エースコック「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」 - エースコック

エースコック「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」



「堅あげポテト 梅こんぶ味」を食べました。想像通り梅昆布茶っぽい味わいで、何て言うんですかね、こう、そこはかとなく安心する味というかw 日本人だなー、って漠然とw あんまり自分は好んで選ぶテイストではないのですが、ふとした瞬間に食べたくなるんですよね、梅系って。梅干や昆布茶に馴染みのない国の人に食べてもらって、感想とか聞いてみたいです。○○族的な人達に聞いてみたいw

さて、本日の一杯は、エースコックの「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」です。流行ってますよねー、痺れ系。「驚き」と「やりすぎ」をコンセプトにした「EDGE」シリーズと、「うる星やつら」のコラボ商品です。もうね、ラムちゃんがパッケージに描かれている時点で無条件にジャケ買いですよw 「『ラムちゃん』の電撃をイメージした、シビれる辛さの味噌ラーメンを開発」とのことなので、どこまでシビれさせてくれるのか楽しみです。





めんは、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」で、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。しょっちゅう同じような製品説明を見ているような気もしますけどw 同社の「厚切太麺」や「カドメン」に似た雰囲気の油揚げ麺ですが、そこまで主張の強い麺ではないように思いました。いや、スープの強烈なインパクトから、そう錯覚しただけなのかもしれませんがw しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどで味付の施されたエースコックお得意の味付麺で、今回は味付が濃かったのか強烈なスープの中でも麺の下味が感じられました。これによってスープとの一体感が増していたし、強烈なスープを相手に埋没することなく、むしろ麺単体としての存在感よりも一体感を重視しているようなギャップが新鮮でした。そう思う反面、逆にスープに負けてしまいそうな細麺でもインパクトがあったかな、とも思ったり。油揚げ麺というジャンルから若干とは言え刺激をマスクしているような印象を受けたので、もっと細い麺を合わせるか、それこそノンフライ麺だったら、より凶暴に仕上がっていたかもしれません。

スープは、「ポークベースの味噌スープに、激辛スパイスと激辛調味油で仕上げる、見た目にも味にもインパクトのあるやみつきになる一杯」とのこと。後入れの激辛ブラザーズを入れる前に味見してみたんですけど、ベース自体はシンプルで、かなりスッキリとした路線のシンプルな味噌スープですね。小袋を入れる前の段階では、花椒や唐辛子を思わせるような刺激は感じられず、味噌の尖りも感じられませんし、良く言えばライトで飲みやすく、悪く言えば特徴のないスープです。次に小袋の激辛ブラザーズを全投入したのですが、想像以上に花椒の麻味(痺れ感)にインパクトがあって驚きました。見た目こそ唐辛子系の激辛スープを思わせる真っ赤なビジュアルですけど、見た目ほど唐辛子系の刺激は感じられず(あくまで比較的w)しっかりとテーマの “鬼シビ” を全面に叩き出した仕上がり。もちろん唐辛子の辣味は一般的に見ても辛口くらいにはあると思うのですが、こと麻味に関しては辣味を完全に上回るインパクトで、間違いなく人を選ぶレベルだと思います。ちょっと市販品にしてはインパクトが強すぎるような気もしましたが、「驚き」と「やりすぎ」というコンセプトに振り切ったような刺激には好感が持てますし、スパイスに含まれている魚粉の旨味や花椒の香り、胡麻の芳ばしさとコクでシンプルなスープに層が出来るので、ただ麻味に特化したような単調さを感じさせなかったことが好印象。自分は麻味に耐性がある方なので、同時に旨味を楽しむことも出来ましたが、耐性が低いと強烈な痺れ感から途中で味が分からなくなってしまうかもしれません。でも、それはそれでインパクトは確実に得られるでしょうし、ブランドのコンセプト的にも今回のような特化型の路線は正解だと思いました。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。葱と唐辛子の存在感は薬味の域を出ないので、実質的な具材はキャベツのみと言って差し支えないでしょう。このキャベツがオアシスになるかと思いきや、必然的に麻味の効いた強烈なスープを纏うことになるので、しっかり攻撃的ですw なんかもう清々しいですw でも刺激的なスープとは対照的なキャベツの甘味がブラッシュアップされているようで、そのコントラストがイイ感でした。量も多めで良かったです。肉系の具材は入っていませんが、もし入ってたらエースコック史上最悪の味がしないスカスカな肉そぼろでしょうし、あれは入ってない方がマシだとすら思っているので、自分としては肉具材なしが好印象でした。

(標準は★3です)

花椒を中心とした麻味のインパクトを徹底的に叩き出した強烈な一杯でした。っていうか湯気から漂ってくる漢方薬チックな怪しいニオイからしてもう怪しいの何のってw 花椒や山椒などのビリビリとした痺れ系の刺激が苦手な人は、間違っても手に取らないようにしましょう。多分、完食はおろか、ふた口目を食べるのも嫌になると思います。反面、我々のような花椒の麻味が好きな人種にとっては、大満足の一杯と言えるでしょう。やりすぎな気がする、ってくらい痺れ感の強いカップ麺だったので、ブランドコンセプト的にも当て嵌まってますし、その遠慮のなさに好感が持てました。それに、ただ単純に麻味に特化しているのではなく、きちんと旨味を感じられたのが良かったです。麻辣好きは迷わず手に取るべきですね! 食べ進めていく中、完全にパッケージのラムちゃんを忘れてしまうほどのインパクトでしたw 本当に痺れ耐性の個人差で大きく評価の分かれるカップ麺になると思うので、今回の総評は、そこそこ耐性が強い奴の戯れ言ということでどうかひとつ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
製造者:エースコック
内容量:90g (めん70g)
発売日:2016年2月22日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901071278618

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (激辛調味油・激辛スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (90g) あたり

エネルギー:396kcal
たん白質:10.4g
脂質:15.1g
炭水化物:54.7g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:189mg

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(みそ、香辛料、おからパウダー、植物油脂、食塩、砂糖、でん粉、発酵調味料、豚エキス、豚脂、カツオブシパウダー、ごま、全卵粉)、かやく(キャベツ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、増粘多糖類、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、カロチノイド色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草、スクラロース、アセスルファムK)、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1601_TLOM.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事