サンヨー食品「サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て」 - スポンサー広告サンヨー食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンヨー食品「サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、最近ちょっとセロリに対する愛が尋常じゃないtaka :aです。どのくらいヤバいかっていうと…えへへへへ(だいぶキてますね…)なんか、もうセロリさえあったら生きていけるんじゃないかと(※無理です)セロリさえあったら人生なんとかなるんじゃないかと(※なりません)もう「taka :a」から「セロリ」に改名したいくらい…あ、なんか可愛いかも、セロリ。「どうも、セロリです…キリッ」うん、なかなか…いや、ほんっとヤバいんですって。たぶん、これニコチンよりも依存性ありますよ。ここまできたら法で取り締まるべ…あ、いや、ごめんなさい嘘です取り締まらないで…! なんだろう…なんか起きてる時は常にセロリのコトを考えてしまうというか、もちろん食事のメニューにも取り入れているのですが、こう…常にセロリを食べていないと落ち着かないというか、私もうチェーンスモーカーならぬチェーンセロリラーですよ。常に食べていたい。冗談抜きで。24時間食べていたい(ちなみに生のままポリポリと)実際、TPOを弁えずに運転中だろうと関係なく口の中がセロリの味になるほどの錯覚を脳が演出するくらい異様にセロリが食べたくて食べたくてもう病気なんじゃないかと思うんですけどこんな病気聞いたことないしどうしようもねぇだろコノヤローってぜぇぜぇ…っていうかチェーンセロリラーって何だよ(真顔)さて! そんな(どんな…)セロリなんですけれども、ダイエット指数が高い食材として有名ですよね。まずマイナスカロリー食品として有名な食材ですが、食品自体のカロリーよりも消化に必要なカロリーのほうが多い食材のことを指し(医学的な根拠は無い)理論上、セロリを生のまま味付けなしで食べていれば、それが肥満の原因になることはありません。むしろ、痩せます。大体セロリ1本あたり15kcalくらいなんですが、その消化に必要なエネルギーは50kcalと言われているので、セロリを1本食べるだけでマイナス35kcalという計算になりますね。そして、セロリの香りに含まれているアイピンセネリンセダノリットという成分には、気持ちを落ち着かせ、ストレスの緩和不眠症の改善にも効果があると言われており、ポリフェノールの一種であるアイピンの抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。さらに美肌の源ビタミンC、肌荒れの防止に効果発揮するβカロテン、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB群、血行促進のビタミンE、透明感のある肌をサポートしてくれるピラジンなど、まぁいろいろ入っているわけなんですが、ビタミンCとビタミンBが手を取り合うことで抗酸化作用が強まると言われ、またβカロテンにも強い抗酸化作用があり、とにかくエイジングをアンチする気満々な食材なんですよ。美容効果だけでなく、二日酔いや食欲不振の改善、ガンの予防にも効果があると言われています。特筆すべき成分として、カリウムも豊富に含まれているのですが、カリウムには体内の余分な塩分を排出してくれる効果があり、浮腫の解消高血圧の予防・改善にも期待大。食物繊維も豊富なんですが、その効能に関しては私の説明など不要でしょう。ちなみに茎だけでなく、葉にも高い栄養素が含まれており、βカロテンは茎の2倍、食物繊維やビタミン類も実は葉っぱにも多く含まれているので、捨てたら勿体無いですよ。ただし、薬も過ぎれば毒…食物繊維の過剰摂取は逆に便秘(お昼の12時に申し訳ありません…)を招いてしまいますし、腎臓の機能が低下している方は豊富なカリウムによる高カリウム血症の恐れもあるので、どんな食材も偏った過剰摂取は控えましょう。ちなみに買ってきたセロリの保存方法なんですが、葉が茎の水分や栄養を吸い上げてしまうので、すぐさま葉と茎の間を切り離し、新聞紙もしくはキッチンペーパーなどで包んでからビニール袋に入れ、可能であれば茎は立てて冷蔵庫の野菜室などに保存しておきましょう。むしゃむしゃと葉っぱを貪ることに抵抗のある人は、刻んでから冷凍しておくと必要な時にハーブ感覚で使えますので、ちょっとした香り付けのアクセントにあると便利ですよ。なんだったらセロリのオススメレシピも紹介したいんですけれども…そろそろ本題に入らないとヤバいですよねw えっと、なんかゴメンなさい長々と…ご覧いただきアリガ…ああ待ってブラウザバックしないで本題こっからw


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て」です。ピックルスコーポレーションの「ご飯がススムキムチ」といえば、大半のスーパーで見かける人気商品ですよね。私は普段、お気に入りのキムチがあるので、「ご飯がススムキムチ」は滅多に買わないんですけれども、リンゴの甘味が特徴的なキムチだったと記憶しています。キムチ味のカップラーメンといえば、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン」(豚キムチラーメン)や、ヤマダイの「ニュータッチ 元祖キムチラーメン」など、通年商品から期間限定品まで馴染みのある定番のテイストですが、きちんと差別化が図られているのでしょうか。私の中では「ご飯がススムキムチ」=「りんご」が決め手だと思っているので、勝手にイメージして食べます。(てか文字数の温度差…w)





スープは、「(株)ピックルスコーポレーションの人気商品『ご飯がススムキムチ』の味わいを再現したスープ」で、「特徴である、かつおのうまみ、ガーリックのコク、りんごの甘みをきかせ、辛みの中にも甘み、うまみが感じられるキムチ風味のスープに仕上げ」たとのこと。お、ちょっとコレは再現度かなり高いんじゃないですかね。基本はカップ麺らしいジャンクなキムチ味なんですけれども、まさに日本人が好みそうな白ご飯に合うキムチの印象ど真ん中なのではないでしょうか。まず注目していたリンゴの甘味なんですが、きちんと感じます。原材料にはリンゴ果汁粉末が使用されており、ぐいぐい主張してくるわけではありませんが、マイルドさの演出に寄与していて、「ご飯がススムキムチ」のイメージとリンク。写真ではスープの表面に濃いオレンジ色のオイルが多めに浮いているので、ちょっと辛そうに見えるかもしれませんが、本家キムチよりも全然だと思います。一般的に見ても、ピリ辛に毛すら生えない程度かと。反面…ガーリックなっかなか強烈ですよw かなりジャンクなキムチ風味のオイルなんですが、ちょっと食後は口臭ケアを念入りに行ったほうが賢明なレベル。なんだったら、仕事の合間に食べないほうが周りに親切だと思います。まぁ題材がキムチですから、このパンチに関しては上等ですよ。そして魚醤や魚介エキスがアミ塩辛などの魚介を思わせる旨味を演出し、ほんのり酸味のアクセントと発酵感がキムチらしさを漂わせる、きちんと「キムチ味」だったことに好感が持てました。豚脂のコクやチキンとポークの旨味が基盤を構築しますが、あくまでも旨味の土台。実直にキムチの味をカップ麺のスープとして落とし込んだような、そのストレートな仕上がりが分かりやすくてよかったです。ちゃんとカップ麺のスープとして成立しているのですが、白ご飯に合う甘辛いマイルドなキムチの雰囲気が感じられる、優等生ながらも再現度の高いスープだと感じました。軽くトロミのあるスープだったんですが、麺との絡みに寄与していたし、日本人向けのマイルドなキムチは若干のトロミが発生する傾向にありますから、この自然なトロミもイメージの膨らみに繋がっていて、ちょっと計算に思えました。

は、「なめらかさとつるみのある中太麺がスープとよく絡」むとのこと。いやいや、これは中 “細” 麺でしょうw って、サンヨー食品のサイズ鯖読みは定例ですからね。目を瞑ってやりましょう。あまり歯応えの感じられない、でもってコストを注ぎ込んだような様子も感じられないw 平々凡々な油揚げ麺で、しっとりとした優しい面持ちが特徴でしょうか。ただ、今回のスープはキムチらしいパンチがありながらも優しさを兼ね備えたタイプだったので、麺の弱い自己主張が功を奏していると感じました。これが有名店とのタイアップ製品だった場合、ちょっと待てと文句を言いたくなるようなチープさだったんですが、もともと「ご飯がススムキムチ」に麺は入っていませんし、今回は取って付けたような立ち位置でも問題ないと感じたので、麺のクオリティには期待せず、おおらかな気持ちで食べましょうw

具材は、「キムチは酸味と辛みがスープとよく合い、おいしさを引き立て」て、「肉そぼろのうまみが食欲をそそり、かき卵とネギを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。具材のキムチは大量と言えませんが、適度な酸味とピリッとした刺激がマイルドなスープを引き締め、味にメリハリを生み、製品のキムチ感を底上げして確立させます。タイプで例えると、エースコックのスーパカップに入っているような白菜キムチですね。肉そぼろは豚肉がよかったなぁ…って、そうかコレは豚キムチではなかったw 質は可も無く不可も無しだったので、これだったらキムチを増やして欲しかったかな。かき卵も少量だったんですけれども、ふとした瞬間に感じたタマゴの優しい風味が嬉しくて、とろみのある甘辛スープとマッチしていました。


(標準は★3です)

一見すると非常にソツなく無難に仕上がっているのですが、 “ラーメンにキムチをトッピング” したような作りではなく、実直に “キムチの味を再現したキムチ味のラーメン” だったので、そこに個性と再現性の高さを感じました。正直、味だけでいえば★4かな? だったんですけど、思いのほかストレートにキムチ味だったことと、題材となった「ご飯がススムキムチ」の特徴を捉えて再現できていると感じたので、コンセプトの実現と雰囲気の演出を評価してプラスマークをつけました。麺は取って付けたような平々凡々さの光るオーソドックスなタイプでしたが、仕上げの小袋がバシッとキメてくれたスープはキムチ味の再現度が高かったので、日本人向けの白ご飯に合うマイルドなキムチが好きな人であれば、なるほど納得していただけると思います。コンビニ定価購入だと少し割高な気がするので、気になった人はスーパーでの捕獲を心掛けましょう。以下、余談なんですが…今回ちょっと★5に踏み込めなかった理由として、希望小売価格と容器の形状が少し引っ掛かってしまったんですよね…というのも、タテ型ビッグ容器の製品にしてはイメージ的なインパクトに欠けるというか、たしかに題材の再現度は高いと感じたんですけど、これだったらレギュラーサイズどんぶり型で製品化したほうが得策だったのではないのかな…と、思ったんです。私はローカルスーパーにて税込148円での捕獲だったんですが、おそらくスーパーでの平均的な売価は税込170円〜190円前後になるかと思います。(的外してたらスイマセン…)しかし、容器がレギュラーサイズどんぶり型(希望小売価格180円税別)であれば、一般的な販売価格は税込108円〜127円、高くても138円が相場だと思うので、それなら★5かなぁ…って。完全に余談ですねスイマセンw ただ、コンビニで購入できる新商品系のカップ麺にしてはインパクトに欠ける仕上がりだったので、麺のクオリティや具材の量を考慮すると、どんぶり型が良心的だったんじゃないのかな…と。カップ麺に対するモノサシの違いだったらスイマセン…まぁでも美味しかったですよw 私は好きでした、このカップ麺。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て
販売者:サンヨー食品
内容量:95g(めん70g)
発売日:2018年2月19日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:148円(税込)
希望小売価格:205円(外税)
JANコード:4901734033639

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋(仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食(95g)当たり

エネルギー:429kcal
たん白質:7.7g
脂質:18.4g
炭水化物:58.2g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:228mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:429kcal (めん・かやく:332kcal / スープ:97kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、食塩、豚脂、香辛料、植物油脂、リンゴ果汁粉末、魚介エキス(魚介類)、魚醤(魚介類)、チキンエキス、ポークコラーゲン、野菜エキス、みそ、酵母エキス、魚粉、デキストリン、たん白加水分解物、しょうゆ)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、白菜キムチ、ねぎ、味付卵)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、カラメル色素、香料、レシチン、酸味料、かんすい、パプリカ色素、クチナシ色素、甘味料(カンゾウ)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0698.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。