日清食品「チキンラーメンビッグカップ ピリッと辛口担々風」 - 日清食品

日清食品「チキンラーメンビッグカップ ピリッと辛口担々風」



私は珈琲(ブラック)が大好きで、数年前まではカフェイン中毒か、ってくらい毎日のように飲んでいました。実際、軽く中毒だったんでしょう。エスプレッソマシーンを買って自分で抽出したり、どっぷり凝ってた時期もあったんですよね。煙草は数年前にヤメたんですけど、その頃は煙草と珈琲さえあったら生きていけると思ってましたw で、煙草をヤメたと同時に珈琲もあんまり飲まなくなって、ほんとたまに勧められたら飲むくらい。私は普段から間食も水分補給もあまりしないんですけど、休日の午後、ふと急に珈琲が飲みたくなって、家で飲んだら妙にあったかい気持ちになって、めちゃくちゃ美味しかったんです。いや、なんの変哲もないただのインスタントコーヒーだったんですけどねw 漠然と美味しくて。自己暗示なのか珈琲のリラックス効果なのかは分かりませんけど、なんだか頭もスッキリ冴える感じで。これからは意識的に飲むようにしようかなー、と。ってこのままじゃ誰の得にもならない冒頭文になってしまうので、(いつもの事ですけどw)珈琲の効能でも・・・。適度(これ重要)な珈琲の飲用は、消化促進,強心作用,利尿作用,脳の活性化,糖尿病・心筋梗塞・痴呆症の予防,ダイエット効果,抗酸化作用(アンチエイジング),抗がん作用(肝臓,消化器官)アセトアルデヒドの排出(二日酔いに効果的)などが期待できます。もちろん何事も過ぎれば毒、自分の身体と相談しながら飲み過ぎに注意して、上手に付き合ってみてください。一気に過剰摂取するのではなく、1日数回に分けて少量ずつ飲むと負担になりにくいみたいですよ。飲み過ぎると耐性がついたり、中毒症状が出てしまうので、気を付けましょう。

さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ ピリッと辛口担々風」です。基本的にチキンラーメンは具材で変化をもたらすことが多い傾向にあるんですけど、今回は別添の小袋(担々風オイル)がフタ上に貼り付けられていて、原材料にも「スープ」の項目があります。いつもの具材だけ変えました、よりは期待できそうですが、チキンラーメンですからねぇ(苦笑)ちなみにこの製品は、チキンラーメンの「アレンジレシピ」シリーズ第1弾に当たるようです。





は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。いつもの慣れ親しんだ芳ばしい味付麺なんですけど、今回は別添で小袋(スープ)がついているからか、気持ち色が薄く、ノーマルバージョンよりも薄味に感じました。もしかしたら別添オイルで相殺されていただけかもしれませんが、結果的にバランスは良好。一辺倒にはならず、チキンラーメンらしさを残しつつ担担風に順応しているようでした。尚、こいつの吸水力はハンパじゃなくて、ダラダラ食べてたら一気にスープ持ってかれますので、お気を付けてw 私は少し伸びてフヤけたチキンラーメンの麺も安っぽくて好きなんですけどね(笑)

スープは、「国産チキンを100%使用した、ローストしょうゆの味わいの元祖鶏ガラスープ」に、別添のオイルで「練りごまとピーナッツバターのコクに唐辛子の辛さを利かせた」とのこと。原材料を見ると担々風オイルには、「ねりごま,植物油脂,ピーナッツバター,小麦粉,香味油」などが含まれているようです。いつもはあくまで核にチキンラーメンがドーンと腰を据え、主に具材の変化で○○風にアレンジすることが多いんですけど、今回はチキンラーメンと担担麺が拮抗している感じ。いや、担担のほうが強かったかもしれません。別添オイルの練り胡麻が結構濃厚で、さらに具材の擂り胡麻と炒り胡麻が割と遠慮なく主張してくるので、チキンラーメンの鶏ガラ感を上手く利用しつつ、胡麻を中心に担担麺らしさを演出しているような印象。もちろん本格的な担担スープを期待したら物足りなさはありますが、なかなか分かり易く担担風を表現しているのではないでしょうか。一瞬、花椒っぽい香りを感じたのですが、担担風というイメージから錯覚を起こしただけなのかも…?みたいな感じだったので、ちょっと自信ないんですけどねw 入ってたとしてもその程度です。あ、それから別添のオイルですが、オイルというよりもペースト状(芝麻醤の塊みたいな感じ)だったので、絞り出すときは気合い入れてください。タイ製の袋麺(yumyumとか)に入ってる小袋を思い出しました…w

かやくは、「肉そぼろ、チンゲン菜、すりごま、炒りごま、ネギ、赤唐辛子」とのこと。肉そぼろは味付しっかりめで、肉の旨味がきちんと感じられる肉具材です。タテ型カップの肉そぼろというと、どうしてもチープなイメージがありますけど、今回はそのようなネガティブさを一切感じませんでした。旨味,歯触り,舌触り共に文句無し。量もたっぷりと入っていたし、かなり満足度が高かったです。是非、他のカップ麺にも汎用して欲しいと思いました。チンゲン菜もたくさん入っていて、甘味と特有の香り、ほのかな苦味まで感じるリアルな風味。食感もシャキシャキとしていたし、こちらも存在感のある具材でした。胡麻はスープの項目でも触れましたが、2種類入っていて量にも遠慮が無く、かなり主張が強いです。オリジナルの色を上塗りしそうな勢いで、チキンラーメンにしては思い切ってましたね。赤唐辛子もピリッ、とした刺激を後押ししてくれていたと思います。私には飾りに過ぎませんでしたがw 多分、一般的に見てもその程度のレベルかと。

(標準は★3です)

芝麻醤の風味と強めの胡麻の芳ばしさに、ほんのちょっとピリッ、とした刺激と具材によって、なるほど担担風ね、みたいな。今回なかなか良いアレンジだったんじゃないでしょうか。普通に美味しい(★3)だろうなー、くらいに思ってたので、ちょっと嬉しかったです。辛味もかなり軽かったし、花椒の香りも麻味も皆無に等しくて、これといって酸味が効いているわけでもなかったんですけど、芝麻醤の風味や具材の胡麻,肉そぼろ,チンゲン菜という構成から、「担担風」というテーマはきちんと表現できていました。やはり後入れの小袋を別添に付けると一気に表情が変わりますね。最近はオリジナルの味わいを極力残そうと具材を触る程度のアレンジが多かった中で、今回は割と思い切ってました。そのためチキンラーメンらしさは普段よりも控えめでしたが、たまにはこうやってガラッ、と表情を変えて欲しかったので、個人的には嬉しかったです。チキンラーメン云々を抜きにして見ても、手軽に担担麺風のカップ麺が食べたい時には射程範囲内に入れてみてもいいと思いますよ。ちなみにフタの裏には、袋麺で作る担担アレンジの調理方法と材料が記載されていました。相乗効果ってやつですなー(やってみたくなったw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメンビッグカップ ピリッと辛口担々風
製造者:日清食品
内容量:96g (めん85g)
発売日:2015年5月18日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105233009

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (担々風オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:458kcal
たん白質:10.9g
脂質:20.8g
炭水化物:56.8g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:185mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:458kcal (めん・かやく:386kca / スープ:72kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、オニオンパウダー)、かやく(味付肉そぼろ、ごま、チンゲン菜、赤唐辛子、ねぎ)、スープ(ねりごま、植物油脂、ピーナッツバター、小麦粉、香味油)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、セルロース、カラメル色素、酒精、香料、酸味料、カロチノイド色素、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、豚肉、やまいもを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆・やまいも・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事