エースコック「ご当地最前線 博多豚骨ラーメン」 - エースコック

エースコック「ご当地最前線 博多豚骨ラーメン」



市販のソーセージを買うときは、いつも日本ハムの「シャウエッセン」(抜群の安定感w)なんですけど、たまたま伊藤ハムの「The GRAND アルトバイエルン(グランドアルト)」が半額だったので、買ってみました。じ〜っくりトロ火で皮が裂ける寸前まで焼いて食べたら…何これウマッ!w いやコレちょっとシャウエッセンより好きかもしれないw これからはボイルならシャウエッセン、焼くならアルトバイエルンですな。米久の「スーパーBOOウィンナー」も好きなんですけど、行き付けのスーパーが取り扱わなくなっちゃったんですよね…。でも一番好きなソーセージは、ハーブの効いたヴァイスヴルスト(ミュンヘンの白いソーセージ)です。

さて、本日の一杯は、エースコックの「ご当地最前線 博多豚骨ラーメン」です。博多の豚骨ラーメンと言いうと、正統派な豚骨ラーメンというイメージが強いのですが、「細麺に魚介風味のまろやかスープが最前線!」とのこと。そうなんですか?「ご当地最前線」から「博多」が出るのは、今回が初めてではないんですよね。最初は王道の長浜系豚骨味で、途中から魚介の風味が隠し味として付け加えられるようになりました。魚介豚骨って自分的に当たり外れがあるので、少し構えてしまうんですけど、たしか前作はそこそこ美味しかったような…あれ、どうだったかな。(記憶力に自信が無い今日この頃…w)





は、「とんこつラーメンらしい歯切れの良い細めん」で、「めんに味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。博多を冠した製品ですが、湯戻し時間は3分で、極細麺ではないですね。博多麺と言われると疑問符(サイズと縮れ)が浮かぶものの、食べ始めはプツンッ、とした小気がよい歯切れが印象深く、これに関しては博多麺っぽかったです。後半になるとプリッ、とした食感に変わってきますが、これはこれで美味しかったので、特に不満は感じませんでした。スープとの相性も悪くなかったです。後半になってもヘタれるような印象はなく、この耐久力を持たせるために熱湯2分の麺から3分の麺に改良されたのかもしれません。油揚げ麺臭は控えめで、塩気の関係か風味が少し素麺っぽかったですw

スープは、「ポークエキスをふんだんに使用したとんこつベースに、香味野菜を絶妙なバランスで配合した濃厚でコクのあるスープ」で、「さらにカツオやサバの香りとコクを加え、魚介豚骨スープに仕上げ」たとのこと。ベースは癖の無いマイルドな豚骨味ですが、きちんと豚骨らしい旨味があったことには好感が持てました。そして魚介の主張は魚粉のパンチで攻めるような押しの強いものではなくて、カツオやサバが後口に香るタイプ。でも豚骨の癖の無さと油脂感が控えめだったこともあって、麺を食べているときは魚介が優勢でしょうか。それなりのコクはあったものの、濃厚かと言われると…うーん、そうでもない感じ。香味野菜の風味もバランス調整に過ぎなかったし、安定して普通に美味しい魚介豚骨味だったんですけど、期間限定のカップ麺なので、もうちょっと遊んで欲しかったですね。

かやくは、「香ばしい炒りごま、程良く味付けした焼豚、色調の良いねぎ、コリコリとした食感の良いキクラゲ」とのこと。焼豚はスーパーカップに入っているような肉具材で、高級感こそありませんが、しっかりめの味付。そこそこ厚みもあります。205円のタテ型カップに入っている焼豚なので、許容範囲内でしょう。平均値を考慮すると、そこまでチープな焼豚ではないと思います。ネギとゴマはたっぷりと入っていて、いいアクセントになっていました。反面、キクラゲは細切れで量も少なくて、あんまり存在感なかったです。っていうかこの具材の内容、「ご当地最前線 久留米ど豚骨ラーメン」と殆ど同じですねw

(標準は★3です)

食べ始めこそ、おっ、と思ったんですけど、2,3口ほど食べ進めたくらいから、なんかフツーでしたw タテ型カップの魚介豚骨味としては、イイ線いってると思うのですが、最前線!ってほどのインパクトは無かったですね。バランスのとれた安定感はあったのですが、良くも悪くも無難というか、もうちょっと羽目を外してみても良かったように思いました。期間限定というよりも、常時販売品(定例販売品)みたいなイメージの仕上がり。今までにも同シリーズから何度か出てるので、納得といえば納得なんですけど。評価が伸び悩んでしまったのは、これぞ進化系というほどの目新しさが無かったことに物足りなさを感じてしまった、というのが理由です。でも普通に美味しかったし、ってことで安定の★3。いつもみたいにグダグダ総評で悩まずに済んで楽でしたw ★の数は3ですが、バランス型の魚介豚骨ラーメンとしての完成度は一定の水準を保っていたし、総合力は低くないと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ご当地最前線 博多豚骨ラーメン
製造者:エースコック
内容量:95g (めん70g)
発売日:2015年4月27日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278267

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:432kcal
たん白質:10.7g
脂質:20.7g
炭水化物:50.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:200mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖)、スープ(鶏・豚エキス、豚脂、食塩、植物油脂、野菜エキス、しょうゆ、糖類、魚介エキス、デキストリン、香辛料、でん粉、香味油、鶏油、ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく(ごま、焼豚、ねぎ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、ソルビット、酒精、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事