東洋水産「MARUCHAN QTTA(クッタ) サワークリームオニオン味」 - スポンサー広告東洋水産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋水産「MARUCHAN QTTA(クッタ) サワークリームオニオン味」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


どうも、パソコンでタイピング中に右手の小指、左手の小指、人差指、親指が完全に引きこもっていることに気が付いたtaka :aです ◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ… あ、左手の親指は普通に使ってた。さて、今日のネタは(これって今までと変わらないんじゃ…)、昨日の「ポテトチップス 汁なし担担麺味」(伏兎便)と一緒に届いた、「ポテトチップス 砂丘をイメージした珈琲味」…やりたい放題かw ええ、砂丘といえば鳥取県、鳥取県の味をイメージしたポテトチップスです。なにやら鳥取砂丘の「砂」をイメージして、コーヒー味の粒を振り掛けたそうなんですが、実はコーヒーの消費量が最も多いとされているのが鳥取県なんですよね。2016年には「世界コーヒーサミット」なるイベントが開催された、「コーヒーの聖地」とも言われています。なるほど納得…って、素直に納得できないのは、あなたポテトチップスなんですよとw ただ、最近は甘塩っぱい系のフレーバーや変わり種のテイストが数多くされていますし、なにやら「黒蜜味で甘じょっぱく仕上げました」とのコメントがパッケージに…ん? 鳥取ではコーヒーに黒蜜を入れて飲む文化があるのかな? とりあえずポテトチップスの原材料名に「インスタントコーヒー」と馬鹿正直に書いてあったのが面白かったんですけれどもw 肝心の味は…うん、えっと、なんか…面白いですよw 美味しいかどうかを問われると、やや返答に困ってしまう味ではあったんですが、不味いどうかを問われると、別に不味くはないです。まず手前に感じるのはグラニュー糖の甘味で、次に黒糖らしい芳ばしさと黄な粉の香りが…え、黄な粉? いや、ちょっと黒糖のニュアンスでバカになったか…? と、思って裏面を再確認したら、ちゃんと黄な粉が入っていて安心しましたw で、インスタントコーヒーは…正直、そんなに目立ってません。というのも、ほろ苦い味覚は黒糖にも含まれますから、そっちの印象が強くて、なんかこう、カレーの隠し味にインスタントコーヒーちょっと入れてみました、くらいの存在感だったんですよね。で、珈琲味と思って食べるとギャップが生じてしまったんですが、単純に「黒蜜きなこ味」をイメージして食べると…それですw と、脳内がイメージを捕捉した瞬間、甘塩っぱい系のポテトチップスが大好きな私ですから、何の違和感もなく受け入れていました。まぁ甘塩っぱい系は「しあわせバター」が至高ですけどね。とりあえず、私は楽しめちゃいましたよ珈琲味。ただ、味のインパクトでいえば、「二十世紀梨味」とか「砂丘らっきょう味」を食べてみたかったかなぁ…いや、美味しいかどうかは別の話ですよw ところで鳥取県のココさん…現場から黒糖と珈琲の因果関係を伝えてくださいw



さて、本日の一杯は、前回記事の「バーベキューチキン味」に続きまして、東洋水産の「MARUCHAN QTTA(クッタ) サワークリームオニオン味」です。ポテチかw と、何の捻りもないツッコミを心の中で唱えたのは私だけではないでしょう。ええ、大好きですよサワークリームオニオン系。プリングルズなんてサワークリームオニオンが至高ですよね? 前回記事で紹介した、同時発売品のバーベキューチキン味が美味しかったので、かなり期待しちゃってます。しかも東洋水産のタテ型は洋風クリーム系に強い、という謎の確信があるので、なおのこと…へっへっへっ。←





スープは、「オニオンとガーリックを利かせた、爽やかな酸味とクリーミーな味わいが広がるサワークリーム風味のスープ」に、「ポテトをふんだんに使用し、濃厚でザラついた舌触りを出し」たとのこと。まずスープの粘性は非常に高く、ちょっと目を離した隙に見る見る(目を離したのに見る見るって…w)スープが無くなっちゃって、それこそクリームパスタくらいの水分しか残らず、いつぞやのゴーゴーカレーを思い出しましたよw ただですね…この濃度が堪らんです!(鼻息)具材のポテトが「バーベキューチキン味」よりも多かったことと、乳等を主要原料とする食品やチーズ加工品が含まれているので、その兼ね合いもあってのことかとは思いますが…まぁ濃厚ですよ。ど濃厚。とても食塩相当量2.0gのスープとは思えません。ある意味、ちょっとベジポタ系のスープに似ていますね。ただ、表情は完全に洋風の面持ちで、サワークリームオニオンのサワー(酸味)は取り立てて意識されておらず、ほんのりとしたアクセントに過ぎませんでしたが、優しくも明白なオニオンのコクとカップポタージュも顔負けのクリーミーさには脱帽。そこにジャストミートしていたパセリの香りも絶妙で…いやいや、これはヤバいです私とても好みですゴメンナサイw ガーリックはパウダー的なニュアンスでしたが、何気に強かったので、食後はハァ~ッ…ってしないほうが賢明だと思いますw でもって胃に溜まる系の粘性を誇っているので、しっかりと念入りに掻き混ぜてください。

めんは、「チキンの旨味と発酵調味料で味を付け、ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味を加えた、スナック感のある麺」で、「『つやもち製法』により、なめらかな食感に仕上げ」たとのこと。製品説明や原材料が「バーベキューチキン味」と同じだったので、麺は2品共通と思われますが、こちらはスープとの兼ね合いによって、幾分か幅のある平打ち状のパスタっぽい印象を受けます。とは言うものの、スナック的なタイプの油揚げ麺なので、追い掛けると精製ラードの香ばしさやジャンクな風味が見えてきますが、だからといってネガティブに作用することなく、むしろ香味の一部としてスープに寄与しているとすら感じました。あ、再度になりますが、くれぐれもフライングは…いや、まぁ好みでw

具材は、「皮付きポテト、たまねぎ」とのこと。具材はシンプルに2種類の構成ですが、「バーベキューチキン味」にも入っていた業界ナンバーワンと称しても過言ではないホックホクの皮付きポテトが入っていて、肉具材が無いからなのかポテトの量が多かったんですけれども、東洋水産は具材の個体差が激しいことと、実際にポテトは少なかったという意見もあったので、たまたま私が当たりだったのか、ブログ仲間の彼がハズレだったのか…w なんにせよ皮付きなので、独特の芳ばしさも感じられますし、ほんと最強に美味しいです。で、たまねぎなんですけれども、秀逸な皮付きポテトにも負けない存在感。素揚げしたような厚みのある柔らかいタイプではなく、シャキシャキとしたフレッシュな食感と香味を意識したタイプで、否応なしに主張してくるんですが…無論、スープとの相性は完璧。主役級の存在感を誇る具材が2種類という構成だったので、なんら不満は感じませんでした。


(標準は★3です)

えっとですね…これでも随分と冷静になって客観的に評価したつもりです、ハイ。主観的な満足度は、ぶっちぎりで★7即決です。当初は、「5++」という絶妙な評価だったんですが、もういいです★6でw あんまりサワーは意識されていませんでしたが、クリームとオニオンは明白。じゃがいもをベースにしたクリームポタージュ系の濃厚なスープは食べ応えがあり、なおかつ味の満足感も高く、それに違和感なくマッチしていた油揚げ麺に、大量の玉ねぎとホックホクの皮付きポテトですよ…もうね、味に関しては文句の付け所が見当たりませんでした。あ、スープの項目でも触れましたが、何気にガーリックが強かったことと、具材に大量の玉ねぎが入っていたので、食後はハァ~ッ…ってしないほうが賢明だと思いますw 人間関係に危惧を感じるほどのレベルではありませんが、食後は念の為に口臭をケアっておきましょう。こちらもスナック菓子を題材としたスナック的な路線だったおので、やや人を選ぶカップ麺になるかもしれませんが、純粋なスナック菓子ほどジャンクな仕上がりではありませんし、ひとつのポタージュ系ヌードルとしての完成度が高く、きちんと食事として成立する一杯だと思います。いやいや、今のところ当ブログでは軒並み高評価ですね、クッタ。その割に変わり種のリリースは、今回の2品が初めてだったので、今年はカップヌードルに負けないくらい、様々な新商品を開発してもらいたいです。(あ、3月26日に既存の定番3品がリニューアル、「CURRYラーメン」が新発売です)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:MARUCHAN QTTA(クッタ) サワークリームオニオン味
製造者:東洋水産
内容量:87g(めん66g)
発売日:2018年1月29日(月)
発売地区:全国新発売(CVS・量販店・一般小売店 他)
取得店舗:ÆON
取得価格:120円(税込)
希望小売価格:180円(税別)
JANコード:4901990339636

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ(PP)
必要湯量:280㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:-

~標準栄養成分表~

1食(87g)当たり

エネルギー:391kcal
たん白質:7.0g
脂質:15.3g
炭水化物:56.2g
ナトリウム:1.7g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:0.8g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:174mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:391kcal (めん・かやく:324kcal / スープ:67kcal)
食塩相当量:4.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:2.0g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、植物性たん白、たん白加水分解物、チキンエキス、発酵調味料、醤油、卵白)、添付調味料(粉末野菜、豚脂、砂糖、乳等を主要原料とする食品、食塩、香辛料、食酢、チーズ加工品、でん粉、パセリ)、かやく(ポテト、たまねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、いか、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・えび・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・いか・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2018/01/maruchanqtta.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。