エースコック「CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば」 - エースコック

エースコック「CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば」



私は毎日の食事にキノコを取り入れるよう心がけているのですが、最近ハマってるのが「たもぎ茸」という黄色いキノコで、見た目ちょっと怪しいんですけどw なんか栄養あるらしいです。北海道ではメジャーなキノコらしいんですけど、こっちでは滅多に見かけることはなくて、行き付けのスーパー3店舗の中でも取り扱っているのは1店だけ。それも1〜2週間に1回入るかどうかなので、見かけたらソッコー複数購入するんですけど、どうしても時間が経つと鮮度が落ちる…長持ちさせる秘訣とかないですかね。できたら1週間は冷蔵で保たせたいのですが…やっぱ冷凍?

さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば」です。これまでにも数々のコラボ商品を開発してきたエースコックとCoCo壱番屋ですが、蕎麦は今回が初めてですよね。カレー味の蕎麦というと、お蕎麦屋さんのカレー南蛮蕎麦然り、やはり和風出汁がメインのカレー味を想像してしまいますが、監修者はカレー専門店。カレー味の方向性が気になるところです。





は、「適度な弾力と歯切れの良さを併せ持った角刃のめん」で、「そばの風味豊かなめんに仕上げ」たとのこと。縮れが強めの油揚げ蕎麦で、やや舌触りにはザラつきがあり、食感はポソポソとした軽めの食感です。しなやかさや繊細さなど、日清食品のような高級感こそありませんが、蕎麦の風味はカレーの中にあっても感じられたし、廉価版に近い雰囲気の蕎麦ではあったものの、製造者と容器の形状を考慮すれば全く以て許容範囲内でしょう。っていうか個人的にはインスタントらしくて大好きなタイプだったんですけどねw 日清食品や東洋水産のような安定感はありませんが、悪くなかったと思います。たまに出るスーパーカップの蕎麦に通じるものがありますね。練り込まれた粉末状の山芋も効果的だったと思います。ただ、スープがカレー味なので、もうちょっと蕎麦の風味が強いと嬉しかったかな。前述した2社と比べてしまうと見劣りしてしまう部分はありますが、油揚げ麺らしいスナック的な蕎麦と割り切って食べれば素直に楽しめるのではないかと思います。

スープは、「ポークとビーフの深みとコクが利いたカレーに、鰹や昆布、いりこなどの魚介だしを加えた、和のテイストを味わえるカレースープ」で、「小海老天の香ばしい風味もさることながら、とび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり、一層食欲をそそ」るとのこと。なんともバランス重視な仕上がりで、非常にソツのないカレー味です。大きく魚介のパンチに振るわけでもなく、カレーらしいスパイス感に振るわけでもなく、中庸的と言えば中庸的な位置にあるのですが、ベースにはCoCo壱番屋らしさを感じさせてくれるカレーの香りがあって、牛・鶏・豚と3種類の動物エキスを効かせた旨味と蕎麦に合わせて調整された魚介の風味がバランス良く混ざり合い、バランス型だからといって目立った不足感はなかったと思います。バランス型ということで、やや無難な印象も覚えますが、CoCo壱番屋らしいカレーの香りは適度に感じられたし、きちんと計算した上でバランスに重点を置いて仕上げられているような雰囲気には好感が持てました。ただ、カレーのスパイスと魚介で軸は出来ていたので、醤油の香りは少し蛇足的だったかなぁ…と、いや、これは好みの問題かもしれませんね。ちなみに “とび辛スパイス” は直接舐めるとピリッ、とキますけど、全体に混ぜると辣味が強くなるわけではなく、辛さはピリ辛程度。スパイスらしい複雑味と香りを手伝うことに専念しているようでした。バランス重視の方向性としては悪くなかったのですが、言い方を変えれば「とび辛」の名に偽りあり、ということになってしまうんですけどねw

かやくは、「風味豊かなえび天、色調の良いねぎ」とのこと。海老天は「魚辛カレーうどん」に入ってた海老天と同じですかね。海老天とネギだけのシンプルな構成ですが、今回は “あの邪魔な肉そぼろ” も入ってませんしw その分(か、どうかは知りませんけどw)海老天は申し分の無い量だったので、満足度は高かったです。ちなみに今回は具材が海老天とネギだけだったので、独断で後入れしました。前半は海老天のサクサクとした食感と干し海老っぽい海老殻の芳ばしい風味が立ちますし、後半は衣が馴染んでフワフワになっていく変化が楽しめるので、海老天はネギもろとも後入れで問題ないと思います。あれ…ネギの記憶が無いw

(標準は★3です)

どうも私は醤油の香りと風味が蛇足的に思えてならなかったので、総評は★5に満たない感じだったんですけど、これは個人的な好みの問題かもしれませんね。というわけで、お手数ですが差し引いてやってください。具材の海老天は大きくて存在感があったし、多めに入っていたことにも強く好感が持てたんですけど、蕎麦のクオリティは可も無く不可も無しだったし(個人的には大好きですインスタントらしくてとてもw)スープもバランス型であるが故の大人しさが少し裏目に出てしまっているような印象も。でも味としては素直に美味しかったし、CoCo壱番屋らしいカレーの香りも感じられたので、標準から★ひとつプラスです。もうちょっと蕎麦の存在感に押しの強さを持たせ、CoCo壱番屋らしいスパイス感や辣味を強めてパンチの効いたワイルドなカレー蕎麦にしてみても面白いかな、と思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば
製造者:エースコック
内容量:110g (めん90g)
発売日:2015年12月14日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901071237790

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:490㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・スパイス・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (110g) あたり

エネルギー:484kcal
たん白質:14.9g
脂質:18.3g
炭水化物:64.9g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.46mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:231mg

(食塩相当量:6.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖、ヤマイモパウダー)、スープ(食塩、香辛料、牛・鶏・豚エキス、砂糖、野菜パウダー、魚介パウダー、しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、クリーミングパウダー、ソース、コンブエキス、香味調味料)、かやく(えび天、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、リン酸三ナトリウム、重曹、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草)、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・そば・乳成分・えび・牛肉・豚肉・鶏肉・大豆・やまいも・ゼラチン

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1511_CoCo.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事