日清食品「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」 - スポンサー広告日清食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清食品「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。身内の車がドナドナされました。いや、事故とかじゃないですよ。かれこれ20年選手(もっとか…?)で、所有者の意向もあり、彼(彼女?)の心境は分かりませんが、円満のドナドナです。私も随分と世話になった車で、思い入れもあり、廃車になることは去年から決まっていたことではあったんですけれども、錆びた足回り、軋むドアやトランク、おぼつかないワイパー…で、いざ今日だぞーってなると急に込み上げてくるものが…だからって泣いてないけど(鬼と言われます)スクラップの前に、「こんなボロボロになるまで、よく頑張ってくれたね」「ありがとう」ってポンポンしときました。まぁだから何だって話なんですけど。ただ、車がヤキモチやいたり、パソコンがサヨナラって言ったり、人形なんかが定番の例えですが、者だけでなく物にも魂は宿るよね、って。バイバイ、車。



さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」です。「大辛」こういうのねぇ…刺激のニュアンスを伝えるのって本当に難しいわけですよ(いきなり愚痴るなw)私は一応、辛さに対する耐性値が一般の人よりも高いと思っているのですが、何を基準にしたらいいんだろう…麻婆豆腐の素(丸美屋)とか? 大辛は辛口以上、激辛未満でOK? わかりました、それで行きましょう。ところで湯切りなしのU.F.O.といえば、昨年の8月に「あんかけ中華風焼そば」のリリースがあり、いつの間にか数量・期間限定のスポット商品から通年販売されるレギュラー商品の座に上り詰めていました。その既存品はタイトル通り旨味重視の中華風あんかけソースだったんですけれども、今回は旨辛味噌とのことで、ほぼ全くの別テイストみたいですね。刺激の強さも然る事乍ら、旨味との兼ね合いにも注目しながら食べ進めたいと思います。◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ





ソースは、「とろみのあるあんかけ風ソース」で、「味噌の旨みと唐辛子の辛さが特長」とのこと。えっと、カラムーチョ…?(笑)いや、もちろん全く同じテイストではないんですが、かなりスナック色の強い味わいです。味噌は粉末味噌なので、リアルさこそ控えめではあるものの、まさにレトロな袋麺の味噌ラーメンに通じる粉末スープ的な味噌感から、それに魅力を感じる方は多いでしょう。刺激の強さは一般的に見ても辛口ですが、辛口以上、大辛未満? ちょっと大辛のニュアンスが絶妙すぎてアレなんですけれどもw とりあえず辛口ちょい上から激辛未満? くらいのラインだったので、ファミリー向けの市販品で辛口が苦手な人には厳しい刺激になると思います。甘味は糖類による作用が強めではあったものの、ジャンクな甘さと全体のスナック的な雰囲気は相性がよく、それとは違った野菜の甘味を野菜調味料が演出。ガーリックパウダー的なアクセントも強く、食後はカラムーチョを食べた後くらいの口臭を事前に覚悟されておいたほうが賢明かと思いますw ちなみに餡掛け風とのタイトルですが、その名に恥じない粘性を誇っていました。

は、「しなやかでコシのある細めの麺」で、「とろみのあるソースがしっかりと絡」むとのこと。既存の「あんかけ中華風焼そば」と同じかな? 通常のU.F.O.よりも細く、コシの強さも感じられない、むしろ柔らかくて優しいタイプ。食感も軽く、単独での主張よりも一体感を意識しているような仕上がりです。今回はソースに唐辛子の刺激があったのとスナック的な味付けの方向性から、麺のジャンクな質感がフィットしていました。反面、とろみの強いソースが纏わり付いてくるため、やや麺が押され気味な印象もあります。しかし、皿うどんや堅焼そばを除いての話ですが、餡掛け系の麺類って少し柔麺のほうが合うように思いません? 思いますよね? そういうことです(親指ビシイッ)ちょっと油揚げ麺特有の風味も気になったんですが、ソースの方向性から麺の芳ばしい風味も相性は悪くありませんでした。

具材は、「大切りキャベツ、キクラゲ、ニンジン」とのこと。具材の構成は「あんかけ中華風焼そば」と同じですが、キャベツのサイズは大切りではなく、人参の形状も違います。人参は存在感なかったなぁ…反面、キャベツの食感がアクセントに効果的。それとは違うキクラゲの食感もよく、やや全体量は少なめに思えましたが、餡掛け風のソースが腹に溜まるので、値段を思うと及第点ですかね。


(標準は★3です)

思っていたよりも刺激が大人しかったので、幾分か唐辛子に対する物足りなさを感じてしまったんですけれども、辛い食べ物が苦手ならヤメとけレベルには余裕で達していると思います。次に、カラムーチョなどのスナック菓子が苦手な人は、これを素直に楽しむ余裕ないかもしれません。かなりジャンクなテイストだったので、本格志向がデフォの人にはオススメできないカップ麺です。反面、ホットチリ系のスナック菓子が好き、カップ麺ならではのジャンクさに魅力を感じる、唐辛子の刺激にポジティブ、その条件が当て嵌まる人であれば、ほんと素直に楽しめると思います。今回のテイストはジャンクな路線にあっても不自然ではなかったし、むしろプラスに働いていると感じたので、総評は後者の目線から見て判断しました。もうちょい具材は頑張ってほしかったかな? でも基本、「どん兵衛」と「U.F.O.」の変わり種は具材に貧弱なイメージですからね(苦笑)大辛は気になるけど激辛は…という人は少し構えて、激辛ウェルカムな人は少し刺激の期待値を下げて楽しんでみてください。あ、とろみの素は一箇所に対して集中的に投下してしまうと見る見るうちに凝固してダマになる可能性があるので(なりかけて焦ったw)回しかけるように投入し、間髪入れず混ぜましょう。で、外装フィルムを剥がした後のフタ上に混ぜる時間の目安は1分程度と書かれていますが、個人的には2分弱を推奨します。それから容器の形状が浅く広いので、勢いよく混ぜるとスープが容器の外に飛ぶ危険性が…(っていうか飛んだし…w)くれぐれも火傷には気を付けてください。



【こんな人にオススメ】

「カラムーチョ系のスナック菓子が好き」「カップ麺の湯切りが面倒w」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば
製造者:日清食品
内容量:111g(めん85g)
発売日:2018年3月5日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:138円(税込)
希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4902105244425

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:2袋(粉末スープ・とろみの素)

~栄養成分表示~

1食(111g)当たり

熱量:491kcal
たんぱく質:8.4g
脂質:19.1g
炭水化物:71.4g
食塩相当量:5.0g
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.53mg
カルシウム:133mg

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、スープ(豚脂、糖類、粉末みそ、野菜調味料、香辛料、食塩、ポークエキス、乳化油脂、酵母エキス、オニオンパウダー、野菜調味油、香味調味料、植物油脂、香味油)、かやく(キャベツ、キクラゲ、人参) / 増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、香料、香辛料抽出物、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・かに・小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6736

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。