日清食品「行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ」 - 日清食品

日清食品「行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ」



ローソンの「鶏皮ぎょうざ」再来ということで、すごく気になってるんですけど、相変わらず猛烈な人気みたいですねー。今回で3回目(?)の発売らしいのですが、まだ食べたことがありません…(泣)どうやら “売れ過ぎて” 常時販売できないのだとか。ぬおぉー食べたいぞおぉー!(鼻息)

さて、本日の一杯は、日清食品の「行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ」です。今回のテーマは東京の魚介豚骨ということで、どのお店をインスパイアしてるのか気になって、「東京」「魚介豚骨」という単純なキーワードで検索してみました。どうもカップのデザインが「麺処 さとう」というラーメン店の丼と酷似していますね。縁に描かれた波のような模様も一致しますし、側面に描かれたツタのような模様も似ていました(その側面まで写り込んだ画像を探すのに手間取ったw)お店の味は分かりませんが、魚介と豚骨のバランス感、そして “特濃” の指標がズレてないかに注目して食べてみたいと思います。





は、「濃厚なスープとよく絡む、しなやかでコシのある中細ストレート麺」とのこと。中細よりちょっと太いかな? いつもの「行列」シリーズらしい質感のノンフライ麺で、角刃のエッジが麺の存在感を強め、濃厚なスープの中で光ります。プリプリとした歯触りが如何にもノンフライ麺らしい食感ではあるんですけど、その枠組みの中で見たときのクオリティは、さすが日清食品のフラッグシップモデル。濃厚なスープの中でも埋没しない存在感には好感が持てるのですが、スープとの一体感を考慮すると、湯戻し時間は1,2分長めに待つのがいいかもしれません。自分はワザとダラダラ撮影して、馴染んできた頃合いに食べるのが好みですw

スープは、「魚介のうまみと濃厚なとんこつスープを合わせた、コク深い特濃魚介とんこつ」とのこと。まさに王道の魚介豚骨スープですね。特に奇を衒った様子もなく、小難しい小細工も入れず、魚介と豚骨と真っ直ぐに向き合った結果たどり着いたようなスープです。ベースの豚骨は癖を抑えつつも豚骨らしい乳化感のあるコクを感じさせてくれ、そこに節系の芳ばしさとシャープな煮干の風味が加わるのですが、魚粉のリアルでストレートな魚介の主張が好印象。タレの醤油感にも一定の輪郭があったので、自分的には「魚介豚骨醤油」って感じだったんですけど、塩カド系の刺々しさはありませんでした。そして糖類によって甘味も添加されているのですが、自然な糖度でワザとらしさは一切なく、その甘味がまろやかに魚介のカドを包み込むと同時に、豚骨らしい甘味を演出する効果も担っていました。 “特濃” のレベルにあるかは個人の指標によると思うんですけど、間違いなく濃厚と思える重厚感は感じられると思います。濃厚なスープだったのに、単調さやボヤけたような印象、嫌味なクドさを感じなかったのは、油脂のバランスとタレの醤油感、具材のタマネギによるアクセントが効果的だったからでしょう。じわじわ増してくるような旨味があって、バランス重視型として素晴らしいスープだと感じました。

かやくは、「食べごたえのある大判焼豚、スープと食感にアクセントを加える風味豊かなタマネギ」とのこと。大判焼豚は相変わらずのクオリティで、今回は脂身タイプ。この大判焼豚には赤身タイプもあって、どうやら個体差ではないようですね。自分はこのジューシーな脂身タイプが好みです。ややデフォルメ感の否めない肉具材ではあるものの、この充足感は他の製品では得られないので、まさに唯一無二の存在と言えるでしょう。濃厚なスープの中で脂身のジューシーさが相乗効果を生んでいて、口の中でジュワ〜・・・っと広がる旨味に顔が綻びました。ほんと焼豚だけバラ売りして欲しいですw ネギは飾りに過ぎませんでしたが、とりわけタマネギは今回のキーマンで、タマネギらしい甘味と若干の辛味があり、特有の甘味はスープの甘味と重なってコクを深めてくれていたし、特有の辛味は濃厚スープにメリハリを生むアクセントに。タマネギの入ったカップ麺も珍しくなくなってきましたけど、ここまでタマネギのメリットが感じられる製品は中々ないかと。スープが濃厚な魚介豚骨スープだったので、雰囲気的に風味の強いメンマも欲しかったんですけど、スープの秀逸な出来を考慮するとコスト的な問題も納得できますし、高望みかもしれませんね。しっかりとスープにコストを注いでいることが分かるのですが、いつもの大判焼豚が充足感を満たしてくれてますし、効果的なタマネギで機能も補うなど、よくバランスが考えられていると思いました。もう少し具材にコストが回せそうなら、別添で焼き海苔でも入ってたら盛り上がったかもしれませんね。スープの雰囲気的にも合うと思うので、セルフトッピングできそうな人は是非。

(標準は★3です)

いやいや、素晴らしかったです。バランス型として欠点らしい欠点が見当たらず、まさに王道の魚介豚骨でした。どこか一点が突出しているわけではないんですけど、それだけに良い意味でトータルバランス重視型の仕上がりで、日清食品らしくて良かったと思います。それにタマネギ、かなり効果的でした。これが主役ってほどのインパクトではないんですけど、脇役としては勿体無い活躍ぶり。くっきりと印象に残りました。あとは価格帯との兼ね合いですね。これを高いとするか安いとするかは人それぞれだと思うんですけど、特にスープは下手なラーメン店にも負けない本格的な仕上がりだったので、これが300円ちょっとで味わえるわけですから、倍近い値段を払ってラーメン店でハズすよりも、ずっと安パイだと私は思います。日清食品のフラッグシップモデルとして恥のないクオリティだったので、魚介豚骨醤油系が好きでカップ麺に理解がある人には間違いなくオススメです。あ、それからですね、この記事を見てくださっている方の中に「麺処 さとう」に行ったことがある、という方がおられましたら、是非とも情報提供お願いします(ぺこり)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ
製造者:日清食品
内容量:121g (めん70g)
発売日:2015年10月12日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:290円 (税別)
JANコード:4902105233108

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・後入れかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (121g) あたり

エネルギー:439kcal
たん白質:14.1g
脂質:15.0g
炭水化物:62.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:175mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:439kcal (めん・かやく:331kcal / スープ:108kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、醤油、卵粉、チキンエキス)、スープ(醤油、ポークエキス、豚脂、糖類、魚粉、チキンエキス、食塩、ねぎ、魚介調味油、発酵調味料、魚介エキス、酵母エキス、香味油、ポーク調味油、植物油脂)、かやく(チャーシュー、玉ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸Ca、トレハロース、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、さば、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4745

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事