「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」@エースコック - スポンサー広告エースコック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」@エースコック



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。えっと…これオススメ!w


いや、大真面目に。名前の通り刺身に合う醤油なんですけれども、もちろん刺身以外にも使えます。まろやかで深みのあるマイルドな味わいで、素材の味を引き立てることに徹している、ほんのり甘みを帯びた奥床しい味わい。煮炊きには向かない(というか勿体無くて使えないw)醤油ですが、かけ醤油としてはオールマイティに対応してくれます。これまで何人かの食通に贈りましたが、何方からも絶賛の誉れを頂きました。私が作った醤油ではないんですけどねw まだ全国的にはメジャーではないかもしれませんが、それだけに穴場ですよ。ご自宅用にはもちろん、こだわりのある大切な方への贈答用としてもオススメです。


さて、本日の一杯は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」です。「CoCo壱番屋監修」シリーズからの新作で、「まろやかさ」に特化した「ホワイトカレーラーメン」と、「辛さ」に特化した「レッドカレーラーメン」がリリースされました。ホワイトカレーといえば、北海道発の白いカレーとして注目されたことがありましたよね。それとの関連性は不明ですが、「まろやかさ」の指標は粉チーズのコクらしく、クリーミーなテイストが特徴となっているようです。まろやかさも然る事乍ら、CoCo壱番屋らしくカレーの打ち出し方や骨組みに注目しながら食べ進めてみましょう。





✔︎ スープは、ふりかけを攪拌(かくはん)する前の段階だと、思いのほか刺激的ですね。食べる前はチーズ風味のクリームシチューっぽいスープにカレーのスパイスがアクセントを醸しているような味わいを想像していたんですが、なんのなんの。クリームシチューっぽさ皆無w 純粋なカレー系のスープほどスパイスの複雑味は感じられませんが、唐辛子のメリハリが強く、しっかりピリ辛です。粉末スープの色がオレンジっぽかったので、パプリカかクミンあたりかと思いきや(実際、それらの香辛料も含まれているのかもしれませんが)、粒子の細かい唐辛子の含有量が多いように思いました。ただ、カレーらしさに期待すると、いささか拍子抜けでもあります。「まろやかさ」に特化した、というコンセプトなんですけれども、刺激レベルはピリ辛以上〜辛口未満なのではないでしょうか。さて、写真では向かって右の白い山(ふりかけ)なんですけど、前回の「CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング」に別添されていたパウダーと同じかな? 純粋な粉チーズではなく、チーズソースに近いニュアンスの癖を感じる風味で、これはこれで面白かったんですけれども、ちょっとベクトルは人工的。あと、全体的に塩気は強めです。スープの粘性は高く、かなりトロミの強いスープでした。チーズの風味がナチュラルではなかったので、ラクレット系をイメージしていると不自然に感じてしまうかもしれません。あまりカレーらしくありませんでしたが…っていうかCoCo壱番屋監修シリーズにしては珍しくカレー粉が入っていないんですよね。チーズ風味ふりかけを全投入しても最後までメリハリがあったことには好感が抱けたんですが、カレーらしくない味わいにギミック的なチーズということで、チーズのニュアンスは致し方ないにしろ、CoCo壱番屋なのにカレーは二の次みたいなイメージはネガティヴでした。

✔︎ めんは、カドメンほど鋭利な主張ではありませんが、断面が四角く存在感のある油揚げ麺で、熱湯5分の太麺仕様。麺の塩気が強く、麺単体としての存在感も強めですが、スープにメリハリがあったので、全体のバランスは悪くありません。あまり経時劣化耐性に優れた麺ではありませんが、早々にヘタってしまうことはなく、適度な歯応えと麺重量90gで食べ応えがありました。ちょっとカドメンの廉価版的な雰囲気が無きにしも非ずではあったものの、サイズの割りに油揚げ麺臭は控えめだったので、そこがストロングポイントでしょうか。

✔︎ かやくは、キャベツ、コーン、ねぎ、人参で、例の スポンジ野郎 程良く味付けした肉そぼろは不在。どれも特筆すべき具材ではありませんが、そこそこのキャベツに多めの人参が嬉しかったです。ネギは別に要らなかったかなぁ…コーンは混ぜたらドロンしましたw


(標準は★3です)

いまいちパッとしないなぁ…(苦笑)という印象しか私の中には残らなかったんですけど、客観的に見てイマイチというわけではなかった(と、思う)ので、とりあえず及第点を付けました。まず、CoCo壱番屋監修だったのにカレーが二の次…みたいな部分が引っ掛かったんですよね。唐辛子のメリハリでスパイス感はあったんですが、カレーらしい香辛料の複雑味は意識されておらず、途中から単調さを感じてしまいました。次にチーズ風味ふりかけなんですが、ややギミック感が否めない構成だったし(ちなみにチーズの含有量は、ふりかけ中5%)、個人的に刺激のメリハリが好印象ではあったんですけれども、「まろやかさ」特化型というコンセプトを踏まえたら、ちょっと違うんじゃないのかなと。ちなみに写真ではスープの色が白くありませんが、ふりかけを攪拌すると白っぽく濁ります。もちろん、真っ白にはなりませんけどね。私はホワイトカレーに精通しているわけではないので、あまり偉そうなことは言えないんですけれども、白いのに “カレー” だから価値のある食べ物なのではないでしょうか。何風味と言われればカレー風味なんですけど、CoCo壱番屋監修らしさは感じられませんでした。一見すると珍しいホワイトが★5、レッドは無難で★3かな…というスタンスだったんですが、正統派のレッドが巻き返してくれるような予感がしてきました。次回、実食予定です。


【こんな人にオススメ(?)】

「チーズっぽい風味に唐辛子系のメリハリが気になる人?(聞くな)」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン
製造者:エースコック
内容量:110g(めん90g)
発売日:2018年4月16日(月)
発売地区:全国新発売(スーパー / コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:149円(税込)
希望小売価格:200円(税抜)
JANコード:4901071231545

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋(粉末スープ / かやく / ふりかけ)

~栄養成分表示~

1食(110g)当たり

エネルギー:453kcal
たん白質:8.9g
脂質:12.3g
炭水化物:76.6g
食塩相当量:7.0g
(めん・かやく:2.1g)
(スープ:4.9g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:325mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:453kcal (めん・かやく:381kcal / スープ:72kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(乳化油脂、食塩、砂糖、香辛料、ポーク調味料、チーズパウダー、ポテトパウダー、オニオンエキス、香味調味料、乳等を主要原料とする食品)、かやく(キャベツ、コーン、ねぎ、人参) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、かんすい、酸味料、重曹、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉を含む)
                      
アレルゲン情報:小麦・乳成分・大豆・豚肉

参考URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1803_COL.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。