今までに無かったタイプの野菜系スープですね。

具材は、「ポテト、キャベツ、人参、赤ピーマン」とのこと。見事に野菜オンリーですが、今回のラーメンに肉具材はコンセプト的に蛇足だったでしょう。とは言え、鶏肉そぼろとか合いそうな雰囲気だったんですけどねw ポテトはホクホクの安定感たっぷりな具材で、ジャガイモらしい風味にはリアリティがあります。ただ、3個ちょっとしか入ってなかったw しんなりとしたキャベツは煮込んだ感のあるタイプで、よくスープと馴染んでいたし、逆に人参はコリコリとした食感で喰わせるタイプだったので、いいアクセントになっていました。赤ピーマンは特有の風味と甘味が感じられたし、麺に練り込まれたパプリカパウダーのイメージが相俟って、相乗効果を生んでいるような…ええ、漠然とした思い込みによるイメージですねコレはw 決して全体の量が多いとは言えませんが、パプリカ練り込み麺や柚子胡椒パウダーのコストを考慮すると、量に関しては頷ける感じでした。

(標準は★3です)

まずパプリカ練り込み麺には新鮮味が感じられたし、スープも野菜(人参)の旨味を中心としながらも貝の旨味やバターやバジル、さらに柚子胡椒のテイストまで盛り込んだ多彩な表情を見せるスープで、それでいて仕上がりには統一感があり、尚且つ今までになかったような斬新さが感じられたりして、なかなか見所の多いカップ麺でした。もちろん欲を言えばノンフライ麺で食べたかったんですけど、今回は油揚げ麺であることのデメリットは控えめだったし、具材に捻りがなかったとは言え、麺とスープから感じた新鮮味と確かな個性に価値が見出せたので、そういった部分を高く評価して★5です。自分は実際のラーメンの味を知らないのですが、カップ麺の雰囲気からして女性ウケしそうなテイストだったし、きっと本物のベジソバもこんな感じの雰囲気なんだろうなー、って。パッケージには「名店の味」のハンコが押してあったので、同社のノンフライ麺を採用した丼型のシリーズでも再開発してほしいです。それからラーメンなのに動物性原材料不使用という「ビーガンベシソバ」の開発も視野に入れてほしいですね。サンヨー食品らしい遊び心と、お店の個性が上手く噛み合っていて、なかなか満足度の高い一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 名店の味 ソラノイロ ベジソバ タテビッグ
製造者:サンヨー食品
内容量:99g (めん70g)
発売日:2016年4月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734027737

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (99g) あたり

エネルギー:454kcal
たん白質:7.2g
脂質:18.2g
炭水化物:65.4g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:230mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:454kcal (めん・かやく:363kcal / スープ:91kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:1.3g / スープ:4.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、パプリカパウダー)、スープ(糖類、食塩、野菜エキス、粉末ポテト、乳等を主要原料とする食品、香辛料、チキンエキス、ホタテエキス、ムール貝パウダー、たん白加水分解物、酵母エキス、ユズパウダー、発酵調味料、バジル)、かやく(キャベツ、フライドポテト、人参、ピーマン)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、パプリカ色素、香料、かんすい、甘味料(カンゾウ)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に大豆、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0532.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事