エースコック「極どろ 特濃煮干とんこつ醤油ラーメン」 - エースコック

エースコック「極どろ 特濃煮干とんこつ醤油ラーメン」



「アサヒ ザ・クラフトマンシップ クリスマスビア イヴ・アンバー」を飲みました。色の割にドライな印象で、そこそこの芳ばしさが特徴でしょうか。たしかに甘味も感じますが、そこまで強調されているわけではないですね。まるで黒ビールをブレンドしたかのような見た目ですけど、黒ビールのようなカラメル感はありません。それなりのクラフト感は演出できているものの、苦味は持たせながらも軽く(注意:筆者はドギツイI.P.A.をヘーキで飲みます)思ってたよりも飲みやすいビールでした。タイプ的にドライな「メルツェン」が好きな人は、ナチュラルにハマれると思います。同社のスーパードライ的な軽さ(良く言えばキレ)が少し印象とのギャップを生んでいたので、個人的にはボディに重厚感のあるクセを持たせて欲しかったところですが、パッケージの雰囲気的にも広い客層を狙っているようでしたし、アサヒらしいと言えばアサヒらしかったんですけどね。クリスマスビールに精通してないので、あんまり偉そうなことも言えないんですけどw カップ麺の製造メーカーに例えるなら、アサヒビールの立ち位置は日清食品のイメージでしょうか(笑)まぁアレですよ、昨日に続いて苦し紛れのクリスマス関連ネタですよw

さて、本日の一杯は、エースコックの「極どろ 特濃煮干とんこつ醤油ラーメン」です。高粘度スープを意識した、「どろ系」がコンセプトのカップ麺ですね。私、どろどろ高粘度スープが大好きなんですよ。もうね、 “箸が立つ” レベルじゃないと満足できないくらいw 有名どころでは、「天下一品」の「こってり」がイメージしやすいかと思うんですけど、あれじゃ物足りなくなってしまいましたw このシリーズは、あくまでも濃度の指標がコラーゲンにあるので、ラーメン屋さんのとは方向性が違うんですけどね。それを踏まえた上で実食したいと思います。





は、「しっかりとした噛み応えのある角刃の太めん」で、「スープと相性のよい、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。厚みのある角刃の麺で、ガッシリとした臨場感のある噛み応え。パッケージにも「厚切太麺」とあるように、しっかりとした食べ応えが感じられる油揚げ麺です。スープが高粘度なので、割と長時間アツアツなんですけど、時間経過による劣化が緩やかなのはポイント。ただし、スープの粘度と濃度が比例してなかったので、この麺だと主張が強すぎるような気がしました。それから粉末スープの関係か、フタを開けた時には上の部分が硬いままで、5分きっちり待っても戻り方にムラを感じたんですよね。数分後には(お湯を注いでから10分以上経過)あまり気にならなくなってきましたけど、わざわざ柔麺になるのを待つようにダラダラ食べるのも何か違う気がしますし、それでも最後まで戻りきってないような食感だったので、このあたりは早急に改善するべきかと。単に寒くなってきたので、気温や室温の問題なのかもしれませんが、それにしても妙に硬い部分がアチコチにあった…。スープにコラーゲン以外のインパクトを感じないので、もう少し細い麺を採用するのもアリだと思います。

スープは、「濃厚な豚骨醤油ベースに煮干しを加えたコクと香りのある味わいに仕上げ」て、「別添の調味油を加えることで、スープの旨みやコク、ドロッとした濃厚感を演出してい」るとのこと。たしかに粘度の高さは納得のいくレベルにありますけど、原材料は先頭にポークコラーゲンがあるように、あくまでも「どろ系」の指標はコラーゲンによるものです。なので豚骨感とか煮干感に濃厚さを求めると…アレ? ってなっちゃうんですよね。ポークコラーゲンによる粘度の高さと、おからパウダーによる “なんちゃって骨粉” 的なザラついた舌触りは面白い演出なのですが、それが “なんちゃって” 感を増長している、というネガティブさに繋がってしまうのが否めないところ。私は好きな演出ですけど、やはりそれに伴った濃度がないと、ちょっと不自然ですよね。もっと思い切って煮干を主張させるとか、豚骨のクセを漂わせてみるとか、結局コラーゲンじゃん、っていう印象に終わらない工夫がないと多くの人を裏切ってしまうと思います。でもでも、煮干感に若干のクセが感じられたのは好印象でした。ここもっとバシッ、とキメてくれたら拍手だったんですけどね。あとはタレの主張ですが、そこそこ塩気はあったものの、スープの粘度が高いので、もう少し醤油のキレを強調しても良かったように思いました。「どろ系」というコンセプトなので、このようなボヤけた印象はナンセンスです。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、メンマ、色調の良いねぎ」とのこと。程良く味付けした肉そぼろは、いつもの味が無いスカスカな肉そぼろですね…これ、ほんと美味しくないです。どうやって加工したら肉がこうなるのだw 混ぜたらあんまり気にならない具材と言うなら未だしも、ここまでくると食感が邪魔でした。無いほうがマシ。メンマは普段よりも薄かったので、食感は弱かったんですけど、風味はきちんと主張してました。ネギも大きめにカットされていて、こちらも風味が良かったです。ただ、どれも細かい具材だったので、混ぜてしまえばスープと一緒に時折、って感じだったんですけどね。

(標準は★3です)

まず「特濃」の指標が「コラーゲン」である、ということを念頭に置いて食べないと盛大にコケるので、今回そのようなスタンスで挑んだのですが…それでもコケました。シリーズの特性を理解すれば豚骨感には目を潰れるとしても、煮干もっと頑張れたんじゃないのかなー、という不満を感じてしまったことと、粘度が高い割にキレが無かったので、のっぺりした印象を受けてしまったんですよね。なので、今回は厳し目に評価しました。煮干に若干のクセを感じられたことには好感が持てたんですけど、そこを強調するとコラーゲン系でも個性のあるインパクトが出せたと思います。全ての人がカップ麺にインパクトを求めているわけではない、というのは重々承知してますし、あくまで高粘度ながらも食べやすい、というシリーズの方向性を踏まえると仕上がりに納得できなくもないのですが、やはり「特濃」と言われるとコラーゲンだけではない濃度も欲しくなりますからね。あと、ボヤけた印象はナンセンスかと。塩気に過剰反応する私が言うのですから、気になる人はかなり気になるんじゃないかなぁ…。私は高粘度であれば無条件で一定の満足感は得られるので、そこに振り切っているこのシリーズは好きなんですけど、ひとつのカップ麺として総合的に見た場合、改善点が多い気がしました。麺の戻りが妙に悪かったことは終始気になったので、早急に改善したほうがいいと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:極どろ 特濃煮干とんこつ醤油ラーメン
製造者:エースコック
内容量:91g (めん70g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278519

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) あたり

エネルギー:402kcal
たん白質:9.3g
脂質:16.3g
炭水化物:54.5g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:192mg

(食塩相当量:6.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(ポークコラーゲン、食塩、豚脂、豚エキス、糖類、おからパウダー、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、しょうゆ、オニオンパウダー、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、重曹、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ゼラチン

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1510_TLDN.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事