サンヨー食品「サッポロ一番 燻らーめん スモークチーズ味」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 燻らーめん スモークチーズ味」



5月12日発売、KFCの「プレミアムチキンフィレサンド」を食べました。ええ、比べちゃいけないのは分かってるんですけど、マクドナルドの「クラブハウスバーガー チキン」(490円)と比べたら、10円アップの500円で食べられる「プレミアムチキンフィレサンド」に軍配ですね確実にw オリジナルチキンと同じ11種類のスパイスを使用した複雑味を感じるチキンフィレは間違いのない美味しさだし、厚切りのイベリコ豚ベーコンもチキンに負けない存在感を放っていて、それでいて喧嘩することなく、みずみずしいレタスとフレッシュなトマトの酸味が織り成す絶妙なオアシス感と、質の高いバゲット系の本格的なカイザーバンズに、エクストラバージンオリーブオイルのクセが良い意味で個性となっているマヨソースのシンプルな味付が素材を引き立てるなど、こだわり方が違いますよね。いや、そもそも同じ土俵に立たせること自体がナンセンスなのでしょうけれどw ちょっとサイズは小振りなのですが、質の高さと総合力は極めて高く、値段相応の満足感が得られました。これは期間中にリピートありです(店まで遠いけど…w)ちなみに「カーネルおじさん」こと「カーネル・サンダース」の本名は「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」で「カーネル」は名前じゃないって知ってました?笑

さて、本日の一杯は、昨日の「スモークチキン味」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 燻らーめん スモークチーズ味」です。チーズがテーマの “ヌードル” は比較的よく目にしますけど、 “らーめん” って珍しいですよね。しかも “燻” がテーマですから、なおさら新鮮味を感じます。「スモークチキン味」は出鼻の燻製感こそ個性的でしたが、薄れていく油脂成分と油揚げ麺臭のマイナス作用から、結果的に無難な印象で終わってしまったので、名誉挽回してほしいですね。





は、「スープとの相性もよく、食べ飽きのこない、コシのあるプリプリとした食感の麺」とのこと。「スモークチキン味」とは全く印象の異なる麺で、麺の原材料に “やまいも粉” が練り込まれている点や、そもそも構成からして「塩らーめんどんぶり」と同じなので、そこからの汎用と思われます。プリプリとした食感が特徴の白みがかった丸刃の油揚げ麺で、油揚げ麺特有の風味も嫌味なものではなく、奥の方から感じる甘味が好印象とすら思えます。「スモークチキン味」の時は、油揚げ麺特有の風味がスモーク感をマスクしているような印象を受けたのですが、今回は別添の調味油が付けられていたことと、油揚げ麺特有の風味がマイルドなタイプだったので、喧嘩しているようなギスギスとした雰囲気は感じませんでした。むしろスープの方向性とスナック的な油揚げ麺特有の風味はマッチしていたと思うし、取り合わせとしての相性に問題は全く無かったように思います。

スープは、「コクのあるポークをベースに、チェダーチーズのまろやかさとスモークした風味が特徴のスープ」で、「黒胡椒の風味がアクセントになってい」るとのこと。液体スープ1本勝負だった「スモークチキン味」とは異なり、こちらは粉末スープ+調味油という組み合わせだったのですが、やはり別添の調味油によって燻製っぽい香りが際立ってますね。出鼻の燻製感も然る事乍ら、きちんと食べ終わるまで風味が継続していました。麺を食べている時にも燻製らしさが感じられたし、ハッキリと “燻” の個性を体感できると思います。土台のスープはライトなポークをベースに、ほんのりチーズの風味が効かされていて、確かに洋風路線ではあるものの、「カップヌードル」のようにゴリゴリな洋風スープではないですね。もう少しチーズの風味は強くても良かったかもしれませんが、敢えて抑えたことで燻製感が伸び伸びしているような印象を受けました。兎にも角にも、最後まで明白だったスモーキーな風味に価値の見出せるスープだと思います。これは個性的ですよ。

具材は、「キャベツ、鶏・豚肉そぼろ、コーン、人参」とのこと。どれも汎用感の否めない具材構成ではあるものの、構成自体に蛇足感がないのは好印象。洋風寄りだったスープとキャベツ,コーン,人参の相性は取り合わせのイメージとしても良く、実際に相性は良かったし、味付しっかりめの鶏・豚肉そぼろも燻製の風味と上手くマッチしています。どれも量としては大したことないんですけど、無駄のないラインナップに思えました。具材にもチーズが入ってると嬉しかったのですが、スープの燻製感を考慮したらコスト的に難しいことは百も承知なのでw

(標準は★3です)

麺や具材の汎用感こそ否めなかったものの、「スモークチキン味」とは打って変わって燻製の主張がハッキリとしていたので、確かな個性を体感することが出来ました。ほんと思っていたよりもスモーキーで、その主張は麺に阻害されることなく、後半にかけて消えてしまうこともなく、まず何よりも “燻” を押していて、自分としては良い意味で予想を裏切られた結果となって大満足でした。どちらか推すのであれば、完全に即答で「スモークチーズ味」をオススメしたいですね。スーパーなんかだと100円ちょっとで手に入ると思うので、試してみる価値アリだと思いますよ。高級感や驚きのコスパを感じさせるような製品ではありませんが、明白な燻製の風味が個性となっていて、非常に面白味のある一杯でした。これは本気のタテ型か、ノンフライ麺でのブラッシュアップ品の登場にも期待したいところです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 燻らーめん スモークチーズ味
製造者:サンヨー食品
内容量:79g (めん60g)
発売日:2016年4月11日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734027683

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製スープ・調味油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (79g) あたり

エネルギー:356kcal
たん白質:7.0g
脂質:14.9g
炭水化物:48.5g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.41mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:220mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:356kcal (めん・かやく:292kcal / スープ:64kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、やまいも粉、糖類)、スープ(食塩、ポークエキス、糖類、豚脂、植物油脂、チーズパウダー、でん粉、クリーミングパウダー、ポークコラーゲン、チーズ加工品、香辛料、酵母エキス、発酵調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、コーン、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、酸味料、増粘剤(キサンタン)、かんすい、カラメル色素、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0528.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事