東洋水産「マルちゃん でかまる 極濃とんこつラーメン」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん でかまる 極濃とんこつラーメン」



「アサヒドライプレミアム豊醸」を飲みました。アサヒのドライと言えば、爽快な喉越しを売りにしているイメージが強くありますが、こちらは “豊醸” というネーミングの通り、ちょっと毛色の違う仕上がり。アルコール度数も6.5%という飲み応えで、喉を潤す為のビールというよりも、じっくりと時間を掛けて飲みたくなるタイプですね。つまり、どちらかと言えば “ドライ” じゃないです。名前にドライの文字は入っていますが、「スーパードライ ドライプレミアム」ではなくて、「アサヒドライプレミアム」という商品名なのも何と無く納得。でも根底にドライのスピリットは兼ね備えていて、膨よかな味わいの合間に切り込んでくるような、それでいてドライになり過ぎない塩梅のキレを感じます。やや度数の高さに比例したアルコール臭も感じるのですが、鼻に付くような主張ではなかったし、程よいキレを演出するにあたって効果的だと思えたので、6.5%のアルコール感も一興でしょうか。まず既存の「プレミアム」よりも高級感があったし、もちろん銀缶のイメージとは一線を画していて、重厚感のある味わいとアルコール度数から、どっしりとした飲み応えを感じることが出来ました。他社のプレミアムビールと比べ、コクと香りに関しては劣る印象があったものの、スーパードライのファンは勿論、スーパードライはちょっと…って人でも楽しめるビールだと思います。斯く言う私がスーパードライをあまり好まないタチなのですが、いや、もちろん夏の暑い日には1杯目に勢いよく飲みたくなるんですけど、それ以外の季節だと魅力を感じなくて。良くも悪くもスーパードライらしい印象があったので、自分の好み的には「ザ・プレミアム・モルツ」や、「ヱビスビール」に軍配だったのですが、これはこれで個性的だったし、飲んでいて他社プレミアムとの比較が楽しかったです。っていうか柴咲コウさんに甘い声で「召し上がれ…」なんて言われたらもうw(そこっ?!w)

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 極濃とんこつラーメン」です。「第7回 最強の次世代ラーメン決定戦!」の「ガツ盛り部門」にて、優勝に輝いた「極濃拉麺 らーめん小僧」の再現カップ麺。「優勝」「準優勝」は「本気盛」シリーズから、「審査員特別賞」はノンフライ麺どんぶり型で再現され、今回の「ガツ盛り部門」は「でかまる」が担当。基本、このパターンですよね。「極濃拉麺 らーめん小僧」は、「大阪府大阪市に2014年2月にオープン」したお店で、「大量のげんこつと背骨を煮込んだ、濃厚な豚骨スープが特長で、豚骨ラーメン界のホープとして、テレビや雑誌に多数取り上げられるなどの話題を集めてい」るとのこと。これだけ聞いたらメチャ美味しそうですけど、食べ応えを重視した大盛バケツ型のカップ麺ですから、期待値を下げてトライしたいと思います。





めんは、「スープのりが良く、なめらかな食感の、丸刃で切ったやや太めの油揚げ麺」とのこと。しっとりとした「でかまる」らしい口当たりの良さが印象的な油揚げ麺で、今回は熱湯5分と太めなヤツが採用されています。このシリーズに使われている麺は、3分,4分,5分とスープによって湯戻しの時間も変わるのですが、基本的な特徴の方向性は似ているんですよね。しっとりとした口当たりの良さ(taka :a 的好みw)と、大盛バケツ型の油揚げ麺にしては優しくて穏やかな主張が特徴となっていて、麺単体として主張するのではなく、太麺でありながらスープとの馴染みを重要視しているような姿勢にある油揚げ麺です。食感としては柔らかめで、後半はフカフカしてくるんですけど、これはこれで悪くないなと…って個人的な好みのバイアスですかねw 油揚げ麺特有のスナック感が、ややスープの豚骨感をマスクしているような印象を抱いてしまったものの、複雑味よりも豚骨の持つ重厚感をダイレクトに表現したようなスープだったので、その極端さが功を奏し、麺の風味や少し頼りない食感やスナック感など、スープとの相性は悪くないと思いました。

スープは、「ポークをベースに醤油の旨味を加え、香辛料で味を調えた、炊き出し感のある濃厚な豚骨スープ」とのこと。「極濃とんこつ」と銘打つだけあって、かなり重厚感のある豚骨スープですね。添付調味料に使われている動物系の原材料はポーク系のみという潔い構成で、鶏や魚介や和風出汁系などの下支えは入らず、構成自体も比較的シンプル。豚骨臭などのクセこそ抑えられていたものの、強めに効かされた豚脂の風味から明確な動物系の重厚感とパンチがあって、まさに豚骨一本勝負な太く骨のある仕上がり。実際のお店も豚骨の濃度を打ち出しながら、それでいてクセの抑えられたスープが特徴みたいなので、私の個人的な好みは置いといて、再現度という観点から見ると素直に納得できる豚骨感でした。こってりとした豚脂による動物系の重厚感に、軽めの唐辛子と黒胡椒の香辛料がアクセントになっていて、こってり一辺倒にならない工夫が感じられます。結構トロミの強いスープだったんですけど、豚骨の濃度から粘性の高さを不自然に思わせず、ナチュラルに濃度を高めてくれていました。甘味も態とらしくなかったし、その甘味も豚骨の甘味にリンクしていて、自然に楽しめたのが良かったです。ただ、原材料に含まれる甘味料の項目を見ると、ソーマチンという聞き慣れない単語が気になったので、調べてみたら砂糖よりも約2000倍甘い甘味料でしたw めっちゃ不自然やがなw

具材は、「もやし、味付挽肉、ねぎ」とのこと。バリシャキもやしは、「でかまる」の定番具材ですよね。レトルト調理品ということで、乾燥もやしとは比較できないほどの存在感。ほんと、絶大です。太くてシャキシャキとした食感は本物さながらで、しっかりと量も多くて食べ応えがありますよ。いつも私はレトルトもやし特有の酸味が気になってしまうのですが、ビビンバに入ってるモヤシをイメージしたら案外フツーに楽しめましたw むしろ酸味がアクセントをつけるための下味に思えなくもないw 今回はスープが濃厚だったので、混ぜて馴染ませたら誤魔化せる感じだったし、ネガティブな印象は無かったです。味付挽肉は安定の挽肉具材で、適度な味付がスープとの相性を高め、単体としても素直に美味しいと思える食感と風味。ひとつひとつのサイズも大きく、量も多めに入っていて、満足度が高かったです。今回は存在感が絶大なレトルトもやしにインパクトがあるんですけど、味付挽肉も全く負けてないですね。ネギはビックリするほど存在感ありませんでしたw

(標準は★3です)

久々に「でかまる」シリーズで、★5を付けた気がします。麺やレトルトもやしは汎用だと思うので、そこに新鮮味は感じられないのですが、濃厚の指標を履き違えていない豚骨一本勝負のストレートな豚骨スープには素直に好感が持てたし、そこに合わさる汎用麺も相性が良く、具材のレトルトもやしと多めの挽肉でガツ盛りらしいインパクトと食べ応えを演出。今回は麺や具材などのブランドが元から持っている個性と強みを活かし、ストレートで濃厚な豚骨スープを真っ直ぐに合わせることによって、全体の方向性とブランドコンセプトが見事にマッチ。まさに「でかまる」の持つポテンシャルを最大限に引き出している一杯と言えるでしょう。いくら実際のお店も豚骨のクセが抑えられているとは言え、お店のラーメンと比べたら濃度の比率はカップ麺の比ではないのでしょうけれど、ストレートな豚骨スープにガツ盛りらしい食べ応えのあるレトルトもやしを合わせることで、ラーメンの方向性や雰囲気は何と無く感じられたような気がします。良い意味で普通に美味しい大盛(★3)のイメージが強いシリーズですが、今回は記憶に残る仕上がりで、美味しさと食べ応えを両立していたことに好感が持てた一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 極濃とんこつラーメン
製造者:東洋水産
内容量:168g (めん90g)
発売日:2016年3月21日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990335522

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・もやし調理品)

~標準栄養成分表~

1食 (168g) あたり

エネルギー:541kcal
たん白質:13.9g
脂質:24.4g
炭水化物:66.4g
ナトリウム:3.4g
(めん・かやく:1.3g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.80mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:559mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:541kcal (めん・かやく:439kcal / スープ:102kcal)
食塩相当量:8.6g (めん・かやく:3.3g / スープ:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、卵黄、香辛料、粉末野菜、砂糖)、かやく(味付もやし、味付挽肉、植物油、ねぎ)、添付調味料(ポークエキス、醤油、でん粉、豚脂、食塩、植物油、香辛料、砂糖、ゼラチン、たん白加水分解物)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、カラメル色素、かんすい、トレハロース、乳酸カルシウム、pH調整剤、クチナシ色素、甘味料(ソーマチン)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1603_dekamaru_gokusiotonkotu.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事