エースコック「CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング」 - エースコック

エースコック「CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、taka :aです。taka :aなんです…すいません…えっと、本題のカップ麺を捜索中にですね、偶然にも亀田製菓の新商品、「亀田の柿の種 CoCo壱番屋監修カレー×チーズスナック」を見つけまて、こっちもカレーにチーズトッピングかいw と。すいません…CoCo壱番屋監修の柿の種は以前から何度もリリースされているのですが、ピーナッツではなくチーズスナックが入り、チーズカレーを演出しているそうです。まず柿の種ですが、とび辛スパイス使用とのことで、しっかりめのピリ辛。でも味は割と柿の種寄りで、そこにカレー風味が重なっているような味です。CoCo壱番屋監修なのに、それほどスパイスの複雑味なんかは目立っていませんが、単純に柿の種が好きなら好印象でしょう。で、チーズスナックが思いのほかチーズw なんかこう…あ、グリコの「チーザ」に近いかも。ちっこい割に濃厚で、しっかりチーズスナックです。で、両者を合わせて食べてみたところ…お、おぉぅ…w チーズカレーかもしれないw もうちょいスパイスの複雑味が欲しくもあったんですが、濃厚なチーズが刺激を適度に包み込み、確かなコクをプラスする、なかなか楽しい組み合わせです。柿の種もチーズスナックもジャンルは “おかき” なので、ベースの風味も喧嘩しませんし、最初からチーズ風味のカレー味ではない、というのも遊び心ですよね。両者ともに単体で食べても美味しく、組み合わせても美味しい、よくできた取り合わせだと思いました。私は柿の種にピーナッツ欲しい派ですけどね!


ハイ、それでは本日の一杯、エースコックの「CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング」に進みます。いつもは大盛バケツ型でリリースされる「CoCo壱番屋監修」のカップ麺ですが、今回の容器はタテ型ビッグで、テーマはフライドチキンとチーズトッピング。で、とろ~り溶ける系のチーズトッピングを想像していたんですが、どうやら今回のチーズは粉チーズがメインみたいですね。とろ~りチーズがよかったなぁ…いや、でも粉チーズだからこそ功を奏している、みたいなパターンかもしれないし、うん。





スープは、「ポークベースに、玉ねぎやじゃがいも等の野菜の旨みが溶け込んだ カレースープで」、「別添のふりかけを加える事で、チーズの風味が加わり、まろやかでコクのある味わいに仕上げてい」るとのこと。とろみのあるカレースープなんですが、かなり優しくて軽いカレー味で、あんまりCoCo壱番屋らしさは感じられません。今回は別添の「とび辛スパイス」も付属していませんし、随分とスパイス感は穏やかです。正直、CoCo壱番屋らしさ(あくまでもカップ麺でのCoCo壱番屋らしさですが…)は感じられず、無難に美味しい甘口のカレー味でした。で、別添の粉チーズを…ん? これちょっと面白いですよ。パルメザン系のドライな粉チーズかと思いきや、ちょっとチーズソース系の癖を帯びた風味で、とろ~っとスープの熱で溶けて…いや、なんか怖いw 完全に混ぜると風味の癖は気にならなくなりましたが、スープの粘性が増し、マイルドさが加速します。それでもCoCo壱番屋かと言われたら「ん…?」だったので、あんまり意識しないほうがいいかもしれません。ポークの旨味とチーズのコク、野菜の旨味がメインの味で、スパイス感はピリ辛以下。なので、甘口のカレーしか食べられない人でもヘーキだと思います。

めんは、「適度な弾力を持つ、滑らかな丸刃のめんで」、「めんにも味付けをし、スープとの相性を良く仕上げ」たとのこと。一見するとヌードル系の油揚げ麺なんですが、しなやかで適度な弾力があり、見た目ほど軽い印象を受けません。「ヌードル」じゃなくて「ラーメン」なんだぞ、みたいな。時間の経過によって食感は緩んできますが、意外と耐久性があって、あんまり安っぽい印象は受けませんでした。まぁ希望小売価格が税抜210円なので、これくらいはキープしてもらわないと困りますけどね。今回のスープは非常にマイルドなカレー味でしたが、しなやかさと適度な弾力によって存在感は程よく、スープとのバランスは良かったです。それほど油揚げ麺特有の風味も目立っていなかったので、もし180円台のカップ麺に使用できたら、かなり強力な武器になりそうなんですけどね。さすがに無理か…

かやくは、「風味の良いフライドチキン、玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。風味の良いフライドチキンの前に、程良く味付けした肉そぼろ…てめぇw と、思いきや、安心してください。例のスポンジ野郎ではなく、まともな肉そぼろです。普通に美味しい。で、フライドチキンいいですよ。香辛料の効いたスパイシーな味付けで、「ナゲット」でも「からあげ」でもなく、きちんと「フライドチキン」のニュアンスなんです。肉質も自然で、ご覧の通り量も多く、しっかり主役級の存在感を放っていました。主役級といえば、玉ねぎも見逃せません。素揚げしたような柔らかくて甘味の強いタイプではなく、スライスした玉ねぎを直接熱風乾燥させたような香味の強いフレッシュなタイプで、シャキシャキとした食感が心地よく、その恩恵はフライドチキンに匹敵する満足感でした。赤唐辛子は写真の左手前に寄せた分だけだったので…存在感はエアーですw


(標準は★3です)

スープのスパイス感が随分と穏やかで平べったい印象を受けたので、あんまりCoCo壱番屋らしさは感じられなかったんですけれども、200円オーバーでも納得できる地味にクオリティの高い麺、単純な粉チーズではなかったチーズのニュアンス、でもって具材の充足感が非常に高かったので、及第点に★ひとつプラスしました。ここにCoCo壱番屋らしいカレーの複雑味があったら、バシッと上出来の★5を付けたかったんですけどね。でも、具材のフライドチキンと玉ねぎの満足感が高く、きちんと記憶に残る一杯だったので、あんまりCoCo壱番屋らしさには期待せずに楽しんでいただけたらなと思います。っていうのもアレかな…w あ、でもチーズが少し癖のあるタイプだったので、チーズ系のソースやドレッシングに含まれているようなチーズの風味が苦手な人は、少し警戒されたほうがいいかもしれません。

【こんな人にオススメ】

「具材重視」「甘口のカレーが好き」「粉チーズのニュアンスが気になる」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 フライドチキン入りカレーラーメン チーズトッピング
製造者:エースコック
内容量:85g(めん70g)
発売日:2018年2月26日(月)
発売地区:全国新発売(スーパー・コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:170円(税込)
希望小売価格:210円(税抜)
JANコード:4901071239626

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食(85g)当たり

エネルギー:369kcal
たん白質:8.8g
脂質:12.4g
炭水化物:55.5g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:179mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:369kcal (めん・かやく:314kcal / スープ:55kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(豚エキス、カレー粉、食塩、野菜パウダー、砂糖、ソース、動物油脂、チーズパウダー、クリーミングパウダー、酵母エキス、香味調味料、全卵粉)、かやく(フライドチキン、玉ねぎ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、重曹、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カロチノイド色素、香料、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1801_TLCOC.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事