まるか食品「ペヨングやきそば 油そば風」 - スポンサー広告まるか食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるか食品「ペヨングやきそば 油そば風」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、セロリをセロり過ぎてセロリ破産しそうなtaka :aもといセロリです。いやマジで…高いやん? セロリって地味に…えっと、自分で言うのも流石なんですが、私は自制心が強く、意思の強い漢(オトコ)です。数年間、1日3箱ちかく紫煙をくゆらせていたヘビースモーカーだったんですが、ある日を境に禁煙を宣言し、それからというもの1本も吸っていません。ええ、自他共に認める病的なストイッカーなんです。なんですけれども、いやもうセロリはダメお前ちょっと反則…当初、セロリは1日100gまでと決め、きっちりデジタルスケールを使って計量していたのですが、次第に「葉はノーカウント」という謎の助け舟が到来し、気が付けばマイルールは「葉に隣接している細い茎もノーカウント」に進化(?)そして現在、なんとか太い軸の部分は1日100gというルールだけは死守しているものの、それだってアテにならんですよ…そもそも、身体に良いから悪いのです。ちょっと何を言ってんのか自分でも怪しいもんですが、煙草のように百害あって二利くらいしかない嗜好品と違って圧倒的にメリットが勝るから…ね? で、気付いたんですよ。セロリの本体は “葉” だと。あの癖を味わった後に太い茎を食べようもんなら、まぁなんと優等生なことでしょう…なまぬるいわ!(いや、でも、そんな繊細さも好きよ…)というわけで、セロリアンウェイ真っ只中のセロリがお送りいたしました。現場からは以上です。それではtaka :aさん、続いてカップ麺のレポートお願いします。


どうも、taka :aです。セロリさん、中継ありがとうございました。気は済みましたか?(気は確かですか…?) さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヨングやきそば 油そば風」です。「ペヤング」じゃないよ、「ペヨング」だよ。でもパチモンじゃないよ、正規品だよ。ハイ、というわけで、まるか食品の正式な新商品であり、某国の類似品などではございません。こちら、ペヤング兄貴の弟分で、性はペヨング、名は(なんだろう…)オープン価格(希望小売価格未設定)の廉価版商品になります。これまでに、現在はレギュラー商品となっている「ペヨング ソースやきそば」とスポット商品の「キムチ味」がリリースされており、今回は「油そば風」と「激辛」が新商品として発売されました。このパッケージデザインを見て、ペヤング、ペヤンガー、ペヤンゲストの皆様は、「背脂MAXやきそば」を思い出されたことでしょう。それをギュッと安っぽくした感じ? なんですかね。廉価版のカップ麺ですから、まぁ普通に美味しいだろう、くらいのスタンスで食べたいと思います。


かやくの小袋は「ペヤング」印ですw



ソースは、「濃厚なとんこつ醤油ベースの油そばをイメージし」て、「にんにくの香りが食欲をそそ」るとのこと。「油そば」という題名ですが、オーソドックスな醤油味のカップ麺(安いやつ)を汁なし化したようなイメージですね。で、しょっぱいぞコイツw まるか食品にしては珍しく食塩相当量が4.3gという高さなんですが、それに伴って醤油と食塩の刺してくるような塩気が強く、油そばという割には他社のカップ油そばよりも…というか、普通のカップソース焼そばと比較しても大差無いような油脂の量で、ニンニクの主張も常識的です。ただ、油揚げ麺を使用した昔からあるオーソドックスな正統派のカップラーメンしょうゆ味(まぁ何をもって正統派とするのかは個人差ありますけども…)を実直に汁なし化したような仕上がりは、受け入れやすいテイストと言えるかもしれません。ただし、なかなかに強烈な塩気なので、ソースの量は½~⅔ほどで様子見されたほうが賢明かと思います。

は、いつもの「ペヤング」と同じ…だと思います多分。なんか、熱湯を注ぐ前の色が濃く見えたのと、妙に歯応えがあったような気がしたんですが、ちょっと熱湯の温度が低かった気がする(バタバタしてて沸騰から2~3分ほど経過していた)ので、その関係かもしれません。たぶん…同じでしょう!w いや、でも、やっぱり麺の色が濃いような…個体差か? とりあえず通常の「ペヤング」と比較し、麺量は10g少ない80gとなっています。かなりソースの塩気が強かったので、もうちょっと太麺だと助かったんですが…基本、ペヤングもペヨングもサイズは一律なんでねw

かやくは、メンマ、ナルト、ネギですね。「背脂MAXやきそば」と同じ構成ですが、メンマが細かく、ナルトの数も少ないです。でもメンマは特有の風味が強く、食感こそクッタクタではあったものの、オーソドックスなソースの味わいと絶妙にマッチしていました。カップ焼そばの具材といえば、とりあえずキャベツが浮かびますけれども、廉価版の商品とはいえ、きちんと油そば(汁なしラーメン)が意識されているのは嬉しいですね。ただ…ソースの塩気的にキャベツが欲しかったw


(標準は★3です)

「油そば」にしては油脂の存在感が随分と弱く、いくら廉価版の製品とはいえ、完全に名前負けしているような印象を受けてしまいました…が、「汁なしラーメン」って言われたら…あ、なるほどね、みたいな。なんかこう、昔ながらのカップラーメン(しょうゆ)や袋ラーメンの粉末スープを加えて混ぜたような、ノスタルジックでオーソドックスな味わいは、漠然と懐旧の念を引き出してくれるトリガーになるかもしれません。しかし、まぁ尖ってますよw 醤油のツッパリではなく、食塩がダイレクトに刺してくるような塩気に対する耐性値が低い方は、ソースいきなり全投入ちょっと待ったしてください。とりあえず半分…で、ちょっと物足りないかなぁ…と思ったら少し追加、みたいな感じで調整さることをオススメします。あとは廉価版の製品なので、肩の力を抜いて食べましょう。汁なしカップ麺にもライスつけちゃう人は、ご飯が進む塩気の強さが相俟って、いい御菜になると思いますよ。

【こんな人にオススメ】

「コスパ重視」「強い塩気も魅力」「インスタントらしいレトロな味が好き」


Special thanks!商品提供:たうい「おじんの初心者(仮題)

ブログサークルの皆様へ:本日より多忙につき、私のコメント活動は3日間ほど返信のみに集中します。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヨングやきそば 油そば風
製造者:まるか食品
内容量:100g(めん80g)
発売日:2018年2月12日(月)
発売地区:-
取得店舗:スーパー(たうい)
取得価格:116円(税込)(たうい)
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4902885004745

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋(ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食(100g)当たり

エネルギー:459kcal
たん白質:7.9g
脂質:23.7g
炭水化物:53.4g
ナトリウム:1.7g

(食塩相当量:4.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、ラード、食塩、植物油脂、糖類、ポークエキス、香辛料、香味油、醸造酢)、かやく(メンマ、ナルト、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、グァーガム)、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、香料、乳化剤、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2

アレルゲン情報:小麦・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/products/862/

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。