明星食品「明星 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ」 - 明星食品

明星食品「明星 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ」



5月16日発売、湖池屋の「頑固あげポテト ゆず胡椒味」を食べました。うん、想像以上にストレートな柚子胡椒味w 高知県産の柚子皮を使用しているらしく、まず柚子の爽やかな香りが明白だったことに好感が持てたことと、青唐辛子特有の青い風味も活きていて、きちんと柚子胡椒してるのがいいですね。刺激は下支え的なアクセントの枠を出なかったし、味付としてはシンプルだったんですけど、昆布の旨味に加えて鰹が相乗効果を生み、きちんと出汁が柚子胡椒を支えていて、シンプルだからこそのストレートな美味しさでした。この柚子胡椒味は、2015年11月に期間限定で東京新宿に登場した「頑固あげポテト屋」で一番人気だったフレーバーだそうです。納得納得、これ美味しいですよー。ちなみに現在、抽選で合計1,000名様に当たる「伝説の一斗缶ポテチ(R) プレゼントキャンペーン2016」実施中だとか。倍率が高過ぎるので、自分は応募しませんけどねw そもそも自分の場合、「100,000名様に当たる!」でも全く当たる気配のないクジ運の悪さなのでw

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ」です。「ラクサ」と言えば、日清食品の「カップヌードル シンガポール風ラクサ」以来のテーマですね。ちなみに2016年は、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年となる節目の年に当たるらしく、今回のカップ麺も記念事業の一環なんだとか。で、「シンガポール政府の推奨を受け、日本でも3店舗展開しているシンガポール料理専門店『シンガポール・シーフード・リパブリック』監修による、同国の代表的料理のラクサのおいしさをお手軽に楽しめるタテ型カップめん」だそうです。最近、個人的にココナッツミルク系にハマっているのと、カップヌードルのラクサが好印象だったので、明星食品の手腕にも期待したいですね。





めんは、「香ばしく味付けをした、細めで食べやすい油揚げ麺」とのこと。鶏・豚エキス、香辛料、香味調味料などによって味付が施されているヌードル系の油揚げ麺で、食感も風味もスナック的なタイプ。カップヌードルの麺と比較すると歯応えがある分、麺単体としての存在感は上だったのと、細さの割に劣化は緩やかでした。油揚げ麺特有の風味は漏れなくあったんですけど、これといって嫌味な主張ではなかったし、スープの馴染みも悪くなかったので、麺の質としては取り合わせ的に間違っていなかったと思います。ただ、スープが非常に丸み帯びた仕上がりだったことと、そのマイルドさが後半にかけて顕著になってくるので、その頃になってくると少し油揚げ麺特有の風味とスープのバランスが少し気になりました。麺量は75gとレギュラーサイズよりも多めだったので、それが裏目に出てしまった感じですかね。レギュラーサイズでサクッ、と食べ終わってたら気にならなかったかも。

スープは、「ココナッツミルクに、レモングラス、ガーリック、ジンジャー、カフィルライム、レッドカレー粉などの香辛料をブレンドした、クリーミーでスパイシーなスープ」とのこと。香草の明白な主張やキレのある酸味で随分と本格的だったカップヌードルのスープと比べ、ひた向きに絶賛マイルドな路線を驀進中のスープです。まず完全にココナッツミルクが軸になっていることが分かるクリーミーなスープで、甘味も強め。香草や香味野菜、スパイスなどによるアクセントは確かに感じられるものの、それも下支えと思ってしまうほどにココナッツミルクの主張が強いです。香草特有のクセや酸味も控えめで、完全にココナッツミルクの丸みにウェイトを置いたスープですね。しかも後半にかけてラクサペーストの主張が和らいでくると、さらにココナッツミルクの支配力が増してきて、もはやココナッツミルクの独擅場。これはこれで特化型のスープとして自分は楽しめたんですけど、時間経過とラクサペーストの減速が相俟って、後半は油揚げ麺特有の風味が顔を覗かせ始めるので、甘味に重なる油揚げ麺の風味が人によっては野暮ったいと感じてしまうかもしれません。自分はココナッツミルクにハマっているので、後半の一辺倒なマイルド感全開スープも好印象だったんですけど…ある意味、暴力的かもw

かやくは、「キザミ揚げ、タマゴ、エビ、ネギ」とのこと。カップヌードルでメインの具材は蒸し鶏でしたが、こちらはシーフードということで海老が入ってます。サイズは小振りなんですけど、風味の強い海老でした。ただ、3個と破片が2つしか入ってなかったので、ちょっと量的には寂しいですね。タマゴは安定のスクランブルエッグ系で、スープがマイルドな路線だったからか、タマゴの風味と甘味を普段よりも強めに感じました。ココナッツミルクの甘味とタマゴの甘味が相乗効果を生んでいるようで、スープと馴染んでいて美味しかったです。で、今回も入ってた刻み揚げなんですけど、やっぱり相性が良いですねーこの子w 一見するとミスマッチに思えるジャパニーズな具材なのですが、噛むと染み出してくるココナッツミルクの甘味と油揚げ麺の相性は抜群に良くて、そのジューシーさを素直に楽しめる感じ。ネギは構成上、蛇足的に思えてしまったんですけど、あんまり存在感なかったので、ある意味そんなに気になりませんでしたw 刻み揚げもタマゴも海老もスープと相性は良かったんですけど、途中で変化を与えてくれるような具材はなかったので、スープが随分と丸みを帯びた仕上がりだった分、その丸いスープの中でも映えるような対比を感じさせてくれる具材が仕込んであると嬉しかったです。

(標準は★3です)

かなり完成度の高かったカップヌードルと比較してしまったので、自ずと厳しめに評価してしまったのですが、ココナッツミルクのマイルドなクリーミーさを味わうべきカップ麺として割り切れる人であれば、素直に楽しめると思います。そんなメリハリの無さには弱味を感じてしまったのですが、極端にココナッツミルク推しの仕上がりは面白かったので、★ひとつプラスしました。自分はココナッツミルク万歳人間なので、全く以て素直に楽しめたんですけど、ココナッツミルクの甘味やクリーミーなスープが苦手な人は、避けた方が無難です。ハーブのクセや香辛料の刺激は随分と抑えられていたものの、ある意味ココナッツミルクにはインパクトがあったので、個人的には満足できました。少なくとも、異国情緒は感じられるかと。もうちょっとラクサペーストの主張が強いと嬉しかったんですけどね。カップのサイズがレギュラーよりも大きいビッグサイズだったので、麺量60gのレギュラーサイズだったら受ける印象も変わっていたかもしれません。ちなみに今回も小袋からスパイスを絞り出すのに苦労しましたw で、再び登場した刻み揚げですけど、やっぱりココナッツミルクの効いたスープと相性が良くて美味しいですね。ほんと違和感なくハマってたし、もしや刻み揚げって実は万能な具材なのかもしれないw 兎にも角にも、ココナッツミルク万歳な人は、安心して手に取ってもらって大丈夫です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ
製造者:明星食品
内容量:95g (めん75g)
発売日:2016年4月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427623

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:445kcal
たん白質:10.0g
脂質:19.7g
炭水化物:56.9g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:135mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:445kcal (めん・かやく:406kcal / スープ:39kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:2.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、香辛料、香味調味料)、スープ(乳等を主要原料とする食品、糖類、香辛料、ラクサペースト、食塩、ココナッツミルク粉末、たん白加水分解物、酵母エキス、ラード)、かやく(油揚げ、卵、えび、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、炭酸カルシウム、酸味料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、かんすい、膨張剤、乳化剤、甘味料(スクラロース)、豆腐用凝固剤、酸化防止剤(ビタミンE)、カゼインナトリウム、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5123

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事