明星食品「明星 大砲ラーメン 黒とんこつ」(2回目) - スポンサー広告明星食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星食品「明星 大砲ラーメン 黒とんこつ」(2回目)



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。先日、ブログサークルというSNSで、札幌のオープンスケベ(※とても聡明で思慮深い女性です)と話していたんですが、ネット上で頻繁に見かける「 _(:3 」∠)_」がアザラシ(私taka :aの見解)なのか、それとも人(北海道在住OPSの見解)なのか…ってことで気になって調べてみたら、ヒットしたのが…「たかざわじゅんすけ」(高澤淳介)まさかの個人名がヒッツw しかも、けっこう前から話題になっていたようで、ネット上では2016年10月に盛り上がっていたようですね。いやぁ〜知らなんだ。他にも「 _(┐「ε:)_ 」「 ヾ(:3ノシヾ)ノシ 」「 (‘、3_ヽ)_ 」「 (:3っ)っ -=三[布団] 」など、いろいろなバージョンがあって可愛かったです。中でも私が気に入ったのは…「_(。゚⊿ 」∠)_ 」これ(笑)え、違う?また別の名前? ちなみに私の中で「 _(:3 」∠)_ 」は、この人のイメージが強かったりもしますw


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 大砲ラーメン 黒とんこつ」です。当ブログでは、どんぶり型の「昔ラーメン」が驚異の★8を叩き出している「大砲ラーメン」のカップ麺なんですが、どうもタテ型では伸び悩んでしまうんですよね。この「黒とんこつ」は、2016年9月26日にも発売されており、2017年2月20日に再販。今回で通算3回目の発売になるのですが、2017年はスルーしていたので、当ブログで取り上げるのは2回目になります。今回、お客様のご要望にお応えし、とんこつの旨みをさらにアップして発売とのこと。初版では、これといって特徴のないオーソドックスで有り触れたベースの豚骨感に若干の不満を感じたものの、一般的な黒マー油とは一線を画す、辣油をミックスした特製ピリ辛マー油が印象に残っています。けっこうスナック的な仕上がりだったので、今回もカップ麺らしい豚骨だろうと想定しつつ、お客様のご要望にお応えした明星食品の心意気に期待したいですね。





スープは、「濃厚なとんこつスープに、大砲ラーメンのオリジナルレシピを再現した特製ピリ辛マー油を合わせ」た、「ラー油のピリッとした辛みと、ガーリックの香ばしい風味が特長」とのこと。やはり特製ピリ辛マー油の下は没個性な…と、思いきや、なかなかどうして頑張ってるじゃないですか。豚骨臭は控えめですが、熱湯を注ぐ前から程よく獣臭が漂い、本物のラーメンとは違う明らかに粉末的なスナッキーでジャンクな味わいではあるものの、ほんのり甘いクリーミーな味わいはカップ麺らしいジャンクさを上手く転がしているように思えました。で、特製ピリ辛マー油なんですけど、たしかに若干のピリ辛(に、毛も生えない程度のアクセント)と焦がしガーリックのアクセント…が、まぁ常識の範囲内で適度にw 写真で見たら随分と主張が強そうに見えますが、実際のところ軽く混ぜると同化しちゃう感じだったので、調味油を入れてからは混ぜないで食べたほうが楽しめるかもしれません。しかし、表面に軽く油膜が張られるほどの量は入っていたので、粉末スープだけでは打ち出せない、こってり感の演出には効果的でした。…と、なんだか特製ピリ辛マー油がパワー不足だった、みたいな感想になっちゃってますけど、それ以上に強烈なアクセント…いや、アクセントの枠を超えた主張の持ち主がですね…

めんは、「大砲ラーメンの麺をイメージした、中心が硬めで濃厚スープとしっかりと絡む細麺」とのこと。食べ始めは中心部の硬め食感が嬉しかったんですが、初版と同様に割と早い段階から質感は取り立てて個性のないオーソドックスな油揚げ麺となり、また芯が残るような食感というのも本格的なバリカタ低加水麺とは違うので、本格さには期待しないほうが無難でしょう。縮れのある細麺で、食感も風味も超オーソドックスで没個性なスナックタイプですから、完全に割り切ったほうが賢明です。とは言え、スープ馴染みがよく、また今回のカップ麺らしいスープとドンピシャでマッチしていました。いっそスナック的な食べ物だと潔く割り切って、熱湯を注いでから2分ほどでフタを開ける、くらいがいいかもしれません。ちょっとサクサクした食感かもしれないけど、それもカップ麺の醍醐味っちゃぁ醍醐味ですからねw ただ、早めに食感は緩んでもデロデロになるほど頼りない劣化スピードではなかったので、焦って食べないと…ってほど危なっかしい子ではなかったです。

かやくは、「ダイス状の味付け肉に、タマゴ、ネギ、紅ショウガ、ゴマ」とのこと。ダイス状の味付け肉は、日清食品の謎肉(ダイスミンチ)的なカップ麺らしい具材なので、再現カップ麺の肉具材としてはアレですね。ただ、今回はスープがカップ麺らしい豚骨味だったので、マッチングは悪くありませんでした。タマゴは…ええ、もう明星食品のトレードマークみたいなものですよねw とんこつラーメンがテーマで容器がタテ型 or バケツ型の時は、高確率で投入されている具材です。無論、これもスープと相性がいいんですよねw ネギは歯触りがアクセントに、ゴマは多めに入っていて、こちらも芳ばしさとパンチの演出に効果的でした。で、スープの項目で引っ張った強烈なアクセント…そう、紅ショウガ。まぁ〜こいつがヤンチャでねw ご覧の通り量が多く、しかも乾躁状態で最初から容器の中にスタンバっている状態ですから、とんこつラーメンに紅ショウガは要らない派の皆様…諦めてください不可避です。で、熱湯を注いでから3分間(今回は2分推奨)、待っている間に紅ショウガの香りと酸味がスープに滲み出てくるため、良くも悪くもスープに影響してきます。スープ自体を飲む分には苦手でさえなければ気にならない程度かもしれませんが、私には雑味に思えてしまいました。しかも、こちらの求めているタイミングを無視して大小様々な紅ショウガ群が空気を読まずに入り込んできやがるため、特製ピリ辛マー油の個性が云々の前に紅ショウガ貴ぃ様ぁぁーーww みたいな、うん。まぁ紅ショウガが好きな人、とんこつラーメンに紅ショウガはデフォだぜ、って人には嬉しい存在かと思います。ただ、バランス的にはキクラゲに置換したほうが万人ウケするんじゃないのかなと思いました。いや、強烈な紅ショウガが店の個性だったら戯言ですスイマセン…と、思って実際の「黒とんこつ」を検索してみたんですが、おいおい紅ショウガはデフォ仕様じゃなかったぞコノヤローw お店のラーメンを見るに、再現度を意識するのであれば、紅ショウガよりもモヤシでしょう。まぁこれはこれで記憶に残るインパクトではあったんですけどねw


(標準は★3です)

とりあえず、実際に「大砲ラーメン」のメニューにある「黒とんこつ」の再現度に関しては言及しない方向で評価しますが、カップ麺らしさを重視して評価すれば、なかなかの出来栄えだと思います。スープはスナッキーでジャンクな方向性とは言え、甘みを帯びたクリーミーな豚骨スープは素直に印象がよく、ビジュアルほど特製ピリ辛マー油は主張してきませんが、こってり感の演出には効果的な存在。カップ麺らしい軽めの油揚げ麺もスープとの相性がよく、これまたカップ麺らしい具材の構成が違和感なくマッチしていて、それぞれの見据える先が “カップ麺ならでは” という一点に集中している、これぞ実際の名店では食べられない味わいには素直に高い満足感が得られました。しかし、曲がりなりにも再現カップ麺なので、初版では印象に残った特製ピリ辛マー油の存在感が薄れていたこと…また、それを凌駕してアクセントの枠を超越した存在感を放つ紅ショウガの主張など、ちょっと違うんじゃないのかな? という部分が無きにしも…まぁ私は本物の「黒とんこつ」を目の当たりにしたことがないんでね、再現度に関しては偉そうなこと言えないんですけれども、だいぶカップ麺オリジナルのテイストになってんじゃないのかなー、と思いました。ただ、美味しいですよ(笑)ちゃんと濃厚だったし、カップ麺らしい豚骨味にポジティブな人は、けっこうツボにハマるんじゃないかと思います。


【こんな人にオススメ】

「とんこつラーメンには紅ショウガがデフォ」「カップ麺らしい豚骨味が好き」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 大砲ラーメン 黒とんこつ
製造者:明星食品
内容量:106g(めん75g)
発売日:2018年3月26日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:170円(税込)
希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4902881428828

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(調味油)

~標準栄養成分表~

1食(106g)当たり

エネルギー:513kcal
たん白質:11.3g
脂質:26.5g
炭水化物:57.4g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:232mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:513kcal (めん・かやく:397kcal / スープ:116kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:3.6g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(豚・鶏エキス、豚脂、でん粉、糖類、小麦粉、香味油、たん白加水分解物、乳等を主要原料とする食品、香辛料、食塩、しょうゆ、香味調味料、デキストリン、えびエキス)、かやく(味付豚肉、ごま、卵、ねぎ、紅しょうが)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、乳化剤、香料、かんすい、カロチノイド色素、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、ムラサキイモ色素、ベニバナ黄色素、(原材料の一部にゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/6740.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。