日清食品「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」 - 日清食品

日清食品「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」



山芳製菓の「わさビーフ」と、アサヒテンググループの「テングビーフジャーキー」がコラボした、「わさビーフジャーキー味」というポテトチップスを見付けて、思わずパッケージを見て即ジャケ買いしてしまいましたw ビーフジャーキーといえばテングビーフジャーキー、というくらい私の中ではイメージが強いので、もう必然的にw 実際に食べてみると、そんなにジャーキーの主張は強くなかったんですけど…(泣)ほんのり後味に漂うスモーキーな風味と醤油感と塩気、そこにビーフの旨味が相俟って、テングの和風ビーフジャーキーっぽい雰囲気は何と無く感じられました。欲を言えば、もっとテングのジャーキー感が欲しかったんですけどね。でもでも、ふんわりと奥から来るテングビーフジャーキーっぽさに気が付いた時、ほんのちょっと感動しましたw のっけのインパクトよりも、後味の余韻で喰わせるタイプですな。ちなみに売り場の下段には「男気マヨビーフ・辛口」があったのですが…男気シリーズのワサビがトラウマレベルだったからスルーの方向でw

さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードルライトプラス 海老のビスク」です。海老のビスクといえば、以前「フレンチヌードル 海老のビスク味」という製品を食べて記事にしているのですが、あんまり印象が良くなかったんですよね…。でもカップヌードルライトプラスは総じてレベルが高く、いつも機能性という枠を飛び越えて楽しませてくれるので、自ずと期待してしまう部分があったり。ちなみに既存の「ラタトゥイユ」と「バーニャカウダ」の2品は、この新商品のリリースと同時にリニューアルされました。これまでのブランドが持つポテンシャルの高さと、私の中にある海老のビスク味に対するマイナスな印象が真逆な方向を向いているので、ある意味どう転ぶのかワクワクしていますw まぁ本物のビスクを食べた記憶なんて既に曖昧なんですけどね。←


麺のポジションが…w



は、「レタス約2個分相当の食物繊維を練り込み、すすらずに食べられるよう短めにカットした『カップヌードルライトプラス』専用の麺」とのこと。おそらくシリーズ共通で汎用していると思われるノンフライ麺で、オリジナルのカップヌードルよりも更に自己主張が弱く、どんなタイプのスープにも順応するであろうフレキシブルの高さが光るノンフライ麺です。食物繊維練り込み麺という機能性だったり、すすらずに食べられるよう短めにカットされているなど、そういった配慮と製品のコンセプトが見事に合致しているし、麺単体として見ても非常に優れた立ち位置にあると思うので、もうここは下手に弄る必要はないでしょう。ただ、短めにカットされているとは言え、自分の場合すすらないと食べられなかったんですけどねw カップヌードルと同じく、今後もシリーズの汎用麺として問題ないと思います。自己主張の弱いノンフライ麺ですが、濃厚なスープに抗うのではなく、寄り添って同化することで全体の一体感を高めているので、その主張の弱さが功を奏しているようでした。麺量は、たったの36gなんですけど、このカップ麺は野菜具材が豊富なのと、スープの粘度も高いので、完食しても198kcalですし、麺量のビハインドは他の要素で充分にカバー出来ていると思います。

スープは、「海老と野菜の旨みが溶け込んだ、濃厚で味わい深いクリーミーなスープ」とのこと。食べ始めは割と海老を強めに感じたのですが、段々と舌が慣れてしまったのか、最終的に目立っていたのはトマトの存在感でした。とは言え、トマトを軸にしたクリームソース系のスープとしての完成度は高く、乳等を主要原料とする食品のクリーミーさや、海老や魚介などの持つ旨味がコクを深め、さらに豊富な具材から滲み出た野菜の旨味も相俟って、きちんと濃厚なスープに仕上がっています。スープにはトロミがつけられているのですが、きちんとした旨味とコクが感じられたので、粘度の高さを不自然に思わせず、スープの粘性が全体的な濃度を高めることに貢献していました。後口に残る糖類の甘味が少し気になったんですけど、野菜の甘味とリンクしているようなイメージもあったし、野暮ったく感じるほどの甘さではなかったです。これまでシリーズが培ってきた予想を超えるようなインパクトに大きく期待してしまうと少し大人しく思えたのと、ビスクっぽいかと言われれば海老に若干の物足りなさを感じてしまったのですが、ひとつのクリーミーなトマトベースのスープとしては素直に良い出来だと思いました。出来れば甲殻類特有の芳ばしさを前面に押し出し、それを最後まで維持できるようなスープだったら申し分なかったんですけど、濃厚で美味しいスープには違いなかったです。

具材は、「赤パプリカ、黄パプリカ、ズッキーニ、キャベツ」とのこと。カップ麺に入るパプリカは、大抵が飾り程度の具材になりがちだったりするのですが、そこは野菜具材に力を入れているカップヌードルライトプラス、きちんと具材として楽しめる存在感を放っています。ちゃんとパプリカ特有の食感と風味がリアルに感じられ、みずみずしいフルーティな風味がスープともマッチしていました。ズッキーニは元々淡白な素材ですが、食べるとズッキーニ感(ズッキーニ感…?w)がきちんと感じられたし、素揚げしてあるのか独特のコクがあったんですよね。しっかりと存在感のある個性的な具材となっていて、印象に残りました。キャベツは量が多く、そのボリューム感が麺量の少なさをカバーしてくれます。完全に野菜推しの具材構成ですが、今回もコンセプト的に正解だと思いました。

(標準は★3です)

味だけなら★4かなー、と思ったんですけど、相変わらずの高い機能性と、パプリカやズッキーニなどのリアルな野菜具材を加味したら、ちょっと★の数は下げられない感じでした。前回の「チーズフォンデュ」など、これまでインパクトの強い製品も多かったので、シリーズの中では大人しめな印象を受けたのですが、このブランドが持つ高い機能性と、それに伴うビハインドを上手くカバーしていたのは相変わらずだったし、機能性カップ麺として高く評価できる一杯だと思います。これで一食分を満たすには、量的に物足りないかもしれせんが、夜食や軽食、ダイエット中の食事など、このサイズでしか補えないシーンは必ずあると思いますし、そういった意味でも需要の高さを感じますよね。もっと海老が前に出てきてくれると嬉しかったんですけど、リアルな風味を感じられる野菜たっぷりな具材には確実な個性と価値があって、濃厚なトマトクリーム系の機能性ヌードルとして完成度が高かったです。塩カドの強いカップ麺ではないので、濃厚なスープを楽しむ為に、お湯の量は気持ち少なめがいいかもしれません。あと、スープのトロミを確認するまでに結構な時間を要したので、しつこいくらい念入りに混ぜた方がいいと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードルライトプラス 海老のビスク
製造者:日清食品
内容量:55g (めん36g)
発売日:2016年3月21日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105237236

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (55g) あたり

エネルギー:198kcal
たん白質:5.0g
脂質:5.4g
糖質:28.4g
食物繊維:7.8g
ナトリウム:1.7g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:0.09mg
ビタミンB2:0.13mg
カルシウム:93mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:198kcal (めん・かやく:158kcal / スープ:40kcal)
食塩相当量:4.3g (めん・かやく:1.8g / スープ:2.5g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、植物性たん白、チキンエキス、ポークエキス、醤油、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(乳等を主要原料とする食品、食塩、加工油脂、トマトパウダー、えびパウダー、魚介エキス、糖類、豚脂、香味調味料、香味油)、かやく(キャベツ、ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ)、加工でん粉、調味料(核酸等)、増粘多糖類、かんすい、酸味料、炭酸Ca、カラメル色素、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、炭酸Mg、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にかに、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・大豆・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4985

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事