日清食品「八王子ラーメン」 - 日清食品

日清食品「八王子ラーメン」



このカップ麺は普段からお世話になっている「一生涯カップ麺しか食いません。」に送っていただきました。って去年の話なんですけどね(汗) 賞味期限ギリギリということで引っ張り出してきましたw 紹介が遅くなってごめんなさい(ぺこり)

さて、本日の一杯は、日清食品の『八王子ラーメン』です。そもそも八王子ラーメンとはなんぞや、ということでフタを見ますと3つの定義があるそうで、「定義その1 きざみタマネギ入り」「定義その2 醤油ベースのタレ」「定義その3 表面を覆っている油」とのこと。きざみタマネギ以外は何かフツーですねw メーカー曰く、『八王子ラーメンでまちおこしをしている「八麺会」が定めた3つの定義に従って商品化』し、『きざみタマネギの食感と甘みが楽しめる』とのこと。2012年4月2日に発売を開始したそうで、当初は「スーパーアルプス」というスーパー限定の商品だったようです。はい、ここでひとつ気になるポイント。現在発売されている八王子ラーメンには、パッケージ左上に「麺ニッポン」という記載があります。が、私が今回食べる八王子ラーメンには「麺ニッポン」の記載がありません。しかし、原材料と栄養成分表の数値は全く同じなんですよね。つまり、中身の内容は変わっていないということになります。(たぶんw)今年に入ってから「麺ニッポン」という新たなシリーズが始まったのか、「近江ちゃんぽん」「信州味噌ラーメン」が既に地区限定で販売されていますが、「麺ニッポン」シリーズの一環としてひっそりとこの八王子ラーメンも取り込まれたということになるのでしょうか。いや、寧ろこの八王子ラーメンが皮切りと捉えられなくもないですよね。「麺ニッポン」はご当地のラーメンで町おこしをする地域密着型カップ麺というのがコンセプトみたいですが、シリーズ内での関東甲信越・静岡を担当するのは、この八王子ラーメンと判断しても差し支えなさそうです。現行品とパッケージが違うので、レビューしようかどうしようか迷ったのですが、原材料も栄養成分表も同じですし、とりあえず中身は一緒だろうという勝手な判断からレポートさせていただきますw





は、クセのない中細ストレートノンフライ麺で、如何にも日清食品らしい麺ですね。自然なコシがあって、モチッとした噛み応えのある弾力と、しなやかな口当たりの良さを兼ね備え、小麦の風味も程よく香り、喉越しのいい上品なノンフライ麺です。雰囲気としては、麺職人の麺をクラスアップさせた感じ。安心して食べられるノンフライ麺だと思います。小麦の風味とスープの動物系の旨味がマッチしていて美味しかったです。

スープは、『鶏ガラベースに煮干しの香りを利かせ、油で仕上げた醤油スープは、すっきりとしながらも醤油のコクが感じられるどこか懐かしい味わいが特徴』とのこと。すっきりとした鶏がらベースの醤油味で、中華そば系の非常にオーソドックスな路線のスープなのですが、やや多めにスープの表面に浮かんでいる豚脂によってこってり感もあり。その油脂感はクド過ぎず、でもあっさりし過ぎないちょうど良いバランスだったので、こってり好きもあっさり好きも楽しめるのではないでしょうか。丸みを帯びた非常に優しい路線のテイストなのですが、多めの油脂によってしっかり感もあるんですよね。醤油感も優しくて、冷めてから飲んでみても醤油や塩気によるエッジは極めて控えめでした。醤油のキレを求めると肩透かしを喰らいますが、優しい醤油スープを求めているときにはピタッとハマれると思います。そしてさりげないメンマパウダーの主張。こういった中華そば路線のスープの場合、このメンマパウダーの風味って結構重要な役目を担っているんですよね。素朴な味わいを醸し出し、スープに奥行きを生んでいました。具材のタマネギの甘味が影響していたのも良かったです。ただ、煮干の香りというのはイマイチよく分かりませんでした。原材料を見ても魚介系の要素は見当たりませんし、アレルギーの項目に於いても魚介系の記載はありません。どゆこと?w

かやくは、『玉ねぎ、チャーシュー、味付メンマ、海苔』とのこと。「後入れかやく」というのがタマネギで、このタマネギは実に効果的でしたね。タマネギ特有の甘味がスープを引き立てていて、シャキッとした食感がアクセントに。スープの油脂感とタマネギの相性が非常に良かったのも印象に残りました。いいですね。製品の明確な個性となりつつ、個性的でありながら人を選ばない感じが良かったです。チャーシューはちょっと情緒が無かったんですけど、メンマはしっかりと風味があって好印象。かなり小振りですけどねw 私はラーメンに海苔は要らない派なのですが、雰囲気的には合っていたと思います。多分w ちょっと厚みがあるというか、なんか妙にしっかりした海苔でしたw

(標準は★3です)

実際の八王子ラーメンは食べたことがありませんが、きっとこういうラーメンを提供しているお店があるんあだろうなー、と思えるような仕上がりでした。定義が広域なので、お店によって表情の違いが結構あるみたいですね。この八王子ラーメンは全体的に丸みを帯びた優しいテイストで、タマネギの甘味がクセになる感じで美味しかったです。オーソドックスな醤油スープと適度な油脂感もベストバランスだったし、安定したクオリティのノンフライ麺を採用することによって、万人が美味しいと思えるカップ麺なのではないでしょうか。奇を衒った要素はありませんでしたが、安心感のある味わいでした。フタの裏に書いてあったんですけど、お酢を入れて味変するのがオススメみたいですよ。「通の食べ方」だそうです。たしかに角が無かったので、酢のアクセントは効果的かもしれませんね。ただ、今回は製品説明の煮干しの香りが殆ど感じられなかったので、そこが腑に落ちない点でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:八王子ラーメン
製造者:日清食品
内容量:111g (めん65g)
発売日:2013年10月21日 (月)
発売地区:関東甲信越・静岡
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105220054

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (液体スープ・かやく・後入れかやく・焼きのり)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:433kcal
たん白質:11.0g
脂質:18.1g
炭水化物:56.7g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:164mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:433kcal (めん・かやく:312kca / スープ:121kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、卵粉、醤油、大豆食物繊維)、スープ(豚脂、醤油、チキンエキス、たん白加水分解物、食塩、糖類、香辛料、メンマパウダー)、かやく(玉ねぎ、チャーシュー、味付メンマ、海苔)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、トレハロース、増粘多糖類、カラメル色素、酒精、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事