プライムワン「CoCo壱番屋 フライドチキンカレー」 - プライムワン

プライムワン「CoCo壱番屋 フライドチキンカレー」



随分とネタの鮮度が落ちてしまいましたが…(苦笑)12月19日は幹事のJoJo氏に誘われ、大阪の「浜浪」というお店で忘年会でした。長崎チャンポンのお店だったんですけど、新鮮な造りの盛り合せや白子、馬刺しまで出てきまして、そんじょそこらの呑み屋さんやマニュアル化された居酒屋チェーン店なんかは裸足レベルのお店でした。この度ご一緒させていただいた、まう姐さんみどりんさん岸和田市民さんたけパパさんアッシュさん愚昧親爺さんのブログを新たにリンク集(PCビュー右カラム)へと加えさせていただきましたので、是非ご覧ください。お隣の席だった “ないあさん” は、もうブログをされてないとのこと…残念です。それにしても本当に楽しい夜でした! 私は車での移動だったので、ネットカフェに泊まる予定だったのですが(ビジネスホテルは満室だった)まさか宿泊予定先としていたネットカフェが潰れているというトラブルには吹きましたけどねw

さて、本日の一杯は、プライムワンの「CoCo壱番屋 フライドチキンカレー」で、製造はエースコックです。カレーに強いエースコックと、カレー専門店のココイチがタイアップしているというだけで、すでに安心感がありますね。これまでにも沢山のコラボカップ麺がリリースされてきましたし、仲の良さは折り紙付き。今回はカレーラーメンということで、特に不安は感じませんが、具材のフライドチキンがどんなものか気になります。やっぱりナゲットっぽい感じなのかなー。





は、デフォルト化されつつある「カドメン」タイプでは無く、少し細身の縮れた平打ち麺で、もちもち感のある適度な弾力を感じます。割と耐久性のある油揚げ麺だったので、食べ始めて直ぐよりも、ちょっと時間が経ったくらいがベストだったかな。割と今回ゆっくり食べたんですけど、中盤からも麺の弾力が持続してくれて、なかなか完成度の高い油揚げ麺だと思いました。鶏・豚エキス,しょうゆ,砂糖,野菜エキスなどで味付の施された味付麺で、そもそもスープの馴染みは良かったのですが、味付がスープとの一体感を確実に高め、相性は抜群。尚且つ麺単体としても楽しめる感じで、味付麺の面目躍如、って感じでした。麺の味付とスープのスパイス感で、油揚げ麺特有の風味は全く気にならなかったです。途中で敢えて時間を置き、スープとの一体化を試みたことが功を奏し、スープとの一体感には目を見張るものがありました。かなり相性が良かったです。ちょっと放置推奨。

スープは、「ポークとビーフのエキスをベースに、香辛料を利かせたカレースープ」とのこと。CoCo壱番屋監修らしいスパイスの香りと複雑味は感じられるのですが、いつものカレー味にあるイメージと比較すると、スパイス感よりも動物性のコクが重要視されているような印象で、いつもよりもコクと厚みがあるような気がしました。今回は別添の「とび辛スパイス」は付いてなくて、辛味はピリ辛くらいです。とは言え、それなりにスパイス感はありましたし、動物性のコクで普段より丸みを帯びたかな、くらいの変化であって、安定して完成度の高いカレー味でした。トロミの粘度も高かったんですけど、麺との一体感を素直に楽しめる感じで、総合的に見ても重さは無く、粘度の高さも不自然ではなかったです。むしろ好印象。もうちょっとスパイスが強いと嬉しかったのですが、大きな不満を感じさせない安定のカレー味だと思います。で、興味深かったのが、原材料に小麦ふすま(小麦粒の表皮部分)を使用している、というポイント。言われて意識してみると隠し味的にローストしたような芳ばしさを感じたので、それだったのかな。その仄かな芳ばしさが製品に奥行きと本格感を与えているようで、私は効果的だと感じました。

かやくは、フライドチキン,玉ねぎ,鶏・豚味付肉そぼろ,ねぎ,唐辛子ですね。フライドチキンは湯戻しの段階で、揚げたてのカリカリ的なフライドっぽさはフヤケてしまいますが、衣にも肉にもきちんと味があって、鶏肉っぽい質感と風味を感じます。ナゲット的な加工肉のフカフカ感も控えめで、思ってたよりも鶏肉だったのが好印象。量も申し分無く、サイズも大きめで、きちんと主役としての存在感を放っていました。玉ねぎは量が多く、フレッシュな食感と特有の風味はカレー味と相性抜群で、意識しなくても確実なアクセントに。さすが効果的ですね。エースコックのカレー味に入る玉ねぎは、いつもこんな感じなので、私は大好きです。だから無い時は物足りないw 今回は別添のスパイスが無かったので、輪切り唐辛子の辣味が刺激的なアクセントになっていました。そして驚いたのが、肉そぼろ。メインの肉具材にフライドチキンが君臨しているので、どうせ “あの” スッカスカな出来損ないが入っているのだとばかり思っていたのですが、そうじゃなかったんですよね。食感も風味も挽肉っぽくて、程よい味付。あの残念な肉そぼろとは比較できないような、ちゃんとしたヤツでした。やれば出来るじゃないですかー。

(標準は★3です)

コクのある安定のカレー味に、スープとの一体感が光る油揚げ麺。売りのフライドチキンにも存在感があったし、想像を裏切らない仕上がりのカップ麺でした。それだけにオーソドックスな印象を受けたのですが、ヘタに気張ってコケるよりは断然マシですね。値段もタテ型ビッグカップとして無難な位置にありますし、具材にも個性が感じられたし、良品だと思います。間違いの無い美味しさ。それにしても肉そぼろが “アイツ” じゃなかったのは本当に意外でしたねw プライベートブランドの為せる業、といったところでしょうか。小麦ふすまと思われる芳ばしさも印象的だったし、きちんとコンセプトも果たせていて、さすがカレー味に強いエースコックとカレー専門店の老舗コラボだと思いました。多少、麺の弾力を犠牲にしなければいけませんが、敢えて放置し、麺とスープを一体化させて食べるのが美味しく食べるコツですかね。いや…私は粘度の高いカレー味のスープだと麺とスープを一体化させて食べたくなるので、私個人の好みによるバイアスかもしれませんけどw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋 フライドチキンカレー
製造者:エースコック
内容量:107g (めん80g)
発売日:2015年11月3日 (火)
発売地区:全国 (沖縄除くUGHD.系列店舗)
希望小売価格:193円 (税別)
JANコード:4901071282714

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:466kcal
たん白質:11.8g
脂質:16.4g
炭水化物:67.9g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.78mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:225mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、しょうゆ、砂糖、野菜エキス)、スープ(小麦粉、牛・鶏・豚エキス、植物油脂、カレー粉、野菜ペースト、食塩、糖類、カレールゥ、酵母エキス、牛脂、小麦ふすま、香辛料、リンゴパウダー、全卵粉)、かやく(フライドチキン、玉ねぎ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、重曹、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香料、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ごま

引用元URL:https://www.circleksunkus.jp/sp/product/detail/index.html?dataId=3407

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事