日清食品「日清 仙台みずさわ屋 中華そば」 - 日清食品

日清食品「日清 仙台みずさわ屋 中華そば」


背中で語るヤマモト(仮)w

今日も暑いですねぇ…。昨日は土用の丑の日ということで、鰻を食べました。でも鰻の旬って実は冬なんですよね。現在では「土用の丑の日=夏」というイメージが根付いていますが、そもそも「土用」というのは四季それぞれにあって、四立(立春,立夏,立秋,立冬)の前約18日の期間に当たります。その中で「丑の日(十二支)」に当たる日を、「土用の丑の日」としているんですよね。で、鰻の本来の旬である冬とは真逆の夏は、鰻の売れ行きが悪かったという理由から、販売促進手段として始まったというのが一説。それにホイホイ乗せられて、今年も旬のズれた鰻を食べたわけなんですけどw スーパーなんかに行くと、鰻の横に「さんまの蒲焼」なんかもあったりして、ちょっと感心しました。そっちもまだ旬じゃないけどw

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清 仙台みずさわ屋 中華そば」、ファミリーマート限定発売のカップ麺です。「行列の絶えない人気店」なんて言われたら、自ずと期待値も高まりますよね。ラーメン激戦区と言われている愛子エリア(仙台西地区)で、町おこしをすべく結成された団体「結麺会」にも加入しているお店だそうです。パッケージにもロゴがありました。岩手県出身の店主が作る、昔ながらの中華そばが有名なお店だそうです。カップ麺化は今回が初めてではありませんが、私は今回が初の実食。細麺+魚介醤油スープが特徴の中華そばとのことなので、各々の主張とバランスの振り方に注目ですね。あー、牛タン食いてぇ。←





は、加水率の低い細麺で、小麦感がしっかりしてますね。鼻を抜けるほど強くはなかったんですけど、きちんと香りがありました。またその風味とスープの相性が良好で、個人的に醤油スープ+低加水麺という組み合わせが好みというのも理由のひとつですが、そのバイアスを抜いても取り合わせとしては綺麗に纏まっていたと思います。自己主張も程よいバランスで、そっとスープに寄り添うような慎ましさが好印象。パッツン系ほどではなかったものの、スパッ、とした歯切れの良さは小気味が良かったし、スープの馴染みも良く、まさに「中華そば」って感じの麺でした。ただ、もう少し醤油のキレが立った鋭利なスープの方が、この麺の持つポテンシャルを最大限に引き出せそうというか、そんなスープでも食べてみたいです。

スープは、「鶏ガラと魚介系のダシを効かせた芳醇醤油スープ」とのこと。魚介の要素が組み込まれた醤油ベースのスープなんですけど、この手のテイストで原材料にサバが入ってないのは珍しいですね。そして油脂だけでも魚介調味油,野菜調味油,香味油と3種類使われていて、独特の炙ったようなスモーキーな風味が印象に残りました。そこそこの油脂感を持たせながら、こってり系ほどの重みは無くて、すっきりとした印象を与えつつ肉厚。そんな動物系のコクがきちんとあって、魚介が全体を柔らかく包み込みます。どちらかというと節系よりも煮干寄りの魚介感が中心になっているのですが、攻め立ててくるようなタイプではないですね。私は煮干が一本バシッ、と通っているような骨格の太いスープが好みですが、今回のような包容力のあるタイプもアリだなー、と。醤油ダレにもカドはなくて、全体的に繊細で優しい味わい。自然な甘味がカドを削っているようで、鋭利な印象は全く受けません。ただ、よく言えば上品なスープなんですけど、少しボヤけているようなイメージが無きにしも非ずでした。ちょっと優等生すぎたかなぁ。

かやくは、「チャーシュー、ねぎ、味付メンマ」とのこと。チャーシューは超(スーパー)厚切焼豚ではなかったんですけど、それを薄くスライスしたような感じで、なかなかジューシー。箸で持ち上げると脂身の部分が分裂しましたがw チープな肉具材ではなかったです。メンマの歯応えはしんなり系だったのですが、発酵感はきちんとありました。ネギは薬味系と具材系の2種類入っていて、小振りなネギは意識しなくてもアクセントになっていたし、大振りのネギは甘味があって量も不足感はありませんでした。「かやく」と書かれたピンク色の小袋の中身はフルでネギだったので、後入れしてみてもいいかもしれませんね。

(標準は★3です)

派手さこそなかったものの、じわじわくるような旨味のある一杯でした。思ってたよりも塩気が控えめだったので、少しお湯を少なめに調理するのがいいかもしれません。仕上がりは決して悪くないんですけど、税込250円オーバーのハイエンドカップ麺なので、もう少し分かり易く突出したインパクトがあっても良かったかなぁ、と思いました。インパクトの無さを繊細とするか、物足りないとするか、そこが評価の分かれ目になるでしょうね。再現度の方は分かりませんが、実際のお店も優しい味わいが特徴なのかもしれません。1回の実食だと少し印象に残りにくい感じだったんですけど、2杯,3杯と食べることで、何かが見えてきそうな気がしました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清 仙台みずさわ屋 中華そば
製造者:日清食品
内容量:104g (めん65g)
発売日:2015年5月26日 (火)
発売地区:- (Family Mart)
希望小売価格:249円 (税別)
JANコード:4902105238264

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体スープ・2つのかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (104g) あたり

エネルギー:394kcal
たん白質:10.5g
脂質:16.6g
炭水化物:50.7g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:143mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:394kcal (めん・かやく:318kca / スープ:76kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、でん粉、卵粉、植物油脂、大豆食物繊維、植物性たん白)、スープ(醤油、動物油脂(豚・鶏)、チキンエキス、たん白加水分解物、魚介調味油、糖類、ポークエキス、野菜調味油、魚介エキス、香辛料、椎茸エキス、昆布エキス、いわしパウダー、香味油、メンマパウダー)、かやく(チャーシュー、ねぎ、味付メンマ)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、加工でん粉、炭酸Ca、酒精、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、いかを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・いか・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事