日清食品「チキンラーメンどんぶり 旨辛棒棒鶏風」 - 日清食品

日清食品「チキンラーメンどんぶり 旨辛棒棒鶏風」



やっと機会に恵まれて「のびのびポン・デ・リング」を食べたんですけど・・・何というモチモチ感! これ好きだー!w 通常のポン・デ・リングを食べる時、もっとモチモチにしてやろうとレンジで加熱してみたり、無理やり圧縮して密度を高めてみたりw いろいろと試みたのですが、本家が理想的な形で正式にリリースしてくれて、もう自分としては文句無しのポン・デ・リングでした。「ミスタードーナツで1番人気のポン・デ・リングをギリギリのばせるだけのばしてみました!」だそうです。よくやった! こりゃリピート決定ですな。ただ、ミスドは遠い(泣)

さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 旨辛棒棒鶏風」です。「棒棒鶏」といえば、日本では蒸し鶏をメインにクラゲやキュウリと一緒に和えてある料理、みたいなイメージが強いと思うんですけど、本場の中国では鶏肉のみで作られるのが主流みたいで、四川料理らしく辛味の効いた料理なんですね。さっき知りましたw 自分は日本版のイメージが強いんですけど、味付としては胡麻(芝麻醤)が核になっていると思うので、チキンラーメンと芝麻醤の組み合わせには興味深いものがあります。ちなみに「出前一丁どんぶり 旨辛台湾ラーメン風」と同時発売のカップ麺なんですけど、こっちも “旨辛からだぽかぽか” がコンセプトで、ヒハツエキスが入ってるみたいです。出前一丁が思ってたよりも刺激的だったので、チキンラーメンの辛さレベルも気になるところですね。期待はしてませんがw





は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。メーカーの製品説明通り、いつもの芳ばしいチキンラーメンの麺です。申し訳ないほど特筆して書くことのない抜群の安定感を誇っていますw 熱湯に対する耐久性は低く、みるみるうちに伸びて柔麺になってくるので、気になる人は早めにフタを開けましょう。チキンラーメンの麺に関しては、ふやけて伸びた柔麺が好きなので(麺の量も増えるしw)敢えて長めに放置して、ダラダラ食べるくらいが美味しかったです(超個人的感想w)

スープは、「国産チキンを100%使用したローストしょうゆの味わいの元祖鶏ガラスープ」に、「ごまとショウガの風味、唐辛子の辛さを加え」て、「ヒハツエキス入り」とのこと。ベースはチキンラーメンらしい芳ばしさの感じられる鶏ガラ醤油スープで、そこにテーマとなっている棒棒鶏の要素が加わってくるのですが、思いの外に相性がいいですね。バランスがイイ感じ。芳ばしい鶏ガラ醤油スープを芝麻醤が軽く包み、醸造酢による軽めの酸味に生姜やヒハツ、ラー油の風味が適度に加わることによって、芝麻醤の柔らかさとの対比が生まれ、それぞれがバランスよく主張することでオリジナルのスープを引き立てています。辛さ自体は控えめだったのですが、からだぽかぽか効果は感じられたし、そのコンセプトも表現できていますね。イメージしてるのは日本で馴染みのある棒棒鶏だと思うんですけど、それっぽい雰囲気が感じられて、オリジナルの鶏ガラ醤油味ともマッチしていました。わずかに麻味も感じたので、もしかしたら隠し味的に花椒が入ってるかも。

具材は、「蒸し鶏、スクランブルエッグ、ネギ」とのこと。棒棒鶏といえば蒸し鶏ですが、普段よりも量を多めに感じますね。頻繁に見かける具材なので、新鮮味こそありませんが、相変わらずソフトな食感と鶏肉らしい旨味があって、好感の持てるクオリティ高い肉具材です。スープとの相性も申し分なかったし、量も多めでメイン具材らしい存在感を放っていて、とても好印象でした。スクランブルエッグは「カップヌードル」などに入っている卵具材と同じ感じで、ほんのり甘い優しい味付が美味しかったです。チキンラーメンに入ると親子的なイメージも湧きますし、やはり相性がいいですね。スープに棒棒鶏っぽい雰囲気があったので、漠然と中華クラゲやキュウリが欲しくなりましたw カップ麺的なことは置いといてw

(標準は★3です)

オリジナルのイメージにあるチキンラーメンらしさを踏襲しつつ、棒棒鶏を思わせるアクセントが明白な変化を感じさせてくれ、尚且つ相性も問題なし。具材の鶏肉に対する満足度も高かったし、単純に辛くなった「出前一丁」とは、また一味違ったアレンジになっていました。もちろん出前一丁のオリジナルを尊重したシンプルなアレンジにも好感が持てたんですけど、こちらは明白な変化を与えつつ、それでいてオリジナルも大切にされている絶妙なバランス感で、ややマンネリ感の否めないチキンラーメンの変わり種ですが、なかなか今回は上手く仕上がっていたと思います。最初はチキンラーメンと棒棒鶏ってどうなんだろう…と、思う部分もあったんですけど、予想以上にハマってましたね。具材の充足感も加味して、★ひとつプラスしました。オリジナルのチキンラーメンが好きな人はもちろん、オリジナルとの変化を期待して手に取っても大丈夫だと思います。そこまで劇的なインパクトがあるわけではありませんが、きちんと変わり種らしい個性が感じられました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメンどんぶり 旨辛棒棒鶏風
製造者:日清食品
内容量:92g (めん80g)
発売日:2016年2月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105233160

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (98g) あたり

エネルギー:404kcal
たん白質:10.6g
脂質:16.4g
炭水化物:53.6g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:146mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:404kcal (めん・かやく:361kcal / スープ:43kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、オニオンパウダー)、スープ(植物油脂、糖類、味噌、ねりごま、ごま、食塩、ポークエキス、豆板醤、香辛料、醸造酢、酵母エキス、ヒハツエキス)、かやく(味付鶏肉、味付卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、やまいもを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・やまいも・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4952

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事