エースコック「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」 - エースコック

エースコック「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」



「一番搾り シングルモルト <オーガニック麦芽100%>」を飲みました。有機栽培されたイギリス産ウエストミンスター種のオーガニック麦芽を100%使用したオーガニックビールで、麦芽由来の甘味と雑味の無さが印象的。炭酸の刺激は弱く、苦味も控えめで、しっかりとカドの削られた優しいテイストなんですけど、きちんとコクがあって、後口に余韻として残るピュアな麦芽の風味が心地よかったです。私好みの尖ったビールではありませんでしたが、有機栽培という拘りと、それに伴った満足感が得られたし、オーガニックという付加価値を含めたプレミアム感に価値の見出せる一杯でした。ただ、お値段も漏れなくプレミアムでしてw 305mlのワンウェイ瓶(内容量の平均は330ml)で、コンビニで買ったら税込274円という高級ビール…w 販売価格とコストの折り合いをつける為に、内容量を平均値よりも減らしたのだと思うんですけど、もうちょっと飲みたい、そう感じさせる絶妙な量なのかもしれません。まぁ高くて内容量が少ないと必然的に高級感が倍増するといった印象も受たんですけどねw 私は極めて普通の庶民派一般ぴーぽーですから、お値段的に常用するのは厳しいビールですが、値段に見合った拘りが感じられたことと、それに伴った高級感を体感することが出来たので、きちんと満足することが出来ました。そして基本、オーガニックという文字に弱い筆者w

さて、本日の一杯は、エースコックの「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」です。「カップめん市場のニーズのひとつ『真新しさ』を満たすべく、新規素材である“黄卵”を搭載したこれまでにない新感覚のカップ焼そばを開発!」というわけで、業界初の卵黄をイメージしたペースト状の別添「きみまろペースト」が売りの製品ですね。これ、ニュースリリースを見た瞬間に胸が躍りました。ついに出たかー、って感じですよね。前々から卵黄投入を推奨しているカップ麺は何度も発売されてきましたが、実際に卵黄風のペーストが入るのは今回が初めて。今後の製品開発にも大きく影響を及ぼすであろう記念すべき作品に思えるので、心して挑みたいと思います。たまごかけ風かー。コリャ楽しみですな!(鼻息)





めんは、「適度な弾力と滑らかさを持つめん」で、「しっかりとした食感でソースのりの良いめんに仕上げ」たとのこと。熱湯3分で平均的なサイズ(中くらい?)の油揚げ麺で、しっかりとした食感とのことですが、どちらかというとソフトで優しい食感でした。油揚げ麺特有の風味も控えめで、きみまろペーストやフリカケやソースとの馴染みに重点の置かれた仕上がりです。原材料に砂糖が練り込まれているのも一体感を高めるためでしょう。別に麺が甘いわけではないんですけど、こういった下味が大切なんだと思います。今回は敢えて麺の主張を抑えてきたようなイメージだったのですが、きみまろペーストのまろやかさを立てているようで、素直に印象が良かったです。ちなみに麺量は100gなので、ちょっと大盛ですね。

ソースは、「カツオと醤油の旨みを加えたどこか懐かしさを感じられるソースに、特製のきみまろペーストを加えることで、まるでたまごをかけたようなまろやかな旨みが広が」り、「ふりかけをかけることで、より一層たまごの風味が広がり、最後まで飽きのこない味に仕上げ」たとのこと。まずベースのソースだけを味見してみると、だし醤油っぽい風味の味付なんですけど、原材料を見るとソースも含まれているようですね。体感的にソースの主張は下支えに過ぎず、醤油が優勢。そのままだと醤油の塩カドを強めに感じたのですが、きみまろペーストを絡めて食べると一変。卵黄風のペーストが醤油のカドを包み込み、まろやかさが前面に押し出され、鋭さが随分と緩和されました。だし醤油を思わせる醤油感と、まろやかな卵黄風の風味は相性抜群で、なるほど “たまごかけ” 風ですね。さらにフリカケの要素も絡んでくるのですが、原材料を見てみると、たまご風味顆粒、たまごそぼろと卵がメインとなっていて、製品のタマゴらしさをブースト。ただ、きみまろペーストとフリカケの方向性は少し異なっていて、ペーストは卵黄の持つコクや濃厚感を意識しているのに対し、フリカケは乾燥タマゴらしい甘味と風味が目立っていて、別の切り口からタマゴの要素をプラスしてくれています。例えるなら、卵かけ御飯にタマゴのフリカケを振り掛けているようなイメージですね。もう少しベースのソースに甘味が欲しかったんですけど、これに関しては個人的な好みの問題だと思います。そしてフリカケの胡麻が何気に立役者でした。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ」とのこと。取り敢えずキャベツが入ってたんですけど、きみまろペーストやフリカケのタマゴがあるので、キャベツだけでもオッケー、って感じでした。カップ焼そばの具材って、最低限の基本としてキャベツが入りますよねw みずみずしい食感がアクセントになっていたし、これはこれで需要を感じるのですが、刻み海苔とか入れてくれたらなー、と思いました。(完全に某フリカケのイメージw)

(標準は★3です)

「きみまろペースト」には斬新なインパクトと新商品らしい目新しさがあり、きちんと相性の考えられたソースの味付と、卵黄風とは違ったタマゴの風味をプラスしてくれていた効果的なフリカケを含め、単なる話題性だけではなく、きちんとひとつのカップ焼そばとして総合力の高い仕上がりだったことに好感が持てました。きみまろペーストは本物の卵黄じゃないですけど、卵黄を彷彿とさせるまろやかさとコクが確かに感じられたし、かなり画期的な発明ですね。これまでにも何度か感じていた、こんなのがあったらなー、という希望を叶えてくれたというか、とうとう実現させちゃったエースコックに拍手です。これまでにない斬新なカップ麺でありながら、老若男女を問わず誰もが楽しめそうな味付で、新鮮味と安定感を両立させていたような仕上がりも好印象でした。これから夏に向けて汁なしカップ麺が増える時期に入りますが、きみまろペーストは台湾まぜそば系のカップ麺で再登場しそうな予感。他にも「釜玉うどん風」を提唱していた「わかめ ぶっかけうどん」など、きみまろペーストを搭載しての再登場もあり得るかもしれません。現段階では、4月25日から発売されている「タマゴが決め手 とろうま濃厚中華そば」が第2弾に当たる製品ですね。まさかの汁ありカップ麺だけど、大丈夫かな…w 今後の新商品リリースを想像するとワクワクしてきますが、ここぞとばかりに乱発し過ぎて飽きられてもアレなんで、程よいペースでお願いしますw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味
製造者:エースコック
内容量:126g (めん100g)
発売日:2016年3月21日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071207274

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:630㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:4袋 (焼そばソース・きみまろペースト・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (126g) あたり

エネルギー:549kcal
たん白質:10.0g
脂質:23.2g
炭水化物:75.1g
ナトリウム:2.3g
ビタミンB1:0.73mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:265mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖)、ソース(植物油脂、しょうゆ、糖類、発酵調味料、還元水飴、食塩、カツオエキス、卵黄油、ソース、卵黄、コンブエキス、たん白加水分解物)、かやく(キャベツ、たまご風味顆粒、たまごそぼろ、ごま、鶏・豚エキス)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、酒精、香料、ソルビット、重曹、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(加工でん粉)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、甘味料(甘草)、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1602_TKY.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事