まるか食品「ペヨング ソースやきそば」 - まるか食品

まるか食品「ペヨング ソースやきそば」



やっと「グランドビッグマック」を食べることが出来たんですけど、良くも悪くも想像通りの仕上がりというか、何というか。まぁアレですよ、大きくなった「ビッグマック」そのものですよw ただ、ひとつ予想外だったのは、通常のレギュラーサイズよりも食べやすかったこと。「メガマック」のように、サイズアップで必然的に食べにくさアップもご愛嬌~w かと勝手に思ってたんですけど、高さではなく幅が広くなったことで、高さと幅の比率的に安定感が増し、持ちやすくて食べやすかったです。私はいつもビッグマックソースとオニオンとピクルスをマシマシで注文するのですが、たまたまなのか、サイズ的な仕様なのか、ビッグマックソースの倍増率が普段以上に多くて幸せでしたw(単純にクルーの匙加減かもw)ほんとは「ギガビッグマック」をシバきたかったんですけど、伺った店舗では御好評につき完売御礼。おそらく単純に「メガマック」の大判バージョンだと思いますし、結構グランドで満足しちゃったので、もういいですけどねw ちょっとギガは高さ的にも食べにくそうですし、単発で漏れなく1,034kcalも摂取出来ちゃいますから…w

さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヨング ソースやきそば」です。一見すると某国のパクり製品にも見えますけど、安心してください、まるか食品の正規品ですよ。というわけで、東日本地区では既に販売されていて、話題性も大きかったですし、既に知っている人も多いでしょう。ちなみに西日本地区では3月28日から発売予定だったのですが、急遽延期となり、そのまま動きを見せず、公式アナウンスも発表されていない状態です(4月16日現在)なぜ手元にあるw(兵庫県在住)オープン価格ということで、廉価版となったペヤング。商品名も “ヤ” から “ヨ” に落とすなど、なかなかシャレが利いてます。ちなみにペヤングのパッケージには “Big” と書かれていて、こちらは “Regular” とのこと。当ブログではリアルタイムな食べ比べは行いませんが、味の記憶を元に本家と比較しながら食べてみたいと思います。





は、びみょ〜に違うのかもしれませんが、体感的には本家と大差ないですね。おそらく、麺量の差でコスト調整を行っているのでしょう。ただ、差と言っても10gなので、これといって少ない感じはしませんでした。今回はソースが本家よりもマイルドだったのですが、相変わらずどんな味とも馴染むような柔軟性の高い油揚げ麺なので、問題なくマッチしています。自分には本家との違いが分からなかったんですけど、原材料は全く同じでした。廉価版になったからといって、質的な落ち度は見当たらなかったです。まぁ元より高級感のある麺ではありませんがw

ソースは、「気になる本家との味の違いは食べてみてのお楽しみ!」とのこと。本家の味と比べると、酸味などのシャープな要素が抑えられ、甘味が立っているような印象。めちゃくちゃ甘いとかじゃないんですけど、シャープさが緩和されたことによって、本家よりも丸みを帯びたマイルドなイメージ。ここは好みが分かれるポイントかもしれませんが、マイルドになっても味気ないようなマイナスの印象は無かったし、自分は酸味の抑えられたオタフクソース系の甘口なソースが好きなので、素直に楽しめました。もともとペヤングは優しいタイプのソース味だと思ってるんですけど、さらに優しくなった感じですね。ちなみに添付調味料(ソース)の原材料は全く同じだったので、微妙な含有量の差でコストを調整しているのだと思います。例えばキムチや納豆など、何かをトッピングしてカスタマイズすることを想定すると、ベースのソースとしては、こちらの方が誂え向きかもしれません。いや、むしろ単純に味だけで見ても、自分としては本家より好みかもしれないw

かやくは、本家に入っている味付鶏ひき肉がカットされ、キャベツだけが入ってました。かやくの小袋には「ペ “ヤ” ング」って書いてありますけどねw フリカケとスパイスは、おそらく本家に入っているものと同じ内容でしょう。個人的にペヤングのジャンクな鶏ひき肉が好きなので、ここがカットされたのは悲しかったのですが、オープン価格化を考慮すると最もコストを下げられそうなポイントは肉具材ですし、そう思えば許容範囲内でした。ソースがマイルドな路線になっていたので、フリカケとスパイスの効果が本家以上に際立っているというか、いつもより存在感があるように思いました。あのクセになる感じのスパイス感とか、アオサの風味とか、紅生姜の酸味なんかが優しいソースに映えていて、特にスパイスのペッパーと紅生姜の酸味はマイルドなソースと対比を描いているようで、相性抜群で良かったです。で、このスパイスを振り掛ける時にクシャミが出るのは自分だけじゃないはずw(どうでもいいw)キャベツのサイズは他社と比べて小さめなんですけど、割と多めに入ってますし、相変わらず甘味が強くて美味しかったです。

(標準は★3です)

本家と違う大きなポイントは、麺量が10g少ないことと、味付け鶏ひき肉が入っていないこと、そしてソースの味がマイルドになっている点でしょうか。麺量の差に関して言えば、あまり体感的な差はなかったですけどね。原材料を細かく突っ込んでいくと香辛料抽出物の位置や、増粘剤(グァーガム)、重曹、甘味料(カンゾウ)の有無など、いくらかカットされた食品添加物もありましたけど、単純に食べてて目立ったビハインドは感じられず、オープン価格というコストパフォーマンスの高さを素直に評価したいと思います。「ペヤングじゃないと認めない!」という根っからのヘビーユーザーからすれば、色々と物申したい事もあるかもしれませんが、まるか食品の狙い所は間違ってないと思ったし、自分としては好印象でした。あとは酸味の強度だけがターニングポイントになってくるでしょうね。とりあえず浮いた差額分で納豆とか卵とか買って、健康的にカスタマイズして食べたい感じでしたw ベースもマイルドになってますし、本家よりもお財布に優しいので、まさに “カスタムペヤング(ペヨング)” にピッタリの存在だと思います。いやでも個人的にはカスタマイズしなくても素直に美味しかったですし、自分これから「ペヨング」でも全然オッケーですよw 想像以上に印象が良かった廉価版でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヨング ソースやきそば
製造者:まるか食品
内容量:106g (めん80g)
発売日:2016年3月14日 (月)
発売地区:東北・関東・静岡・甲信越・中京・北陸
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4902885004066

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3.5袋 (ソース・かやく・ふりかけ・スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (106g) あたり

エネルギー:456kcal
たん白質:7.4g
脂質:20.5g
炭水化物:60.5g
ナトリウム:1.2g

(食塩相当量:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料)、かやく(キャベツ、ごま、香辛料、アオサ、紅生姜)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB₂(原材料の一部に大豆、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・牛肉・ごま・大豆・りんご

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/product/peyong/

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事