サンヨー食品「サッポロ一番 チキンマニア フライドチキン味 タテビッグ」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 チキンマニア フライドチキン味 タテビッグ」



何となくBGM代わりにルパン三世の新シリーズを流してたんですけど、ふとフィアットのエンブレムを見たらアバルトに変わってるじゃないですかw そもそも絵のタッチからして雰囲気が違いますし、声のキャストも含めて賛否両論あるのかなー、と。私は昔のルパンが好きなんですけど、これはこれでと思えば悪くないですね。好みで頑なに否定するのではなく、まずは何事も一旦受け入れてみる、という柔軟性のある姿勢を心掛けたいです。どちらかと言うと私は興味の無い事や自分の考えに否定的な意見を頑なに拒否しちゃうタイプなのでw まずは吸収しないと損なのは分かってるんですけどね。と、アバルトから完全に脱線したところで本題w

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 チキンマニア フライドチキン味 タテビッグ」です。「ポテマニア のり塩味」が非常に面白い仕上がりだったので、こちらも楽しみにしていました。まだ店頭でも見かけますし、思ってたよりも早く食べることが出来て一安心w これまで「からあげ」を題材にしたカップ麺は何度か見かけてきましたが、ヌードルでフライドチキンをテーマに掲げているのは新鮮味がありますね。このカップ麺が発売されるちょっと前に、明星食品が「一平ちゃん夜店の焼そば フライドチキン味l」というカップ麺をリリースしてたんですけど、単なる偶然でしょうか。こういうの結構あるので、裏が気になりますw





は、「つるみがありスープとよくなじむ、食べ応えのある中太めん」とのこと。食べ応えのある中太麺、ってほど太くない気もするんですけど、適度に縮れの付けられた油揚げ麺で、ヌードル麺ほど軽い麺ではありませんが、食感や風味はスナック的です。特別な個性があるとか、ずば抜けてクオリティが高いとか、そういった印象は皆無に等しかったんですけど、しっとりとした口当たりは印象的でした。麺のスナック感も良い方向に作用していたし、取り合せとしてはバッチリですね。全体の方向性がスナック感のあるカップ麺だったので、これがノンフライ麺だったら成立しなかったと思います。まさに油揚げ麺の面目躍如。割と早めに柔らかくなってくるし、とても自己主張の弱い麺ですが、麺の存在感よりもスープの馴染みに重点の置かれた仕上がりだったので、その一体感の高さが良かったです。

スープは、「調理感のあるチキンエキスにコショウやガーリックなどの香辛料を合わせ、スパイシーなフライドチキンの味わいをイメージし」たとのこと。なるほど、確かにフライドチキンっぽい味付ですね。チキンエキスによって鶏肉の要素を持たせ、香りからも感じる明確なスパイス感がフライドチキンらしさをハッキリと演出。鶏の唐揚げに通じる部分もあるんですけど、香辛料の複雑味とメリハリや、中でも胡椒のパンチが印象深く、しっかりとフライドチキンらしいイメージが伝わってきました。なかなかスパイシーなスープですね。小難しさのないシンプルな味付が油揚げ麺ともマッチしていたし、しっかりフライドチキンらしい雰囲気を感じられたのが良かったです。チキンとスパイスを主軸にして、醤油を控えたのも正解ですね。いやでもちょっと予想以上にフライドチキンしてて驚きましたw

具材は、「味わい深いフライドチキンをたっぷりと入れ、ネギを組み合わせ」たとのこと。具材はフライドチキンと葱だけというシンプルな構成ですが、このフライドチキンがパワフルな具材だったんですよね。食感は少しナゲットっぽかったんですけど、きちんと鶏肉らしい旨味が感じられ、香辛料の効いた衣がフライドチキンらしさを確実に演出。そして何よりボリューム感には特筆すべきものがあって、ほんとゴロゴロ入ってました。麺にもスープにも高級感は無かったので、具材にコストを注ぐことが出来たんだと思うんですけど、総合的に麺とスープのシンプルさをビハインドに感じさせない纏まりの良さを見せてくれていたし、それを差し引いても補って余りあるほど具材の充足感には高い満足感が得られると思います。なかなか振り切ってますね。スパイシーなスープが具材のフライドチキンらしさを高めてくれていたし、シンプルながらも一点突破な仕上がりには好感が持てました。フライドチキンはプカプカと最後までスープの表面に浮いていたので、わざわざ探さなくても気軽にポイポイと口に放り込める感じが良かったですw

(標準は★3です)

具材のインパクトを筆頭に、スープからも予想以上にフライドチキンらしさが感じられたし、全体的なスナック感も良い方向に作用していて、まさにカップ麺ならではの強みが活かされた一杯だと思いました。「ポテマニア」で感じたインパクトやスナック感に印象深いものがあったので、少し自分の中でハードルは上げてたんですけど、具材の充足感は一頭地を抜いていたと思いますし、こういう極端さがカップ麺らしくて好印象。遊び心だけでなく美味しさも兼ね備えていて、ひとつのカップ麺として見ても単純に美味しいと楽しめる仕上がりで、馴染みの良い油揚げ麺にフライドチキンらしい味付のスープと充実した具材、カップ麺らしいカップ麺として文句無しの★5です。美味しくて、楽しかった。このままシリーズ化されるのかどうかは分かりませんが、是非ともシリーズ化して定期的にリリースして欲しいですね。となるとテーマの方向性は流れ的にもジャンクな路線のファーストフードでしょうか? だとすればネタの数は多いですし、第3弾の登場にも期待したいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 チキンマニア フライドチキン味 タテビッグ
製造者:サンヨー食品
内容量:91g (めん70g)
発売日:2016年1月12日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:215円 (税別)
JANコード:4901734026723

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (91g) あたり

エネルギー:402kcal
たん白質:8.9g
脂質:17.3g
炭水化物:52.7g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:1.74mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:402kcal (めん・かやく:351kcal / スープ:51kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:1.8g / スープ:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(食塩、糖類、チキンエキス、デキストリン、香辛料、クリーミングパウダー、たん白加水分解物、豚脂、酵母エキス、しょうゆ、でん粉、発酵調味料、植物油脂)、かやく(鶏からあげ、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、レシチン、香料、かんすい、クチナシ色素、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0506.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事