日清食品「日清麺職人 梅仕立ての牛だしそば」 - スポンサー広告日清食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品「日清麺職人 梅仕立ての牛だしそば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。3日ほど前から、予約投稿の時間をシレッと深夜枠に変更しております。常連の皆様におかれましては、えっと…なれてくださいw と言うのも、ちょいと諸事情も絡んでの変更なんですが、今までは基本的に実食の当日23時頃に予約投稿、翌日の昼12時に公開、というサイクルで運営しておりました。しかし、今後は実食の当日中にアップしようと思いますので、これまでよりも12時間早く新商品の情報を公開できると思います、たぶん、きっと、めいびぃ…(頼りねぇ…w)ってことで、引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いします(ぺこり)



さて、本日の一杯は、日清食品の「日清麺職人 梅仕立ての牛だしそば」です。同時発売品の「日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば」が美味しかったのと、個人的に牛だしが大好きなので、必然的に期待値が高まっている現在なんですが、梅ですよ梅…いや、梅は嫌いじゃないんです。お菓子でも梅味は大好きだし、梅うどんや梅そうめん(麺に梅が練りこんであるの)は大好きなんですけど、うどんやラーメンのトッピングに梅肉が添えてあr…みなまで言わせないでください。梅の爽やかさで牛だしの個性が消えないといいんだけど…パッケージを見た感じ、梅はオイルとか粉末じゃなくてペーストっぽいので、ちょ、ちょっとずつ広げてみますかね…w




(・・・・しょぼっ…w)

スープは、「塩ベースに牛だしのうまみをきかせた、さっぱりとした味わいのスープ」に、「紀州産の梅を使用した梅ペースト」が別添とのこと。私はスープ単体で口に含んだ時の塩カドが少し気になったんですが、麺を食べている時には程よい塩梅で、何と言ってもシンプルな牛だし。こいつが非常に好印象で…ああ梅ペーストを溶かしたくないw 牛骨から丁寧に出汁を取り、牛脂が程よくクセを、若干の甘味が味に奥行きを生み、塩気が後味を引き締める、焼肉屋さんのサイドメニューにあるような、あっさりとした牛テールスープのイメージですかね。いやいや、とても美味しいです。ああ梅ペースト…w と、ビビっていても仕方がないので、レビューの為に全量攪拌しましたが…え、なにこれ美味しいw いや、まぁ個人的には別に梅ペーストなくてもよかっt… ガチの梅干系ではなく、蜂蜜漬けの梅干をペースト状にしたような甘酸っぱい初恋タイプだったので、強烈に塩分の主張が強くなることもありませんし、梅の甘酸っぱいアクセントが牛脂のクセを中和してくれるため、牛脂のクセは…という方には嬉しい飛び道具になるでしょう。それでいて梅一辺倒になることはなく、きちんと牛だしの旨味が残るバランスだったんですよね。個人的には、まず液体スープだけの段階を楽しむ。次にスープの量を考慮し、梅ペーストは⅓から半分くらいの量で様子見しながらの投入をオススメします。

は、「“全粒粉”を練り込むことで小麦本来の風味が感じられる、しなやかなノンフライ中細ストレート麺」とのこと。「山椒仕立てのはまぐりだしそば」と同じノンフライ麺でしょう。今回のスープには塩気のキレがあったと書きましたが、そのキレが程よく麺の小麦を引き立てるように作用し、ややバランスは若干ながら麺勝ちしているような状態ではあったものの、「麺職人」シリーズの特性とコンセプトを考慮すると、このあたりの力関係がベストなバランスなんだと思います。

具材は、「たまご、ネギ」とのこと。えっと…(17秒ほど閉口w)まずパッケージの写真だとタマゴは具材として掴めそうなサイズに見えますが、実際は先回りして粉砕状態w なので、ほぼスープの一部ですね。かと言って生の溶き卵を加えたようなマイルドさが演出されるわけでもなく、あまり価値が見出せませんでした。ネギも目立ってなかったし、具材への希望は捨ててください。テーマの雰囲気的に牛肉具材が欲しいところではありますが、最近のパターンから推測すると間違いなく “大豆ビーフ” が入ることになるでしょう。大豆ビーフは大豆たん白を主原料とし、牛肉を模して作られた具材なんですが、か~なり甘濃~い味付けなんですよね。もし今回のスープに使用されていたら、暴力的に幅を利かせて繊細な牛だしを駆逐するような存在となっていたでしょう。うーん、まぁでもテールスープって具沢山なイメージないし…椎茸か後入れの白髪葱なんかが入っていると嬉しかったかな。


(標準は★3です)

私は麺職人に具材のボリュームを求めておらず、コスパの高い麺を活かす繊細で丁寧なスープさえあればいいと考えている人間なので、今回は上出来の★5としましたが、具材のボリュームにウェイトを置いておられる方は、ちょっと手厳しい評価になるかもしれません。今回はシンプルな牛だしが好印象だったんですけれども、牛脂の風味やクセが気になる人は梅ペーストで中和できますし、逆に勿体無い! という人は省くこともできますから、お好みの量で調節してください。「山椒」と「はまぐり」、「梅」と「牛だし」、どちらも変わったテーマでしたが、きちんと個性が表現しつつ、麺職人らしさの活かされた良作だと感じました。全麺リニューアルからスープの塩気が強くなりましたが、実際に麺とのバランスは程よく保たれているので、きちんと計算してのこt…って当たり前かw 今回のシリーズ新作、どちらも具材の貧弱さこそ否めませんが、当ブログとしてはオススメしたいカップ麺です。



【こんな人にオススメ】

「丁寧な牛だしに甘酸っぱい梅のコントラストが気になる」「へぼ具材に寛大」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清麺職人 梅仕立ての牛だしそば
製造者:日清食品
内容量:90g(めん65g)
発売日:2018年2月12日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:127円(税込)
希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4902105245248

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋(液体スープ・かやく・梅肉ペースト)

~栄養成分表示~

1食(90g)当たり

熱量:281kcal
たんぱく質:6.8g
脂質:4.8g
炭水化物:52.7g
食塩相当量:6.4g
(めん・かやく:1.6g)
(スープ:4.8g)
ビタミンB1:0.56mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:130mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:281kcal (めん・かやく:254kcal / スープ:27kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、卵粉、しょうゆ、チキンエキス、大豆食物繊維)、スープ(たん白加水分解物、牛脂、食塩、ビーフエキス、梅肉ペースト、糖類、香辛料)、かやく(卵、ねぎ) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、酒精、香料、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、ビタミンB1、野菜色素、甘味料(ステビア)、ビタミンB2、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6649

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。