日清食品「沖縄そばの名店いしぐふー」 - スポンサー広告日清食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品「沖縄そばの名店いしぐふー」



休肝日を定期的に設けるようになり、肝機能が向上して代謝が上がったのでしょうか。日に日に体重が減ってきて、ちょっとヤバい領域に入ったかもしれません…w 気が付いたら息するの忘れてたり、ぼーっとしてたら心臓とか止まるんじゃないかと冷や冷やして…いや、マジでw もっと喰わねば…!(涙目)

さて、本日の一杯は、日清食品の「沖縄そばの名店いしぐふー」、ファミリマート限定発売のカップ麺です。「いしぐふー」という沖縄そばの専門店が監修したカップ麺で、どうやら今回が初めてではないようですね。私は初めて耳にする店だったので、軽く調べてみたところ、アグーだし・手もみ麺・かつお節にこだわった、昔懐かしい沖縄そばの原点を強く意識している沖縄そば屋だそうです。具材には「ヒラヤーチー」という薄焼き玉子が乗っていて、シンプルなビジュアルが目を引きます。沖縄県内では多数店舗を構えていて、沖縄インターネット放送局の沖縄そばランキングで1位になるなど、かなり有名な沖縄そば屋みたいですね。開発は日清食品が担当しているということもあって、実食前の不安もありませんし、期待したいと思います。沖縄そばって独特な食べ物だと思うので、こうやって手軽にカップ麺で雰囲気が味わえるのは嬉しいですよね。再現度なんかは分かりませんけどw





は、「有名店シリーズ」で頻繁に採用されるタイプのストレート油揚げ麺かと思いきや、熱湯5分のしっかりとした存在感のある麺で、お店の手揉み麺を再現するためか、少しだけ縮れが付けられています。カップ麺で沖縄そばというと、「かんすいを使用したうどん」みたいな麺が採用される傾向にあるんですけど、それらとは一線を画してますね。日清食品らしさも健在で、油揚げ麺特有の風味は至極控えめで上品。油揚げ麺なのに油っぽくなくて、スープの邪魔をするようなネガティブな印象を与えません。スパッ、とした歯切れの心地よさなんかも相変わらずなんですけど、低加水系の軽い食感ではなく、歯切れの良さと密度の高いモチモチとした粘り気をのある弾力を兼ね備えています。経時劣化耐性も高く、最後まで歯切れの良さとコシが持続していました。麺の質感とスープの力強さもマッチしていたし、文句無しの取り合わせだと思います。っていうかヘタなノンフライ麺より本物っぽいかもw そう思えるくらい手放しに美味しい油揚げ麺でした。優秀、超優秀。

スープは、「カツオダシと豚の旨味を効かせた、あっさりとしたスープ」とのこと。「あっさりとした」と製品説明にはありますが、なんのなんの、力強いスープです。豚も鰹も主張は明確で、沖縄そばらしい独特の風合いを醸し出してました。液体状の小袋は付属に無いので、油脂感は控えめという点でみるとアッサリしているとも言えますが、弱々しさは全く感じません。シンプルで派手さこそありませんが、しっかりと土台は固められていて、そのテイストは沖縄そばの王道を行くような仕上がり。油揚げ麺が安定の日清食品クオリティなので、油揚げ麺が持つ油脂感のいいところだけがスープに寄与していたというか、邪魔をせずにコクを深めてくれているようでした。タレの主張もしっかりとしていたのですが、柔らかさを感じる甘味によって余分なカドは削られています。その甘味が層を深めてくれていて、それぞれがハッキリと主張しているのですが、ただ安直に濃いわけではなく、計算して凝縮したような旨味がありました。塩分濃度も厳しくなかったです。

かやくは、「卵、味付豚肉、ねぎ」とのこと。さすがにヒラヤーチー(大きな薄焼き玉子)は入っていませんでしたが、原材料でも味付豚肉より先に卵の表記がありますし、実際ひと目で玉子が多めに入っていることが分かります。ふわふわとした優しい食感と風味で、スープの濃度とも程よくマッチしていました。味付豚肉は加工感満載のチャーシューチップ的なアレだったんですけど、気になるほど安っぽい印象は受けなかったし、たくさん入っていて満足度は高かったです。ネギも薬味によくある小葱がたくさん入っていて、シンプルながらも不満を感じさせない内容でした。中途半端に統一性のない具材がゴチャゴチャいろいろ入ってるよりも、今回のように押さえるべきポイントをしっかりと押さえ、シンプルな分だけ量で満足させてくれた方が分かり易く手応えがあっていいですね。

(標準は★3です)

手放しに楽しめる完成度の高い麺に、凝縮したような旨味を感じる丁寧なスープ、シンプルかつ不満を感じさせない内容の具材構成など、ひとつの沖縄そばカップ麺として見て完成度が高く、日清食品が持っている強みが詰まっているようでした。文句無しの★5です。どこか突出して目立つ部分があったわけではないのですが、まさに沖縄そばの王道を強く意識しているような仕上がりで、安定感と総合力の高さが光る一杯でした。シンプルに完成度の高い沖縄そば系のカップ麺が食べたい時、こちらの期待を大きく裏切ることはないでしょう。オススメです。総じて方向性がオーソドックスだったことと、それでいて弱さを感じさせない芯の強さから、いろいろなアレンジにも順応してくれそうですね。コーレーグース(島唐辛子の泡盛漬け)や、ヒバーチ(島胡椒)、紅生姜や七味唐辛子なんかをトッピングすると雰囲気が盛り上がりそうです。実際のお店では薬味としてワサビとカラシが提供されるそうなので、そんな味変も新鮮味があっていいかもしれませんね。それからこれは店舗情報を調べているときに得た知識なんですけど、「温泉たまごかけご飯」というメニューがあるみたいなので、スープが残ったら卵かけご飯にかけて〆てみるのもいいかもしれませんよ。合いそうな感じでした。想像ですけどw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:沖縄そばの名店いしぐふー
製造者:日清食品
内容量:97g (めん80g)
発売日:2015年7月14日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4902105238257

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (97g) あたり

エネルギー:428kcal
たん白質:10.3g
脂質:15.5g
炭水化物:62.0g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:147mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:428kcal (めん・かやく:383kca / スープ:45kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:2.1g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(糖類、魚介エキス、醤油、ポークエキス、豚脂、かつおパウダー、香味油、オニオンパウダー、酵母エキス、香辛料、チキンエキス、昆布パウダー)、かやく(卵、味付豚肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、グリセリン、カラメル色素、香料、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カロチノイド色素、ビタミンB 2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.family.co.jp/goods/thisweek/150714/hc0g7400000xiru7.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。