日清食品「行列のできる店のラーメン 海老担々麺」 - 日清食品

日清食品「行列のできる店のラーメン 海老担々麺」



私は日課で夕食前に大根おろしを食べているのですが、大寒波の時に畑の大根が凍ってしまったのか、色が少し変わってたんですよね。で、特に害もないだろうと思って普通に擦りおろして食べてみたら漬物? っぽい風味を感じましてw こう、薄っすらとですけど、たくあんみたいな。美味しかったですw 風邪引き大根も面白いですね。少なくともスーパーの大根じゃ経験できないことだと思いますし、なんか身体に良さそうな味でした。良くも悪くも人体に及ぼす影響は不明ですがw

さて、本日の一杯は、日清食品の「行列のできる店のラーメン 海老担々麺」です。やっと2016年発売のカップ麺に追いつきましたよーw というわけで、2016年リリース最初の一杯はコチラ。行列シリーズから海老担担麺ということで、これはもう実食前の期待値の上昇は抑えられませんよね。このシリーズは海老にも担担麺にも強いですし、さすがに美味しいのは当たり前だと思うので、最終的にモノを言うのは価格との兼ね合いだけでしょう。





は、「濃厚なスープとよく絡む、しなやかでコシのある中細ストレート麺」とのこと。いつもの行列シリーズらしいノンフライ麺で、「マルちゃん製麺 カップ」と比較した場合、麺の自然さでは東洋水産に軍配ですが、ハイエンドブランドに使われるノンフライ麺としての完成度は高く、しなやかさとコシを兼ね備えていて、濃厚なスープとも兼ね合いは良好。断面は四角く縮れのないストレート麺で、麺の角ばった形状から感じる輪郭によって、前半は濃厚なスープに負けない存在感を放ち、後半は時間経過によってスープとの一体感が増してくるので、馴染みの良さを楽しめるなど、時間経過による変化を上手く利用していると思います。今回のスープは濃厚なんですけど、このノンフライ麺だからこそバランスが取れているというか、うん。それに熱に対する耐久性にも優れているので、自分は敢えて湯戻し後に時間を取り、スープ馴染みの良さが光ってくるまで待ってから食べました。個人的に「ラ王 Selection」のノンフライ麺よりも好みです。

スープは、「海老の香りとうまみが特徴の、ゴマの風味豊かなコク深い "特濃" 担々スープ」とのこと。いやーさすがに高級感のあるスープですね! ベースには濃度の高い豚骨が鎮座していて、しっかりと動物系の厚みがあり、濃厚の指標を履き違えていなかったことが好印象。一応、今回のタレは味噌ダレなんですけど、豚骨と胡麻のまろやかさが味噌の持つカドを包み込み、尖りのようなものは感じられません。さらに芝麻醤は別添の小袋に包装されているので、その主張は明白かつ確実に作用しています。粉末スープの擂り胡麻に加えて芝麻醤で胡麻のコクが深まることによって、さらにスープの濃度が高まってくるんですよね。辣味はピリ辛程度だったし、花椒の香りや麻味こそ控えめだったものの、とにかくスープの濃度が高く、芝麻醤の確実な主張から担担麺らしさが感じられたし、そこへ海老の旨味が加わってくるんですけど、これがまた見事なまでにハマっていて、スープのクオリティが飛躍的に上昇。もちろんスープ自体からもしっかりと海老の旨味を感じるのですが、芳ばしさに関しては具材の揚げ玉による効果が大きかったです。突出したインパクトで驚かせるのではなく、胡麻と豚骨と海老が見事に融合して織り成す総合力の高さを楽しめる感じ。多重奏なコクと旨味があって、「贅沢特濃スープ」の名に恥じず、ちゃんと “濃厚” だったのが嬉しかったです。ただ、ちょっと甘味も強めなので、担担麺に甘味は蛇足と感じる人は気になるかもしれません。

具材は、「香ばしい海老の風味とキレのあるショウガの味わいが特徴の特製揚げ玉、肉そぼろ、チンゲン菜、ネギ」とのこと。揚げ玉は揚げ玉特有の芳ばしさと海老の芳ばしさがリンクしていて、麺に絡んで口に入ったときに的確なアクセントとなり、同時にスープの海老感を底上げ。生姜の風味はスープに馴染むと丸みを帯びてくるんですけど、ほんのりと香る柔らかい主張は功を奏していたと思います。そして肉そぼろが印象的で、挽肉らしい歯触りと旨味のある味付から存在感があり、ひとつひとつのサイズも大きめ。そして何より量が申し分なく、担担麺に挽肉は必須項目なので、スープにコストをかけながらも肉具材を妥協しなかったことに好感が持てました。いつもの厚切焼豚のクオリティをそのまま挽肉に置換したらこうなるのかー、みたいな。素晴らしかったです。青梗菜や葱の量は多くなかったのですが、青梗菜は厚みがあって甘味が強く、葱は大振りでした。担担麺から見たときの挽肉に、海老から見たときの揚げ玉と、きちんと主役級の存在感を持った具材がお互い主張していたのが良かったです。このカップ麺には入っていませんが、スープが濃厚だったので、焼き海苔とかも合いそうだなー、と思いました。

(標準は★3です)

希望小売価格が290円という市販のカップ麺では最高峰の値段設定ですが、それだけの価値はありますね。いや、余裕でそれ以上だと思います。これだけ総体的に高いクオリティのラーメンが300円ちょっとで味わえるのですから、むしろ安いとすら思いました。これまでにも行列シリーズは「一幻」とのタイアップを果たす前から海老系のカップ麺を発売してますし、その中でも初版の「えびそば 特濃しお豚骨」は群を抜いて秀逸な出来栄えだったので、どうしても海老が付くと比較してしまう部分があり、壁が高くなってしまう傾向にあったんですけど、濃厚な担担麺に海老が組み込まれたことで受ける印象や捉え方も変わり、新鮮味が感じられたと同時に日清食品が培ってきた技術力が遺憾無く発揮されていて、完成度の高さを実感することが出来ました。スーパーで購入しても取得価格は300円ちかくすると思いますが、その値段以上の価値があると思います。芝麻醤の濃厚な担担麺として見ても、また新たな海老白湯として見ても満足度の高い一杯だったので、コンビニ定価でも買う価値は十二分にあるでしょう。期待値以上の秀作でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:行列のできる店のラーメン 海老担々麺
製造者:日清食品
内容量:126g (めん70g)
発売日:2016年1月4日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:290円 (税別)
JANコード:4902105233115

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (かやく入り粉末スープ・液体スープ・ねりごま・後入れ揚げ玉)

~標準栄養成分表~

1食 (126g) あたり

エネルギー:493kcal
たん白質:14.9g
脂質:19.7g
炭水化物:64.1g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:225mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:493kcal (めん・かやく:351kcal / スープ:142kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(味噌、味付肉そぼろ、豚脂、たん白加水分解物、ポークエキス、ねりごま、ごま、糖類、植物油脂、チンゲン菜、魚介調味油、食塩、香辛料、ねぎ、香味油、酵母エキス、えび醤、野菜調味油)、かやく(えび揚げ玉)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、セルロース、酒精、乳化剤、カラメル色素、カロチノイド色素、酸味料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4882

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事