エースコック「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」 - エースコック

エースコック「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」



昨日の夜、アサヒスーパードライの「鮮度実感パック」を飲みました。今月は6月26日に出荷されているので、まだホヤホヤですね。うーむ、やはり先月製造のスーパードライとは鮮度が違いますな、鮮度が。(当たり前ですw)アサヒスーパードライやキリンラガービールなど、日本の大手メーカーが出しているビールは殆どが下面発酵(ラガー)に分類されるので、需要の方向性からも鮮度が命と言われています。この逆を行くのが、私が愛してやまない「シメイ」ちゃん。上面発酵のビール(エール:トラピスト)なので、暫く寝かせて熟成させた方が美味しいんですよ。そしてキンキンには冷やさず、ゆっくりと時間をかけて温度変化によって移り行く多層的な香りと味わいを…これ以上ウザくなる前に本題いきましょかw

さて、本日の一杯は、エースコックの「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」、ファミリーマート限定のカップ麺です。数年前にもエースコック×ファミリーマートで「ばくだん屋」の再現カップ麺が発売されていて、そのときはノンフライ麺どんぶり型の製品だったんですけど、今回は油揚げ麺タテ型ビッグカップでの登場。どんぶり型の記憶は既に薄れているので、気持ち改めて店舗情報から。「ばくだん屋」は、「廣島つけ麺」が有名なお店で、「辛さの度合いは全く入らないものから無限大とお客様のお好みに合わせて調節でき」るそうです。って…マジデスカ? ちょっと広島に行ってき…(待てw)ちなみに系列店には、「からあげ専門ばくだん屋」という唐揚げ専門店もあるそうです。それも気になるがな…。つけ麺が売りのお店ですが、「ばくだん屋のラーメン(旨辛味噌)」というメニューがあるみたいなので、それを再現しているみたいですね。実際の店舗では、Tポイントカードが使える模様。これもファミリーマートコラボの所以でしょうか。(考え過ぎ?)





は、同社のカドメン風なアレだろうなぁ…と思ってたら、意外にも頼りない感じの油揚げ麺でしたw 今回はスープに重厚感があったので、もう少し主張の激しい麺でも良かったのでは…とも思いましたが、スープの馴染みは良かったし、スープに負けるほど非力な麺ではなかったので、これはこれでアリですね。密度の高さよりもスナック感を重視しているようで、久々にカドメン系じゃない角刃で軽めの油揚げ麺を食べて新鮮でした。でも何でこの麺にしたんだろう?という疑問符もw

スープは、「赤味噌ベースに豆板醤・コチュジャンを効かせた辛さのある味噌スープ」とのこと。我々(激辛愛好家)にとってはセンセーショナルなビジュアルですが、辣味はライトですね。そこそこピリ辛、って感じです。意外と辛いやん!みたいな意見も耳にしていたので、これに関しては個人差が大きく影響しているのだと思われます。先ずベースの味噌感は製品説明通り赤味噌系で、キリッ、と輪郭のあるタイプ。ひとくち口にした瞬間から、赤味噌だと分かる風味です。塩カドも少し鋭いですね。原材料にある発酵調味料は、豆板醤とコチュジャンでしょうか。両者の主張も分かり易いです。そんな小難しさのないスープですが、香味野菜の風味や芝麻醤のコクが交わってくるので、決して単調ではありません。まさに奇を衒っていない、王道の辛味噌スープです。とは言うものの、お店の再現モノとして見るとインパクトに欠けるというか、味としては在り来たり。良く言えば定番、悪く言えば無難。新鮮味のなさを「安定感」と取るか、「まぁフツー」と取るか、そこが評価の分かれ目になりそうです。再現度のほうは分かりませんが、私の受けた印象は残寝ながら後者の方でした。いや、美味しかったんですけどね。実際のお店の味を知らないので、あまり好き勝手も言えないんですけど、この味だったら山椒の風味と花椒の麻味が合いそうだなー、と思いました。導火線に点火できそう。

かやくは、「焼豚、鶏・豚味付肉そぼろ、もやし、メンマ、ねぎ」とのこと。焼豚はスーパーカップに入っているような味付が濃いめの焼豚で、高級感はありませんが、これはこれで美味しいです。鶏・豚味付肉そぼろは満を持してのアタリ系!最近ご無沙汰だったので、嬉しかったですw エースコックのハズレ系肉そぼろはスッカスカで全然美味しくないんですけど、アタリ系は挽肉らしくて美味しいんですよね。ただ、量は極めて少量で、混ぜたらウォーリー探すほうが簡単なんじゃないかってくらいの量です。捜索願届出レベル。美味しい肉具材だったので、焼豚を抜いて肉そぼろ増やして欲しかったです。モヤシは結構入ってたんですけど、混ぜたら「消え」ました。まさに文字通り、完全に行方不明。ひとりマジックやってる気分でしたw でも麺を食べ終わる頃になったら、チラホラ浮いてました。ニンジャかお前は…。メンマは美味しいです。エースコックのタテ型カップに入ってる乾燥メンマは、いつも完成度が高いんですよ。そこそこのサイズで歯応えもコリコリしてて、特有の香りと発酵感もきちんと感じられるのが好印象。乾燥具材のメンマとしては、申し分ない存在感。ネギは飾りですね。いつもは風味があるんですけど、今回はスープが強かったので、気にならない感じでした。

(標準は★3です)

「旨辛」という商品名でも、てんで辛くないカップ麺が多い中、今回は割としっかりピリ辛(ニュアンスw)でした。ただ、再現モノにとしては何処にでもありそうな味というか、平凡な味だったように思います。それこそがお店の特徴だったら申し訳ないんですけど、普通に美味しい辛味噌ラーメン、という印象しか残らなかったので、このような評価とさせていただきました。具材に関しても品数は豊富ですが、メンマ以外は目立っておらず、今回は肉そぼろが美味しかったので、これがドドーンとガッツリ入ってたら嬉しかったんですけどね。でも王道の辛味噌ラーメンが食べたい時、その期待は決して裏切らないと思います。★3となると何だか微妙っぽい雰囲気を与えてしまうかもしれませんが、良い意味で普通に美味しい一杯だったので、辛味噌ラーメンが好きな人なら買って損は無いでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌
製造者:エースコック
内容量:96g (めん70g)
発売日:2015年4月21日 (火)
発売地区:全国 (Family Mart)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071282530

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:427kcal
たん白質:10.1g
脂質:18.8g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:202mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(みそ、植物油脂、豚脂、豚エキス、砂糖、ねりごま、しょうゆ、発酵調味料、食塩、香辛料、魚介パウダー、でん粉、全卵粉)、かやく(焼豚、鶏・豚味付肉そぼろ、もやし、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、香料、酒精、微粒二酸化ケイ素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草)、酸味料、増粘多糖類、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事