エースコック「美味しさ発掘!ジモト麺 名古屋発 インディアンスパゲッティ風まぜそば」 - スポンサー広告エースコック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコック「美味しさ発掘!ジモト麺 名古屋発 インディアンスパゲッティ風まぜそば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。先月に開催した「馬肉会」の記事が出揃いましたので、ずら〜っと並べますよ。えっと…長いですw 悪しからず…

ビー玉馬肉会と憧れのブロガーさん♪おっちょこ主婦の家計救出ブログ

市郎右衛門「taka:aと愉快な仲間達!」『馬肉会話』もちろん食用馬肉にも歴史が有るよ!「高天原の縁側日記」

えたばりゅ後世に残したい風景 友との交流5自然とペットとアラフォー野郎と〜生命と人とのWinWinをめざして〜

みーな3回目の恒例オフ会♪【私の密かな楽しみ♪母の日ギフトにもお勧め☆】みーなのキラメキ日和~キレイと私らしいキラ☆キラHAPPYライフを目指して~

バカワイン念願のオフ会は温かかった!ポイントサイトブログをやってて良かった~ポイントサイトで美味しいワイン!~貯めたポイントでワインを満喫~

ビー玉、市郎右衛門、みーな、えたばりゅという馴染みのメンツ(個別の紹介は省くゴメンw)に加え、今回は石川県の金沢より遠路はるばる神戸まで足を運んでくれたバカワインが初参加。ブログの雰囲気や私信の遣り取りから暑苦しい人物像を想像しながら待ち合わせ場所に到着したら…いやいやいやw 誰やねんww 暑苦しさとは懸け離れた、穏やかで優しい色の持ち主が私に微笑みかけている…ええ、真横にいたビー玉に手荷物を預けて速攻ハグですよ。外見は清潔感あふれる爽やかなイケメンで、内面は温かく、何を言っても頷きながら話を聞いてくれるような…ええ、一瞬で惚れましたよ。私、一目惚れとかしない性質なんですけどね。あ、変な意味ではなくw ひとりの人としてリスペクトですよ。同じ男として(と言うのも烏滸がましいほど…)嫉妬してしまうような魅力の持ち主でした。

さて、その待ち合わせ場所に同じく居合わせたのは、これまで日常的に私信やFC2のコメント欄でも遣り取りをしていて、何度も何度も支えてくれている、私の安定剤と言っても過言ではない存在…

もりりんパパ関西・四国地方車中泊の旅:3日目・その3【神戸・生田神社。石川から貴公子現る!?】
      :関西・四国地方車中泊の旅:3日目・その4【神戸⇒淡路島・ありがとうございました!またいつかお会いできるその日まで!!】
もりりんパパと2匹の怪獣姫 ~3DSで描くゆかいな仲間たちとのイラストブログ~

ご本人だけでなく、長女ちゃん、次女ちゃんと共に「車中泊の旅」の途中で経路を合わせ、わざわざ福岡県から会いに来てくれました。全力で優しく、時に熱い一面を見せる、でも可愛い(笑)もうコメント欄での印象そのままの人物で、いつかは会いたいと思っていたのですが、まさか年内に叶うとは…で、長女ちゃんは噂以上にしっかり者、次女ちゃんは噂とは裏腹なシャイガールだったんですけどw 私達と会う前に大阪のワーキングママ、marimoちゃん&小marimoちゃん(娘さん)と会っていたらしいので(「関西・四国地方車中泊の旅:3日目・その2【大阪⇒神戸・大阪で憧れの素敵ブロガーさんとお会いしました!】」)、そこでエネルギー放出しちゃったのかな(笑)もりりん御一行は次の予定があったので、会に参加できなかったんですが、今度は私が福岡まで足を運びたいと思います。もりりん、ゆっくり語ろうな。

というわけで、ざっくりリンク貼っただけ…みたいになっちゃったけどw 各メンバーは記事にて丁寧に会の様子、メンバーの人柄を紹介してくれておりますので、是非お立ち寄りいただけたらと思います。

さて、長くなりましたw 本日の一杯は、エースコックの「美味しさ発掘!ジモト麺 名古屋発 インディアンスパゲッティ風まぜそば」です。初版のリリース(2017年7月3日)から8ヶ月以上経過し、やっとこさ第2弾がリリースされた「ジモト麺」シリーズなんですけれども、申し訳ありません…私、前回の「埼玉発 スタミナ醤油ラーメン」(エースコックいわく好評だったらしい…)は、★0と評価しちゃってるんですよね(苦笑)前回は汁ありでしたが、今回は汁なし…で、なんか面倒なニュアンスのタイトルなんですけどw とりあえず「○○風まぜそば」なので、ジャンルは「まぜそば」なのでしょう。私は「インディアンスパゲッティ」という食べ物を知らなかったんですが、名古屋めしとしては一般的な喫茶メニューらしく、単に茹でたスパゲッティにカレーソースがかかっているだけのものから、ドライカレー風にスパゲッティと具をカレー粉で炒めたもの、あんかけスパゲッティと相がけランデブーパターンなど、共通点はカレー味のスパゲッティというだけで、特に決まった定義などはない、割と自由なメニューみたいですね。ちなみに「インディアン」は、「アメリカンインディアン」ではなく、「インドの」という形容の意味で名付けられているそうです。愛知県には、カレーのオリエンタル本社や、ご存知CoCo壱番屋、カレーうどんの若鯱家など、最近では台湾カレー専門店などもあるそうで、カレー味と親しい県なんだなー、って。さ、実食いってみましょう。


この「10」って何だろ…





✔︎ ペーストは、ジャンル上「まぜそば」ですが、油っぽいタイプではなく、どちらかというとドライな仕上がり。果糖ブドウ糖液糖による人工的な甘さの指標が気になるところではあるものの、カレーの香りが強く、香辛料の刺激はピリ辛以上かな? これによって糖類による野暮ったさは控えめに感じました。ベースラインはポークメインですが、若干のビーフが奥行きを生み、しょうゆ、野菜ペースト、トマトケチャップ、デーツピューレ、カツオブシエキス…と、いろいろな原材料が入り混じっててカオスなことになっていますが、それぞれの存在が確かに主張しながらも絶妙なバランスで、違和感なく調和しているんですよね。これがインディアンカレーらしいカレー味なのかは分かりませんが、喫茶店で食べる軽食チックな素朴さと、意識して食べたら複雑な味の構成なのに、何も考えずに食べても美味しいと思えるような、ちょっと不思議なカレー味でした。…これ、伝わるのか?w

✔︎ めんは、スパゲッティのような歯切れの良い食感ではなく、粘り気がある中太の多加水ノンフライ麺で、完全に「まぜそば」寄りの麺です。まぁ「かんすい」が使用されている時点で「パスタ」ではなく「中華麺」に分類されるわけなんですけれども、さすが多加水麺に強いエースコックなだけあって、そのクオリティは非常に高いものでした。この麺を使ったから「スパゲッティ」ではなく「まぜそば」と名乗らざるを得なかったんでしょうけれど、今回は麺が主役と言っても過言ではない完成度の高さだったし、素直に印象が良かったです。ただし、この時点で「インディアン “スパゲッティ” 」らしさは完全に吹っ飛んでしまってるんですけどねw

✔︎ かやくは、キャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、人参なんですが、残念ながら具材はショボいです。とりあえず構成は、「まぜそば」を意識しているものと思われます。で、キャベツもニンジンも普通に美味しかったんですが…スポンジ野郎てめぇはダメだw これ本当に価値が見出せないので、刻んだ玉ねぎとか入れといて欲しかったです。カレー味だし。


(標準は★3です)

で、これは普通に「カレーまぜそば」だよね? っていうw いや、そもそも「スパゲッティ風まぜそば」という時点で食べ物ジャンルが無理やりだったんですけれども、これを機に「インディアンスパゲッティ」という食べ物が名古屋にある、それを全国に発信する切っ掛けとしては充分な効力を放っていたと思います。もともとインディアンスパゲッティの定義も曖昧なようですし、具材は扨措きノンフライ麺と特製ペーストの出来は良かったですからね。ただ、如何せん値段が高い。複雑ながらもバランス型のカレー味、クオリティの高いノンフライ麺、ショボい具材、値段…それぞれ差し引いて及第点に★ひとつプラスが妥当だと判断しました。少なくとも第1弾のような不満(というか製品的に致命的な欠点)は見当たらなかったので、そこは個人的に安心したというか…うんw コンビニでの定価購入は手放しにオススメできませんが、クオリティの高いノンフライ麺を使ったカレー味の汁なしカップ麺が気になる人は買ってみても損ではない製品かと思います。



【こんな人にオススメ】

「えっと…ノンフライ麺でカレー味の汁なし麺が気になる人w」


【余談】最初、なぜか「イタリアンスパゲッティ」と勘違いしていて、そういえば馴染みがないな…イタリアンなスパゲッティだったら普通じゃない? なんて思いつつ、気になって調べちゃってたんですよねぇ…18分くらい(あーもったいない…)で、いやいや「インディアン」かとw でも調べて下書きしたのを消すのも惜しかったので、もし「イタリアンスパゲッティ」を知らなくて、その存在が気になった方は、えっと…以下どうぞw

まず定義や決まった調理方法などは存在せず、地域によって異なる料理を指すそうです。関東ではナポリタンと同じ具材を使用し、ケチャプを使わずに塩と胡椒(醤油等)で味付して油炒めしたスパゲッティのことを「イタリアン」と呼ぶんだとか。で、関西では一部の喫茶店において「ナポリタン」のことを「イタリアン」と呼んでいる(聞いたことないけど…)とのこと。そして、名古屋などの中京圏では、一部の喫茶店がナポリタンに似た独自の料理を「イタリアン」と呼んでいるらしく、熱したステーキ皿にナポリタンを盛り、溶き卵を流し込むスタイルが多いそうです。「喫茶ユキ」という喫茶店で、1961年(昭和36年)に誕生したメニューなんですって。以上w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:美味しさ発掘!ジモト麺 名古屋発 インディアンスパゲッティ風まぜそば
製造者:エースコック
内容量:101g(めん80g)
発売日:2018年3月19日(月)
発売地区:全国新発売(スーパー・コンビニ等)
取得店舗:ローソン
取得価格:245円(税込)
希望小売価格:230円(税抜)
JANコード:4901071207496

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋(特製ペースト・かやく)

~標準栄養成分表~

1食(101g)当たり

エネルギー:363kcal
たん白質:7.7g
脂質:7.3g
炭水化物:66.7g
ナトリウム:1.5g
カルシウム:213mg

(食塩相当量:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維、たん白加水分解物、卵白粉)、添付調味料(植物油脂、果糖ブドウ糖液糖、ポークエキス、しょうゆ、たん白加水分解物、野菜ペースト、食塩、トマトケチャップ、香辛料、デーツピューレ、カツオブシエキス、小麦粉、ビーフ調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(グァーガム)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉

参考URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1802_GXIY.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。