東洋水産「マルちゃん 昔ながらの焼ラーメン」 - 東洋水産

東洋水産「マルちゃん 昔ながらの焼ラーメン」



本日2回目の更新で、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの焼ラーメン」です。つい先日、焼ラーメン発祥の店と言われている、「小金ちゃん」(サンヨー食品)のカップ麺を食べたばかりですが、「昔ながら」シリーズからも焼ラーメンが登場。このシリーズは安定して美味しいイメージなので、実食前の不安が殆どありません。熱湯1分かー。カップ麺の3分って妙に長いのに1分だと急に短くないですか?w





は、「湯戻し1分で、コシと弾力のある食感の細麺」とのこと。「俺の塩」と同じ油揚げ麺でしょうか。熱湯1分の細麺という部分も一致しますし、原材料の構成も全く同じで、体感的にも差異を感じませんでした。細身でありながらコシを感じることと、噛んだ時のプリッ、とした歯切れの良さが特徴的。焼ラーメンの雰囲気ともピッタリ噛み合っていて、東洋水産らしい精製ラードの芳ばしさと油揚げ麺特有のジャンクな風味もスープと合っていました。「俺の塩」で質の高さは実証済みですし、さすが東洋水産のメインウェポンのひとつとして堂々と君臨しているだけのことはありますね。柔軟性もあって、完成度の高い油揚げ麺だと思います。

スープは、「ポークの旨味に、にんにくの風味を利かせ、ねぎ、ごまを加えた豚骨味のスープ」とのこと。「元祖」では大きな特徴のひとつとなっていたウスターソースなどの風味はなく、はっきりと豚骨が軸になっていることが分かります。その豚骨感はインスタントらしいオーソドックスなタイプなんですけど、しっかり豚骨と分かる旨味があって、じんわり残るポークの風味が後引く味わいで、素直に美味しいと感じました。そして豚骨臭こそなかったものの、抜けるように香るジャンクな獣臭を漂わせていたのが好印象。この動物系特有の風味によって、満足度が一気に跳ね上がりました。ニンニクも分かり易く効いていて、特製油(胡麻油)の香りも強め。豚骨,ニンニク,胡麻油という主張の強い要素が組み込まれているのですが、あくまでニンニクと胡麻油は豚骨を押し上げることを第一目標にしているというか、消し合ったり邪魔し合ってなかったのが良かったです。もっと豚脂の含有量を増やしてもいいかなー、とも思ったのですが、今回はそれぞれのバランスが秀逸だったので、特にケチをつける要素が見当たりませんでした。強いて挙げれば、粉末スープの小袋にネギと胡麻も入ってたんですけど、胡麻の風味がスープと相性よかったので、もっとたくさん入ってると嬉しかったです。

かやくは、「キャベツ、紅生姜」とのこと。キャベツは特に書くことないんですけど、紅生姜は生タイプで存在感がありますね。麺が油揚げ麺ということと、今回のスープはそれなりに油脂感もあったのですが、多めの紅生姜が加わることによって、清涼感が合間合間に重さを和らげてくれる効果的な名脇役に。いや、紅生姜は生タイプだったので、量が偏った部分では主役並みの存在感を放ってたんですけどねw でも生タイプということが功を奏し、意図的に自分で避けたり拾ったり調整ができるので、気分に合わせてつまめる感じが良かったです。あとキクラゲとかも入ってたら嬉しかったかなー。ネギと胡麻を後入れのフリカケにするのも効果的だと思いますし、紅生姜を減らして揚げ玉を入れてみても面白いかもしれませんね。

(標準は★3です)

「小金ちゃん」では味付にウスターソースを使用していましたが、こちらは豚骨ラーメンをストレートに汁なしアレンジしたような仕上がりでした。なので元祖とは全く雰囲気が異なる焼ラーメンだったんですけど、どちらかと言うと自分が慣れ親しんでいた味付はコッチだったんですよね。「昔ながら」なのに、「元祖」とは違うっていうのもどうかと…あ、多分そこは触れちゃダメな感じですね、きっとw 同社のチルド麺で発売されていた、「マルちゃん ニッポンのうまい!ラーメン 博多焼きラーメン」という製品も食べたことがあるんですけど、それもウスターソースっ気の無い豚骨スープがメインの焼ラーメンで、しかも豚骨感しっかりめで美味しくて、なんだか通じるものがあったなー、と。一般的な焼ラーメンのイメージや定義、そもそも全国的な浸透率さえ分かってないんですけど、シンプルに “汁なし豚骨ラーメン” と例えて差し支え無いストレートな仕上がりだったので、「焼ラーメンはこうだ!」といったこだわりさえなければ、凡そ万人が素直に楽しめるカップ麺だと思います。いろいろ差し引いて総評は★5にしましたけど、個人的に何個か買い置きしときたいカップ麺でした。あ、それから粉末スープをテキトーにバサッ、と出したらダマになって混ぜにくかったのでw 調理の際はお気を付けください。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 昔ながらの焼ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:107g (めん90g)
発売日:2015年7月20日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990333801

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:560㎖
調理時間:熱湯1分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・特製油・かやく・紅生姜)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:516kcal
たん白質:9.8g
脂質:25.6g
炭水化物:61.5g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:207mg

(食塩相当量:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、卵白)、添付調味料(植物油、ポークエキス、デキストリン、香味油脂、食塩、乳糖、砂糖、醤油、たん白加水分解物、香辛料、ごま、ねぎ)、かやく(キャベツ、紅生姜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、アカキャベツ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1507_mukasinagara_yaki.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事