サンヨー食品「サッポロ一番 麺'sトッピング 博多とんこつラーメン 明太子ソーストッピング」 - サンヨー食品

サンヨー食品「サッポロ一番 麺'sトッピング 博多とんこつラーメン 明太子ソーストッピング」



どうも、taka :aです。最近、ちょっとカップ麺以外のブログも始めてみようかなぁ…と、頭の片隅で模索中。まだ具体的な内容も決まってませんし、あくまで気持ちと時間と「カップ麺の在庫」に余裕が出来ればの話ですがw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺'sトッピング 博多とんこつラーメン 明太子ソーストッピング」です。博多系の豚骨ラーメンに博多名物の明太子をトッピングするというアイディア製品ですが、実際のラーメン屋でも豚骨スープに明太子をトッピングしたラーメンを提供している店もあったりします。そして今回はサンヨー食品製造ということで、「かねふく」コラボの影響も見え隠れ。現に「サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば」というカップ焼そばが同じ日にリリースされていたので、ちょっと抱き合わせ狙ってますよね。この製品に「かねふく」は関与していないようですが。あくまで組み合わせの雰囲気から感じる勝手なイメージですけど、2014年に発売された「サッポロ一番 カップスター “かねふく明太子” 明太とんこつ味」の本格版、みたいな互換性を感じます。





は、「コシがあって歯切れのよい、のどごし滑らかな細麺」で、「ゆるやかなウェーブを付けることでほどよくスープと絡」むとのこと。ややザラついた舌触りはそれっぽかったんですけど、食べ始めはモチッ、とした食感で低加水麺っぽくありません。しかし後半にかけて馴染んでくると、不思議と粉っぽさが感じられました。でもパッツン系とは少し違います。多加水麺とは異なった小麦感がそれなりにあったのは良かったんですけど、鼻を抜けるほどではなく、博多ラーメンにしてはサイズも太かったし、意図したウェーブにも疑問符。経時変化による劣化耐性は高かったので、そこは素直に好感が持てました。でもやっぱり博多ラーメンの麺、って感じじゃなかったです。スープには久留米ラーメンや佐賀ラーメンほどのクセもありませんし、スープの豚骨感と麺の太さが比例していませんでした。ギリギリ許容範囲内ではあったものの、商品名に「博多とんこつ」を冠するのであれば、もう少し細めで歯切れの良いストレート麺を合わせて欲しかったですね。

スープは、「ポークエキスのコクとしょうゆのうまみを生かした博多風とんこつラーメンスープに、チキンのうまみとガーリックの風味がスープに奥深さを加えてい」るとのこと。博多の豚骨は基本的に獣臭が抑えられていて、クセがなく洗練された味。という豚骨感が特徴というイメージなのですが、その印象とはまた違った面持ちのスープで、「博多」を履き違えているような気がしました。豚骨らしいクセが全く無いというのは想定内でしたが、豚骨らしい旨味さえもカットしているのは如何なものかと。「豚骨」じゃなくて、「ポークエキス」故の軽さ的な。チキンとガーリックも豚骨の薄っぺらさを誤魔化す要員に過ぎなくて、ネガティブな印象を受けてしまいました。原材料に米粉が入っているのは面白かったんですけど、体感的な恩恵は感じられません。ややタレの醤油感は強めでしょうか。これが塩豚骨なら…いや、余計に豚骨の乏しさが目立つか。冷めてから飲んでみると、ちょっと舌に纏わり付いてくるような人工的な油脂感が気になりましたが、熱いうちはそうでもなかったです。カップ麺特有の酸味は少し気になりました。

かやくは、「チャーシュー、キクラゲ、ねぎを組合わせ、トッピングに明太子ソースを別添」とのこと。まず気になっていた明太子ソースですが、パッケージの写真から受けるイメージ通り、粒感のある生明太子風のソースです。単体で見ると非常によく出来たトッピングですね。ペースト状ではあるのですが、明太子の粒感とリアルな風味がきちんと体験できました。ただし、今回はスープの頼りなさから、明太子の主張が強すぎたように思います。まず麺と絡めるようにして食べてみたのですが、完全に明太子一辺倒な独走状態。しかも明太子自体の味も濃かったので、その後に飲むスープが余計に軽く感じてしまうんですよね。スープの弱さが浮き彫りになっていたし、これでは明太子の主張が激しすぎると思い、3口ほど食べた後はスープに溶かしてみたのですが、これも何か違う…。そもそもスープに博多感が無かったので、完全にポークベースの「明太子ラーメン」になってしまうんですよ。その支配力の強さから明太子が幅を利かせていて、博多ラーメン(豚骨ラーメン)らしさの無さにトドメを刺しているようでした。ちなみに調理方法では「めんをほぐし、『特製スープ』と『液体スープ』を入れてよく混ぜ、『トッピング』をかけて出来上がりです。」との記載があって、やっぱりトッピングの明太子ソースを入れてからは混ぜないほうがいいみたいですね。明太子の存在感でスープのアラが顕著になってしまうのもどうかと思うのですが、いっそ割り切って最後までスープに溶かさないよう定期的に麺に絡めながら食べたほうが無難かもしれません。それからチャーシューですが、最近のサンヨー食品のチャーシューも期待できなくなってきました。ネギも博多ラーメンには必須の具材ですが、同じく微妙。「とりあえずチャーシュー」に「風化系ネギ」という残念な代物です。同じく博多ラーメンと相性が良いとされるキクラゲですが、意識的に食べるとそれなりに存在感はあったものの、小刻みで意識しないと存在感は薄く、スープとの相性も可も無く不可も無し。これに関してはスープ側に問題があったのですが。

(標準は★3です)

製品の持つコンセプトとサンヨー食品の遊び心は評価したいのですが、如何せんスープが頼りない。あまりにも軽く、特徴が無さ過ぎます。明太子を際立たせるために敢えて控えたのであれば、完全に計算ミスだと思いました。明太子ソースを溶かさずに食べると、その主張はアクセントとしての度を超えているし、混ぜて馴染ませても全体の方向性がボヤけるだけ。「博多」や「豚骨」に期待すると、完全に肩透かし喰らうと思います。初めから「明太子ラーメン」としてリリースしてくれていれば、印象はまた違っていたと思うんですけどね。いっそ割り切って、「麺'sトッピング 明太とんこつ味」だったら違和感なかったのに。逆を言うと、そのようなスタンスで食べれば違和感は抑制できるかもしれません。決して不味かったわけではありませんが、結果イメージとのギャップに大きく足を引っ張られるカタチとなりました。この製品に「博多」は荷が重かったと思います。そのギャップがあまりにも致命的だったので、このような評価とさせていただきました。明太子の主張が良くも悪くも顕著だったので、それに負けない豚骨の力強ささえスープにあれば、印象は一変すると思います。「麺'sトッピング」という試み自体はとても面白いので、次回作に期待したいですね。次は骨の太い豚骨ラーメンに柚子胡椒トッピング、みたいなカップ麺を食べてみたいです。これは想像ですけど、お湯を少なめに入れて濃いめに仕上げ、横に白ご飯をスタンバイ。トッピングの明太子は白ご飯に乗せてラーメン&明太子ご飯で…いや、やっぱりちょっと無理がありますかね(苦笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 麺'sトッピング 博多とんこつラーメン 明太子ソーストッピング
製造者:サンヨー食品
内容量:107g (めん60g)
発売日:2015年3月30日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4901734024033

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:袋 (特製スープ・液体スープ・かやく・トッピング)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:377kcal
たん白質:14.2g
脂質:12.1g
炭水化物:52.9g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:377kcal (めん・かやく:248kca / スープ:129kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(ポークエキス、明太子ソース、豚脂、チキンエキス、しょうゆ、食塩、糖類、香辛料、植物油脂、米粉、たん白加水分解物、調味油脂、酵母エキス、デキストリン、発酵調味料)、かやく(チャーシュー、キクラゲ、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、酒精、加工でん粉、かんすい、増粘剤(キサンタン)、カラメル色素、レシチン、クチナシ色素、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、トウガラシ色素、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事