日清食品「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」 - 日清食品

日清食品「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」



湖池屋の「頑固あげポテト 中村獅童のこだわりだしカレー味」を食べました。そもそも「頑固あげポテト」を食べるのは今回が初めてだったりするのですが、堅そうな雰囲気から漠然とカルビーの「堅あげポテト」と似たようなイメージがあったんですけど、食感とか全然違うんですね。確かに通常のポテトチップスよりも堅めですが、堅あげポテトよりも気泡が多いというか、ザクザクと荒めの食感が自分には新鮮でした。オーザックを硬くした感じ? いや、ほんとイメージですけどw ちなみに味付や匂いは、カレー味のカップうどんに似たカレー味でしたw

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」です。激辛で豆腐でラーメンと来れば、漠然と「蒙古タンメン中本」が思い浮かびます。今回のカップ麺は、「TOKYO FM 『Skyrocket Company(スカイロケット カンパニー)』 のリスナーが作った 『とんがらし麺』」とのことで、自分は何のこっちゃサッパリですけど、ラジオ番組とのコラボカップ麺なんですね。麻婆豆腐味とか美味しそうじゃないですか! ただ、「お待ちどうふ!!」とか、「あさばーじゃないよ〜」とか、相変わらず激辛カップ麺とは思えないユルユル〜な雰囲気のパッケージ…w “あさばー(麻婆)” なんて考えた事もなかったですよw まぁ普通に読んだら “マーボー” とは読めない漢字ですけどね。側面ではロケットかぶった “うま辛ずきん” が「あさばー!」って楽しそうに飛んでるしw 最初は違和感のあった世界観でしたが、最近では受け入れられるようになってきた自分が怖いですw ちなみに公式キャラクターは、「うま辛ずきん」「激辛ずきん」「えびかたん」「いか十郎(二段)」「とま美ちゃん」「しろとりさん」「とんでぶぅ」などなど多種多様(公式キャラクター紹介ページ)やっぱり “ずきん” が本体なんですかね?w





は、「辛さと旨さを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。いつもの唐辛子練り込み麺だと思います。麺自体の辣味はスープと同化しているのですが、辛味に関しては確実な相乗効果を生んでいると思いますし、唐辛子特有の芳ばしさが麺からも感じられる、というのが個性的で大きなポイントですよね。カップヌードルの麺よりも少し頑丈な仕様ですが、ヌードル系の油揚げ麺には変わりないので、湯伸びが気になる人は早めにフタを開けて伸びないうちにサクッ、と食べましょう。スナック的な方向性は辛味の効いたスープと相性が良く、日清食品のヌードル麺らしいフレキシブルな姿勢も好印象で、今回のスープとも問題なくマッチ。よっぽどのことがない限り、まずハズさない油揚げ麺だと思います。相変わらず真っ赤な見た目が雰囲気イイ感じでした。

スープは、「麻婆豆腐をイメージした、激辛ながらも肉の旨みがあるスープ」に、「ラー油や唐辛子のピリッとした辛さに加え、花椒を利かせたしびれる辛さが特徴」で、別添に「お好みで辛さが調節できる『超絶激辛オイル』」付とのこと。味噌がベースになった辛口のスープで、きちんと激辛カップ麺らしいカプサイシン系の刺激が感じられるスープです。花椒の麻味は特筆して強いわけではありませんでしたが、きちんとした風味と確かな痺れから存在が感じられ、具材の豆腐も相俟って、なるほど麻婆豆腐ね、みたいな。自分が想像してたよりも大人しいスープだったんですけど、ごちゃごちゃしてないシンプルな味付には素直に好感が持てたし、それっぽい雰囲気は感じられました。ただ、やっぱり麻婆豆腐には挽肉の旨味とかが強く欲しかったので、動物性の重厚感が増すとモアベター。あと若干、超絶激辛オイルに抽出物系特有の癖を感じたので、気になる人は気になるかも。そして辣味(辛味)のタイプですが、いきなり刺してくるような即効性のあるアグレッシブなタイプではなく、徐々に蓄積されて刺激が増していくような時間差攻撃の蓄積型。それにスープだけ飲んでると確かに辛口ではあるものの、麺を食べている間は実食が厳しいほどの辛さではないと思います。ちなみに今回のスコビル値は821SHUということで、前回の「激辛ジャークチキン味」(886SHU)と比較しても低いのですが、数値よりも体感的な辛味が強く感じられたジャークチキン味に対し、こちらは遅効性の蓄積型だったこともあってか、体感的な辣味も常識の範囲内に思えました。ただし、辛い食べ物が苦手な人はヤメとけレベルには達しているので、一般的に激辛と言っても差し支えない刺激だと思います。割とサラサラしたスープだったので、もうちょっと麻婆豆腐的にトロミがあってもよかったかなぁ。あ、たっぷり擂り胡麻とか入れたらメチャクチャ合いそうなスープです。

具材は、「豆腐、豚肉、赤唐辛子、ネギ」とのこと。豆腐は7&iの「蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」と同じ豆腐かもしれませんね。特に酸味とかも気にならなかったし、ちゃんと食感も風味も豆腐でした。数も7個半くらい入ってて、ちゃんと主役級の存在だったのが良かったです。何度も混ぜてたら崩れちゃいますけどw 豚肉はダイスミンチだったので、イメージ的に挽肉系の肉具材を合わせて欲しかったところですが、ジャンクな雰囲気は合っていました。安定して美味しいですしw ただ、どれだけ探しても画像にある2個しか入ってなかったので、かなり寂しかったです。大事に食べましたw 赤唐辛子と葱は薬味ですね。

(標準は★3です)

もっとスープや具材にも肉っ気が欲しかったのですが、具材の豆腐が麻婆豆腐らしさを確実に演出していたし、それっぽい雰囲気は感じることが出来ました。想像してたよりも派手さのない優等生な一杯だったんですけど(奇抜な麻婆豆腐ってどんなだよ、って感じですけどねw )食べ進めるにつれてジワジワ蓄積されていくような辛味も悪くなかったし、麻婆豆腐というテーマとカップ麺の相性が良くて、なかなか美味しかったです。無難にシンプルに纏めたことが功を奏しているというか、このシリーズが持つ受け口の広さというメリットは感じられたし、具材の豆腐も頻繁に見かける具材ではないので、こうやって定期的に取り上げてもらいたいですね。安定感のある激辛系カップ麺、みたいな無難さは良い意味で無難と思える仕上がりで、自分的には好印象でした。激辛フリーク的には刺激が足りないかもしれませんが、インパクトに過度な期待さえしなければ買って損はないでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味
製造者:日清食品
内容量:105g (めん80g)
発売日:2016年2月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105235096

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (超絶激辛オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:510kcal
たん白質:10.1g
脂質:25.6g
炭水化物:59.9g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:125mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:510kcal (めん・かやく:404kcal / スープ:106kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:3.1g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料(唐辛子))、スープ(豚脂、糖類、香辛料、小麦粉、食塩、植物油脂、でん粉、味噌、ポークエキス、酵母エキス、香味油、醤油)、かやく(豆腐、味付豚ミンチ、赤唐辛子、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、増粘多糖類、香料、カラメル色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4939

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事