マルヨ食品「但馬のハバネロ入り ほたるいか旨煮」 - 勝手に激辛コーナー

マルヨ食品「但馬のハバネロ入り ほたるいか旨煮」



今日の記事は不定期更新の激辛コーナー(ぱちぱちぱち〜)というわけで、マルヨ食品の「但馬のハバネロ入り ほたるいか旨煮」です。兵庫県但馬産のハバネロピューレを使用した蛍烏賊(ほたるいか)の旨煮だそうで、但馬人で辛いもん好きの自分としては、喰いつかざるを得ない商品でしたw あんまり但馬とハバネロのイメージって繋がらないんですけど、ハバネロとかも栽培してるんですねー。マルヨ食品は兵庫県美方郡香美町香住区香住にある会社で、香住で獲れた蟹や蛍烏賊など、但馬の海産物を加工している食品メーカーです。香住と言えば、近畿圏内にお住いの方はよくご存知だと思いますけど、やっぱり蟹のイメージが強いですかね。たまたま近所のスーパーで見切られているところを発見して購入したのですが、通販などでは手に入らないようなので、地域性の強い商品になります。まぁ見るからに、ですけどw こういうのもあるんだなー、くらいの気持ちで読んでやってください。



味付は、非常にシンプルですね。砂糖,醤油,味醂などで煮詰めた佃煮のような甘辛い味付で、ハバネロ特有のクセなども感じられず、ホタルイカの旨味と甘辛い味付は抜群の安定感。唐辛子のピリ辛感も相俟って、なかなかの白飯泥棒だと思います。チビチビつまみながら酒のアテにするにも誂え向きで、奇抜な印象や驚きこそなかったものの、間違いのない鉄板の美味しさでした。

辛味は、辛味の強い品種として有名なハバネロを使用しているとのことですが、普通にピリ辛くらいだと思います。ハバネロ=激辛なイメージがありますけど、全然。一般的な市販の辛子明太子が食べられる人なら、余裕で難なく攻略可能でしょう。ちなみに使われているハバネロはピューレなので、よく馴染んでいます。辛味に期待して食べると完全に肩透かしを喰らうレベルですが、ホタルイカの旨味を引き立てるという意味では絶妙なバランスで、いいアクセントになっていました。

満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

辛味は全く以て期待できないレベルではあったものの、味は間違いないですね。もうこんなの美味しくないわけがないw ただ、個人的に気になった点が2つ。まず目玉は取り除かれていなかったので、気になる人は気になると思います。斯く言う自分がそうなんですけど、やっぱり邪魔でした。もうひとつは販売価格で、メーカーの希望小売価格は分からなかったのですが、近所のスーパーでは表示価格が税抜で380円という土産価格。自分は見切り品で取得価格は200円だったんですけど、内容量が多いわけではないので、ちょっとお高い印象ですね。そういう点を踏まえると満足度は★3かなぁ…って感じだったのですが、但馬産のハバネロピューレや、山陰で獲れた蛍烏賊など、地元民としては地産地消の精神が嬉しいですし、土産物としての需要を加味して★ひとつプラスしました。メーカーのHPには製品情報がなかったことと、私の購入した物も見切り品扱いだったので、蛍烏賊の時期的に今年分の製造は終了しているのかもしれません。完全に備忘録的な記事で申し訳ないのですがw この記事を通じて兵庫県の但馬を知ってもらえるきっかけになれば幸いです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:但馬のハバネロ入り ほたるいか旨煮
製造者:マルヨ食品
内容量:75g
販売価格:380円 (税別)
取得価格:200円
JANコード:4977960041861

原材料名:ほたるいか(日本海産)、砂糖、醤油、みりん、発酵調味料、醸造酢、ハバネロピューレ(兵庫県但馬産)、寒天、増粘多糖類、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事