明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば とんこつ味」 - スポンサー広告明星食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば とんこつ味」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば とんこつ味」です。23年の歴史を持つ「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズですが、なんとブランド初の「とんこつ味」が登場…って、メーカーのニュースリリースを見て知ったんですけど、まさか初めてのテーマなんですね。ここ最近、まるか食品の「ペヤング 豚骨醤油やきそば」や、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 黒胡椒豚骨まぜそば」(豚 “骨” とは少し違ったが)など、汁なしカップ麺なのにテーマが豚骨というのも珍しくなくなってきたように思います。「油そば」や「まぜそば」系のカップ麺が意欲的にリリースされている昨今、もはやカップ焼そばの概念そっちのけ状態ですけれどもw いやいや、いいんじゃないでしょうか。とんこつの “骨” も意識されているのかどうかも気になりますし、一平ちゃん夜店の焼そばシリーズでは必須とも言えるマヨネーズとの相性など、味の面で気になっていることも多いのですが…「豚ウマ!」こ、これは…どういうつもりなんですかねw えと…発音は「ぶたウマ」?「とんウマ」? “とんこつ” だから後者か…?





ソースは、いわゆる焼そばソースではなく、とんこつラーメンの液体スープみたいな雰囲気で、それを敢えて大きく捻らず汁なしに落とし込んだような、差し詰め焼きラーメンの雰囲気でしょうか。湯切りの行程を省いたら、そのままスープになるんじゃないの?みたいな。けっこう塩気が強かったので、私の舌には厳しかったんですけれども、豚脂によって動物系の重厚感を打ち出し、ガーリックやジンジャーなどによる香味野菜と若干の黒胡椒によるアクセントで味を整え、中でも強い胡麻油の香りが印象に残りました。やや油脂感は高めですが、「油そば」ほどギトギトしたソースではありません。とんこつラーメンのような骨っぽさや豚骨特有の癖は目立って感じられませんでしたが、ソース投入時の獣臭には豚の牙が感じられました。なるほど…骨ウマ!じゃなくて豚ウマ!とはコレですね。

マヨネーズは、からしマヨネーズではなく、極めてオーソドックスなプレーンタイプ。そして、プレーンタイプで正解だと思いました。ソースの項目で塩気が強いと書きましたが、包容力のあるマヨネーズのコクが塩気の鋭利なカドにヤスリをかけ、丸みを帯びた味わいに仕立ててくれます。それと同時に豚の牙もフィルタリングされるので、それなりに穏やかな表情になってしまうのですが、味の総合力はマヨネーズが絡んだ状態のほうが上だと感じました。マヨネーズは別添なので、いきなり全投入するのではなく、まずはソースだけの状態で味を確かめ、それから部分的にマヨネーズを投下し、ご自身の好みと相談しながら食べ進めてみてください。

めんは、いつもシリーズの変わり種で使い回されていた油揚げ麺(小麦粉、植物油脂、食塩)ではなく、今回はソースと糖類が麺に練り込まれていました。おそらく、現行品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」(レギュラーのソース味)からの汎用でしょう。取り立ててソース!というほど強い主張ではありませんが、ソースの項目で触れた「焼きラーメン」(「小金ちゃん」が発祥と言われている、茹で上げた麺に豚骨スープとソースを絡めて鉄板で焼いた麺類)にはソースが併用されていることが多いそうで、それを意識してチョイスしたのかもしれませんね。実際、顕著に目立っていたわけではないものの、存在感が皆無というわけではありませんでした。とんこつラーメンの汁なし版、みたいなイメージだったので、個人的には白い麺で食べたかったんですけどね(笑)食感は最近よくリリースされていた太麺系ではなく、一平ちゃんらしいスナック的な軽い食感の油揚げ麺です。ソース単体が相手の状態だと強い塩気から麺が負けているような印象だったんですが、マヨネーズのマイルドなコクが合わさると程よいバランスに思えました。

かやくは、胡麻、小葱、さらに小さな小葱、紅生姜で、カップ焼そばでは定番のキャベツは入っていません。この構成からも焼そばではなく、とんこつラーメンをイメージしていることが伝わってくるのですが、キクラゲが入ってたら完璧だったんですけどね。とは言え、とんこつスープを模していたソースと胡麻、小葱、紅生姜のアクセントは相性がよく、ソースの胡麻油とは違う胡麻の芳ばしさがパンチを演出し、相乗効果を図ります。やや後入れ小葱の歯触りが気になりましたが、やはり風味は湯戻し後の小葱よりも一枚上手ですね。本物の小葱とは完全に違うベクトルを歩んでいますけどw 紅生姜は一般的なソース焼そばの乾燥紅生姜と同じ物ですが、適度に酸味でアクセントを添えながらも一辺倒に主張することなく(まぁもうちょい多くてもよかったけどw)全体象を見渡せば程よいと思える存在感でした。


(標準は★3です)

「夜店の焼そば」というよりも「屋台の焼ラーメン」な雰囲気だったんですが、とんこつラーメン用のスープを軸に、豚脂と胡麻油で汁なし用にアレンジして落とし込んだような仕上がりは、とても分かりやすい味でした。豚骨の「骨」は特に意識されていませんでしたが、液体ソースを投入した時のワイルドな獣臭は「豚」のワイルドさを演出していて、それでいて生臭さなどのネガティヴな印象は控えめだったので、普通の豚骨ラーメン系のカップ麺さえ大丈夫なら、オススメしたい一杯です。私は塩気の強さが気になってしまったんですけれども、マヨネーズの中和効果で食べやすく(とは言え、結果的な塩分の摂取量は変わりませんが…w)ソース・マヨネーズ・ふりかけが三位一体揃った仕上がりは、まさに一平ちゃんらしい強みが活かされた結果に思えました。マヨネーズとソースの相性については好みの分かれるところかと思いますが、マヨネーズの投入は義務ではないですからね。今回はプレーンタイプのマヨネーズだったので、カップ麺に使わなくても使い道は他にもあるでしょうし、お好みで調整してください。で、なるほど「豚ウマ!」でしたw

余談:明星食品の標準栄養成分表に使われていたテンプレートなんですが、今回から日清食品と同じスタイル(「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺」から変更)に変わりましたね。まず「標準栄養成分表」という表記から「栄養成分表示」という表記になり、「エネルギー」の部分が「熱量」に、「たん白質」は「たんぱく質」、「ナトリウム」の項目には直接「食塩相当量」が記されています。原材料名も食品と添加物が「 / 」で区切られ、完全に日清食品のテンプレと同化しました。えっと…それだけですスイマセンw



【こんな人にオススメ】

「とんこつ焼きラーメンのイメージで興味をそそられた人」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば とんこつ味
製造者:明星食品
内容量:117g(めん90g)
発売日:2018年4月2日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:116円(税込)
希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4902881436953

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋(ソース・マヨネーズ・あとのせかやく)

~栄養成分表示~

1食(117g)当たり

熱量:556kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:28.6g
炭水化物:64.6g
食塩相当量:5.3g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:136mg

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、ソース、糖類)、ソース(マヨネーズ、しょうゆ、豚脂、糖類、植物油脂、食塩、ポークエキス、香味油、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料)、かやく(ごま、ねぎ、紅しょうが) / 調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、増粘剤(グァーガム)、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

参考URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/6818.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。