サンヨー食品「サッポロ一番 塩とんこつラーメンどんぶり」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 塩とんこつラーメンどんぶり」


ヤマモト(仮)には愛犬がいますw

本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩とんこつラーメンどんぶり」です。今年の1月に袋麺が発売されているのですが、そのカップ麺版に当たる製品ですね。袋麺は以前とある方に丸投げされて、冒頭文で軽く(?)レビューしてるので、それが今になって図らずも満を持したような結果になったようです。だからってのっぺりまるむ氏に感謝はしませんけどねっ!(何と無く不透明な敗北感w)





は、「ハリとツルミがあり、コシのあるめん」とのこと。袋麺では少し黄色っぽい麺だったので、ちょっとイレギュラーな雰囲気だったんですけど、カップ麺ではサンヨー食品らしい白っぽい見た目でした。どんなスープにも合いそうなオーソドックスな質感と、ほんのり奥から感じる独特の甘味が如何にもサンヨー食品らしいと思わせてくれます。豚骨だからといって細麺というわけではなく、あくまでも「このカップ麺」に合わせて調整してある模様。湯戻し3分の至って中庸的な油揚げ麺ですが、それが功を奏していると私は感じました。若干ふやけるのが早い旧世代系の麺だったので、少し早めに食べ始めるのがいいかもしれません。しかし、それすらもインスタントらしいと素直に受け入れられる感じ。これぞサッポロ一番どんぶりマジックというか、(また勝手に変な造語をつくるw)この製品の雰囲気にも合っていたし、敢えてのチープさが個人的に好印象でした。うんうん、これも持ち味ですなー。キレのあるスープとの相性もバッチリですよ。

スープは、「とんこつのうまみに、ガーリックなど香味野菜のコクを合わせ、昆布や魚介の風味をほんのりときかせた、まろやかでコクのある塩とんこつ味」で、「切り胡麻でより豊かな風味に仕上げ」たとのこと。袋麺と比較すると原材料の並びに違いはありますが、概ね構成は同じですね。豚骨感は癖のないタイプなんですけど、動物系の要素はチキンエキスの後押しもあって、まろやかなコクと旨味がきちんとあります。そして昆布出汁と魚粉の風味が程良い下支えになっていて、「塩とんこつ」という名の通り塩気によってキレのある後味。さらに同社の「塩らーめん」に通じるような独特の香味感が印象深く、芳ばしい切り胡麻によってサッポロ一番らしさが一気にブースト。派手さこそなかったものの、ハッキリとした個性を持っています。調味油などは入っていないので、獣臭や油脂感は殆どありません。それによって塩のキレが際立ち、シャープな豚骨味というありそうで中々ない方向性に。それでいて香味野菜と魚介の風味、胡麻のアクセント、ホワイトペッパー系の軽いスパイス感によって、最後まで飽きのこない味わいです。

かやくは、「キャベツ、かき卵、メンマ、ねぎ」とのこと。キャベツはこってり系のスープにはよく合う具材ですが、今回のスープは特にこってりしているわけでもなかったし、むしろシャープな路線。しかし、程良いキレを感じるスープの塩加減がキャベツの甘味を自然に引き出しているようで、とても相性が良かったです。袋麺の時もキャベツが合いそうと思いましたし、香味感を中心に「塩らーめん」の流れを汲んでいたというのも相性が良かったポイントのひとつでしょう。サイズも大きめで瑞々しく、存在感のある具材でした。反面、かき卵はちょっと存在感が薄かったですね。袋麺では溶き卵を途中で回し入れたら美味しかったので、もうちょっと主張が欲しかったです。メンマはきちんと発酵感があったんですけど、厚みの割に柔らかかったのが少し残念した。肉具材は入っていませんでしたが、これに関しては正解だと思います。取り敢えず、キャベツ増量希望。

(標準は★3です)

袋麺の時にも感じたことですが、同社の「サッポロ一番 塩らーめん」で培ってきたモノを上手く応用していると思いました。豚骨自体に個性は感じられなかったものの、後味にキレのあるシャープな豚骨味に、慣れ親しんだ塩らーめんを彷彿とさせる香味感が印象深く、まるで昔からあったかのような安定感を見せつつオリジナリティの強い製品に仕上がっています。特別美味しいとか、そういうわけじゃないんですけど、こういう豚骨味もアリだと思えるし、サンヨー食品らしさがあって良かったです。総評は★3としていますが、安定感と新鮮味の両立、その総合力の高さは素直に評価したいし、製品バランスは★の数以上だと思ってください。このまま袋麺が市場に定着していけば、このカップ麺のレギュラー化も有り得るでしょう。あとは「塩らーめん」のような熱狂的なファンを獲得できるかどうか、そこが生き残るための重要なポイントになりそうですね。個人的にはイイ線いってるなー、と思いました。新しい豚骨ラーメンというよりも、既存の「塩らーめん」の亜種として捉えたほうが親しみ易いかもしれません。読んで分かる通り、袋麺の時と概ね感じた印象は同じですねw なので袋麺のイメージで食べても裏切られないと思います。袋麺をカップ麺化した製品はこう在るべきというか、抜群の安定感でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 塩とんこつラーメンどんぶり
製造者:サンヨー食品
内容量:80g (めん60g)
発売日:2015年5月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734024538

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (特製スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (80g) あたり

エネルギー:358kcal
たん白質:7.0g
脂質:15.4g
炭水化物:47.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:358kcal (めん・かやく:286kca / スープ:72kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、粉末卵)、スープ(食塩、糖類、ポークエキス、ごま、植物油脂、デキストリン、香辛料、タラ粉末、チキンエキス、昆布粉末、たん白加水分解物、煮干いわし粉末、さば節粉末)、かやく(キャベツ、味付卵、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、増粘剤(キサンタン)、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事