明星食品「明星 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」 - スポンサー広告明星食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星食品「明星 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」



今更ながら、セブンイレブンの「セブンカフェ ドーナツ」を食べました。「チョコオールドファッション」「もちもちスイートリングドーナツ」「白バラ牛乳のホイップドーナツ」「白バラコーヒーホイップのドーナツ」の4つを買ったんですけど、いやー美味しかったです。某有名ドーナツチェーン店にも引けを取らない完成度、お見事でした。最近のコンビニは侮れませんな。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」です。「銀座デリー」お店の名前を私はカップ麺で初めて知ったんですけど、有名なインド・パキスタン料理専門店なんですね。カップ麺の題材にもなった「カシミールカレー」はレトルト製品もあるようで、比較されている方も多かったです。実店舗はもとより、レトルトカレーも未経験なので、関連製品は今回が初。パッケージの側面には「STRONG HOT」「極辛」の文字があったり、実際のカレーも辛口みたいなので、刺激にも期待して食べたいと思います。


ぬぉっ・・・w



は、「香ばしく味付けした、スープのりの良いノンフライ麺」とのこと。鶏肉エキス,香味調味料,香辛料などで味付が施された細めのノンフライ麺で、ノンフライ麺なのに油揚げ麺のようなスナック感があります。麺自体の風味も含め、このノンフライ麺の特徴は「すこびる辛麺」の麺にも同様に見られるのですが、今回は規定の時間を守ると柔らかめに仕上がりますね。でも単に耐久性が脆いとかそういうわけではなくて、香辛料の主張が強く粘性の低いシャープなスープに合わせて麺とスープの馴染みに重きを置いた為、あえて柔らかめに仕上がるよう調整されているような印象を受けました。まぁ湯伸びが早いことに変わりはありませんが…w 細身でスープの絡みがよく、麺の味付も功を奏していて、スープとの一体感は高かったです。自分はスープ馴染みが良くていいなー、と素直に思ったんですけど、柔らかめの麺が苦手な人は早めにフタを開けたほうがいいかもしれません。

スープは、「チキン、ビーフの旨みをベースに、カレー粉、フライドガーリック、ローストオニオンを加えたカレースープ」で、「銀座デリーのNo1メニューである『カシミールカレー』の特長的な辛味とともにロースト感を感じる極辛のラーメンスープにアレンジし」て、「スパイスには、クミン、コリアンダー、ローリエ、ナツメグなどを使用し」たとのこと。まず気になっていた辣味ですが、結構ガツンと辛いです。「極辛」とまではいかないものの、カップ麺としてはきちんと辛い部類に入ると思います。激辛フリークには屁の河童だと思いますけど、辛い食べ物が苦手な人はヤメときましょうレベル。日清食品なら “警告文” を記載していたでしょうね(笑)それに唐辛子系の辣味だけでなく、麻味を感じたのも印象に残ったポイント。よくある濃厚系のコク深いカレー味ではなくて、ハッキリと香辛料を際立たせたシャープなカレー味です。そして刺激の奥から感じる甘味が奥行きを生んでいて、原材料では筆頭の香辛料に続いてグラニュー糖の文字があるんですけど、わざとらしい主張ではありませんでした。製品説明にあるように多種多様なスパイス感も然る事乍ら、辛さの中にある甘さ、後口に残るフライドガーリックやローストオニオンによる特有の芳ばしさと若干のホロ苦さなど、かなり複雑味があって食べていて楽しかったです。カレー味のカップ麺はトロミをつける傾向にありますが、こちらのスープは粘性が控えめ。フタには「カップの底までよくかき混ぜてください」の文字があるんですけど、執拗にかき混ぜてもトロミは出ませんでした。しかし、それが功を奏していて、スパイスを強調したシャープさや複雑味がダイレクトに伝わってきたので、トロミの無さは正解だったと思います。スパイスの粉っぽさが気になる人もいるかもしれませんが、私は本格的だと感じました。

かやくは、「キャベツ、ダイス肉、ポテト、ニンジン、スイートレッドペッパー」とのこと。キャベツはラーメンに合わせ、とりあえずボリュームを稼ぐ為に入れたのかと思いきや、意外と相性が良いですね。今回はスープの香辛料が強かったので、キャベツの甘味が箸休めになる感じで良かったです。ダイス肉はジャンクさあふれる肉具材で、逆に今回のスープは本格的だったんですけど、そんなスープの雰囲気を崩すことはなく、カップ麺らしいジャンクさも上手くハマっていました。カップ麺好きなら単体で楽しめる肉具材だと思いますし、容器がタテ型カップということと、麺にもスナック的な要素があったので、それが違和感を感じさせなかったバランスだったのかもしれません。ポテトとカレーの相性は言うまでもなく、人参はコリコリとした歯応えで楽しませてくれて、これといった不足感のない具材構成でした。それぞれの量も大丈夫だと思います。

(標準は★3です)

私は実際のカレーを食べたことがないので、再現度は分かりませんが、お店のカレーもこんな感じなのかなー、と思えるような仕上がりでした。しっかりとしたスパイスの効かせ方が印象に残る一杯で、複雑味のあるスパイス感やホロ苦さ、辛味と甘味の兼ね合いなんかが癖になる感じ。そしてカレー味のカップ麺にしては珍しく粘度も控えめで、それが功を奏したスパイスのダイレクトさが心地よかったし、本格感があって既存の製品とも明確な差別化を図れていたのが好印象。各方面の感想を見ると、実際のカシミールカレーらしい雰囲気が感じられる、といった再現度の高さを褒めている声も多かったので、おそらく再現度も高いのでしょう。きちんと “監修” の意義が感じられるカップ麺だと思います。実際の店舗は遠いので、ちょっと気軽に足を運ぶことはできませんが、レトルトカレーを見つけたら買ってみようと思いました。運良く私の住むど田舎に流れ着いたらの話ですけどねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン
製造者:明星食品
内容量:89g (めん65g)
発売日:2015年9月28日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427418

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:358kcal
たん白質:8.9g
脂質:8.0g
炭水化物:62.6g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:1.29mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:149mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:358kcal (めん・かやく:313kcal / スープ:45kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.0g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏肉エキス、粉末油脂、香味調味料、香辛料)、スープ(香辛料、グラニュー糖、カレー粉、デキストリン、たん白加水分解物、鶏肉エキス、食塩、香味調味料、乳等を主要原料とする食品、カレー調味料、ビーフエキス、ローストオニオン粉末、発酵調味料、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉、フライドポテト、人参、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、炭酸カルシウム、香料、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ごま、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4596

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。