東洋水産「マルちゃん 山嵐×らあめん元 背脂パンチ塩豚骨」 - スポンサー広告東洋水産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋水産「マルちゃん 山嵐×らあめん元 背脂パンチ塩豚骨」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、キャラメルコーンです。(※taka :aです)私は普段から1日に数店舗のスーパーに立ち寄っているのですが、いつもシレッと現れるキャラコンの新作。今回の期間限定フレーバーは、「黒みつきなこ味」だそうです。うん、もう美味しいですよね。北海道産大豆の黄な粉を使用しているらしく、黒蜜は…あ、こだわりは特にない。そうですか、まぁいいでしょう。開封しますと、想像通りの…いや、想像以上のオイニーがw こう、黒蜜きなこ系特有の芳ばしさが顕著に漂いつつも…ザ! キャラメルコーン! な、甘〜い香り…やべぇぜw ってことで興奮しながら食べてみますと…おや? え、なにこれオトナ…(照)いや、甘いですよ。ただ、いつもの纏わり付いてくるような甘味(※褒めてます)じゃなくて、黒蜜のニュアンスが先行する甘味というか…そこに重なる黄な粉の芳ばしさと黒蜜の芳ばしさが重なることで、なんとも和スイーツなキャラメルコーンに…いや、ちょっと何これ新感覚かもしれない。キャラメルコーンって、お子ちゃまな甘さが魅力的なスナック菓子じゃないですか。だけど、今回のキャラメルコーンは、お茶請けとして煎茶と一緒に出せそうな…はい、私これ何回かリピートします。キャラメルコーンの形(苦手な人が地味に多いようで…w)が大丈夫で、黒蜜きなこ系が好きなら絶対に買いですよ。


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 山嵐×らあめん元 背脂パンチ塩豚骨」です。全国的に知名度が高く、なおかつエリアの異なる有名店2店とコラボレーションした、カップ麺だけの「夢のWコラボ」シリーズ第9弾。今回は北海道の「山嵐」と東京の「らあめん元」がタッグを組み、“こってり” 札幌背脂豚骨× “あっさり” 東京淡麗塩の「こっさり」をテーマにした新たな味を作り上げ…ん?「こっさり」…何だか聞き覚えのある響きw「山嵐」は、2005年10月に北海道は札幌市にオープン、看板メニューは背脂豚骨の「白スープ」と魚介豚骨の「海スープ」などがあるそうです。現在では、「山嵐 黒虎」「山嵐 天上天下龍我独尊」「六嵐」など、多彩なブランドを展開しているとのこと。「らあめん元」は、2009年5月に東京は板橋区にオープン、希少な鶏の首ガラを大量に使用し、さんま節をほのかに利かせた、あっさりとした塩ラーメンが人気だろうです。恥ずかしなら「山嵐」は初めて聞くラーメン屋さんだったんですけれども、「らあめん元」は以前にも何度か東洋水産がカップ麺を製作しており、同シリーズで「龍旗信」とコラボした、「らあめん元×龍旗信 鶏塩白湯」を当ブログでも紹介したことがあります。それ以前に再現されたタテ型ビッグの製品は、ブログを始める前だったので、残念ながら私の過去記事にはありません。こってり札幌背脂豚骨×あっさり東京淡麗塩…なんかもう世界観めちゃくちゃな気もしますけどw 漠然と美味しそうでテンションが上がっております。





スープは、「豚骨と野菜をベースに、粗挽き黒胡椒やにんにくで味を引き締めた、塩豚骨スープ」とのこと。お、これは面白いバランスですね。まず味のニュアンスは、とんこつラーメンではなく塩ラーメンに傾倒します。軽くスープは濁っているのですが、豚骨で出汁を取った塩ラーメン、というイメージ。で、 “あっさり” と “こってり” の指標なんですけれども、別添されている特製油の量が多く、それも豚脂を中心とした動物由来の油脂成分で、投入した途端に豚脂の芳ばしい香りが立ち、こってりの要素を確立。それでいて黒胡椒の清涼感、後味を引き締める塩のキレ、そして全体像を俯瞰した時のシンプルな出で立ちが淡麗系のイメージを彷彿とさせるんですが、豚脂の芳ばしさと塩のキレ、黒胡椒がパンチを演出しており、決して淡白な味ではありません。魚介系の要素は含まれておらず、黒胡椒で味を整えたキレのある塩豚骨スープという安定した仕上がりから、やや没個性的な印象が無きにしも非ずではあったんですけれども、非常にバランスの良いスープでした。最初はインパクト不足かなぁ…と、思ったんですが、じわじわ後半にかけて美味しくてw 私はスープ単体だと塩気の強さが気になってしまったんですけど、麺を食べている時や具材のキャベツを食べている時には程よい塩梅で美味しかったです。

めんは、「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。たぶん…というか、「本気盛」の油揚げ麺ですね。今回はスープがシンプルな構成だったからなのか、油揚げ麺特有のジャンクな風味を強めに感じたんですけれども、マイナスな野暮ったさよりも特有の芳ばしさがプラスに作用しているようなマッチングで、スープの表面に浮かぶ豚脂の芳ばしさと油揚げ麺の芳ばしさが乗っかり合うように相乗効果を図っているような、油揚げ麺特有の風味も含めてスープとの相性が良いと感じました。しかし、苦手な人は鼻に付いてしまい、単純にネガティブだと感じてしまう恐れがあるので、油揚げ麺特有の風味が無条件で苦手な方は、回避されたほうが賢明かもしれません。お店の再現カップ麺にしては、往々にして再現する気なさすぎとも言える油揚げ麺ではあるものの、企画の根底にある “カップ麺だけの” というコンセプトを思えば、許容できる項目と言えるのではないでしょうか。

具材は、「背脂加工品、味付豚肉、キャベツ、ねぎ」とのこと。調理後の写真右下にサルベージしてある白い塊が背脂加工品になるのですが、かなり効果的な素材なんですよね。エースコックのリアル背脂には及ばないものの、ぷにぷにとした質感が背脂の粒感を演出し、またスープ表面に浮かぶ豚脂の芳ばしさと相俟って、題目の背脂を確立させます。残念ながら背脂特有の甘みなどは感じられませんが、スープのコクに寄与し、また量も多く好印象でした。味付豚肉は脂身の少ない赤身がメインで、歯応えが強く、他社の肉具材よりも加工感が控えめ。それに、狙って赤身を中心に構成していたのか、塩気のキレと豚脂の芳ばしさが印象的なスープの中で、脂身よりも赤身の肉質を意識した存在感が程よく、スープとの相性が計算されているように感じました。またキャベツの存在も嬉しく、今回の塩豚骨スープと交わることで、なんかこう…塩キャベツ的な? 美味しかったですw スープの雰囲気的に、ほうれん草も合いそうだなー。で、地味に大きかったネギw あくまで乾燥させたネギに過ぎませんが、歯触りがアクセントに目立っていました。


(標準は★3です)

有名店コラボのタイアップ製品として見ると、やや没個性な印象があり、もう少し奇を衒ったような要素や両店の個性と思えるインパクトが欲しくもあったんですけれども、 “あっさり” と “こってり” の計算されたバランスは中々で、きちんと背脂の主張も感じられる、ひとつの背脂塩豚骨ラーメンとしての総合力の高さが光る一杯でした。ただ、麺を筆頭に良くも悪くもカップ麺らしい仕上がりなので、そこを許容できるかどうかが鍵だと思います。同社の「本気盛」が好きな人は、単純に★ひとつプラスして見てやってください。塩豚骨って、ありそうでないというか、でも塩豚骨のイメージとしては王道? いや、私の勝手なイメージですけどねw 清湯寄りの豚骨をベースにして、豚脂の芳ばしさを打ち出し、適度な塩気のキレを効かせつつ、ブラックペッパーがアクセントに入っている、少なくとも白濁とした豚骨ラーメンではないので、パンチのある塩ラーメンが食べたい気分の時には打って付けな一杯と言えるかもしれません。私としては、とても好みのカップ麺でした。

【こんな人にオススメ】

「『本気盛』が好き」「こっさり塩豚骨が気になる」


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 山嵐×らあめん元 背脂パンチ塩豚骨
製造者:東洋水産
内容量:105g(めん80g)
発売日:2018年2月26日(月)
発売地区:全国新発売(CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ÆON
取得価格:221円(税込)
希望小売価格:210円(税別)
JANコード:4901990339728

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙+プラ
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋(特製油)

~標準栄養成分表~

1食(105g)当たり

エネルギー:485kcal
たん白質:10.2g
脂質:23.8g
炭水化物:57.5g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:179mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:485kcal (めん・かやく:393kcal / スープ:93kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げ麺(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(豚脂、食塩、植物油、野菜エキス、ポークエキス、香辛料、砂糖、チキンエキス、たん白加水分解物、醤油)、かやく(背脂加工品、味付豚肉、キャベツ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2018/02/post_1490.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。