エースコック「一度は食べたい名店の味 PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」 - エースコック

エースコック「一度は食べたい名店の味 PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


最近、某むっちりに癒されまくってます。やばいです。taka :aです。もはや捕食されたい…さて、今日はロッテの新商品を紹介…あ、これ1月30日発売だったのね(苦笑)「チョコパイ <PABLO監修4種ベリーのチーズケーキ>」です。「焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)」と「チョコパイ」のコラボは、今回で第5弾の取り組みとのことなんですが、どうも随分とチョコパイサイドな印象が強いんですよね。たとえば前回の「和のチーズケーキ京味仕立て」美味しいのは美味しかったけど、チーズケーキどこ?w みたいな。今回はミックスベリーチーズクリームとミックスベリージャムをソフトケーキ生地でサンドし、PABLOの4種ベリーのチーズタルトを表現しているそうです。で、通常のチョコパイと比較し、クリームを1.3倍量に増量しているとのこと。まず開封した時の香りは…うん、やっぱり強烈にチョコパイですねw どう捻ってもチキラーメンにしかならないチキラーメンの如く、しっかりチョコパイしてました。あ、でもベリーの甘酸っぱい香りも後方から交わっていて、ブルックサイドの香り(分かります?)と似ています。で、食べてみると…お、意外と…いや、結果やっぱりチョコパイなんですけれどもw ふんわりした口溶け? なんかこう、クリームがホワッホワで、間に仕込まれたベリーのソースも濃厚。4種のベリーは、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリーという定番の組み合わせで、果たしてパブロの再現性は分かりませんが、ほわほわなクリームの口当たりと濃厚なソースが美味しいチョコパイでした。これはリピしたい系だったけど、たしか取得価格は1個98円…だったかな。な、悩ましい値段…w


さて、本日のむっちり…じゃなかったw 本日の一杯は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」です。「ど・みそ」の「特みそこってりらーめん」は、PREMIUMではない同シリーズから2度リリースされているのですが、初版は2016年12月5日、そのリニューアルである第2弾は2017年12月11日発売でした。当ブログでは初版しか記事に残していませんが、私の感想は★3の及第点…「一度は食べたい名店の味 PREMIUM」シリーズとしては、「ぜんや」に続く第2弾に当たるのですが、そちらも及第点だったんですよね…w 今回は希望小売価格が295円から270円に下がりましたが、それでもハードルの高さを感じるハイエンド製品。エースコックは多加水系ノンフライ麺の完成度が高く、また背脂にも強みを持っているメーカーなので、バシッとキメていただきたいですね。





スープは、「厳選した味噌をベースに、豆味噌の特徴を利かせた味噌スープ」で、「ガーリックやジンジャーの旨みに、山椒等の香辛料でアクセントを付け、別添の『液体スープ(背脂パック)』を加える事で、こってりしたお店の味わいを再現してい」るとのこと。まず大きな特徴は3点、「豆味噌」「山椒」「背脂」です。というか、あまりの塩分濃度だったので、それしか私には見えませんでしたw 食塩相当量なんですが、スープだけで7.1g、全体で9.9gという血圧バーンな恐ろしい数値です。必ずしも食塩相当量の数値と体感的な塩気が比例するとは限りませんが、今回もれなく数値通りの塩分濃度で、私には耐え難い塩っぱさでした。しかし、ジャックナイフのようにエッジの効いた味噌感こそが豆味噌の特徴であり、ただ食塩を大量に投下したような塩っぱさではなく、メイラード反応を彷彿とさせる赤味噌特有の熟成した発酵感が印象的だったので、ガツンと赤味噌が効いた輪郭のある塩っぱいくらいの味噌ラーメンが好きな人は、かなり高い満足感が得られると思います。それに、ただ味噌の強さで押しているわけではなく、大量の背脂による動物系の重厚感が半端じゃないんですよね。今回はノンフライ麺を起用した製品なのに、なんと脂質が25.1gと大変な数値なんですけれどもw いやいやスゴいぞ背脂。まず豚脂特有の芳ばしさが顕著に働きかけてくるのですが、それも鼻に付くほどのリアリティだったので、かなり人を選ぶと思います。「EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン」を食べとがある人はイメージできると思いますが、EDGEほどの量こそ入ってはいないものの、そのクオリティに匹敵する、とても質の高いリアルな背脂そのもの。背脂特有の粒感も残っており、鋭利な味噌とは対極的な背脂の甘味が好印象でした。まぁ私には圧倒的に味噌が優勢だったんですけれどもw その強烈な背脂の重厚感が赤味噌の鋭利な主張を包み込み、それでも赤味噌は自己主張を緩めることなく突っ込んできますが、細くシャープだった針のような凶暴性が太い筒のように変わり、先端を削りながらも速度が落ちるような嫌いを見せず、かなりの攻撃力を兼ね備えた味わいではあるものの、ただ塩っぱいだけでは終わらない、そんな本格さには好感が抱けました。そして、山椒。これも一見して明白に分かるほどの存在感で、まず本体として土台を構築する鋭利な味噌、それを抑制するのではなく、まるで特攻用に誂えた鎧でも着せるかの如く味噌を包み込んでいた背脂、さらに山椒が味を単調に思わせないアクセントとして華やかに飾り立てる、かなり人を選ぶ濃さではありましたが、単調な大味ではありませんでした。

めんは、「生地にたっぷり水を抱かせた多加水めん」で、「プリッとした歯切れの良さともっちりとした食感を併せ持つ生めんのような品質のめんに仕上げ」たとのこと。パッケージには中太麺と書かれていますが、これを中太麺と定義付けたら世の太麺が泣きますよw がっつり太麺です。つけ麺? 油そば? くらいの勢いです。それも平打ち麺ではなく、かなり厚みがあるんですよね。でもって一見するとゴワつきを感じさせるようなビジュアルですが、そのような粉っぽさやゴワつきは感じられません。むしろ、加水率の高さを感じさせる密度ある弾力と、それでいて適度な歯切れの良さを併せ持ち、無骨で寡黙な父親というよりも勝気な母ちゃん? みたいなw 普段はパワフルで押しが強いけど、包容力と母性を感じるような麺でした。ただ、かなりスープがオラオラだったので、もうちょっと無骨なゴワつきがあったほうが、よりバランスよく仕上がったでしょうか。いや、好みの問題ですかねw あと、いつものパターンとは逆で、麺を食べているときのほうが体感的な塩分濃度が高かったです。というのも、スープを口に含んだ時には同時に背脂が流れ込んで味噌を包んでくれるのですが、麺を食べている時には味噌感が先行したので、なかなか…w あ、でも背脂のジャンクで芳ばしい背徳的な風味が麺の表面をコーティングしてくるので、それは好印象に残りました。お湯を足したら何とかなるかな?

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、シャキシャキとした食感の良いもやし、色調の良いコーン、ニラ、風味の良い白ごま、黒ごま」とのこと。うん、ショボいw まず内容は、初版のタテ型製品と同じですね。で、量ほんのちょっとだけ増えたかな? くらい。量としては、せいぜいタテ型カップの平均値…いや、それでも他社と比較して貧弱な内容です。なんかもう背脂も具材の一部、くらいの気構えで望んだほうがいいかもしれませんw で程良く味付けした肉そぼろですが、例のスポンジ野郎じゃないですね。まともw まぁそれでも取り立てて美味しい肉そぼろというわけでもないんですけど…スポンジ野郎より全然マシ。もやしは細かった割に、ふとした食感が嬉しいアクセントでした。ニラは…小さい少ないw で、ご覧の通りコーンも少なかったんですが、鋭利なスープの中でコーンの甘さがインターバルでした。も、もうちょっとコーンをw あ、芳ばしい胡麻、よかったです。タテ型にも黒胡麻が入っていたので、お店の個性なんでしょうね。あ、キャベツ欲しい感じw


(標準は★3です)

初版のタテ型では、「特みそこってり」の「特」は圧倒的に「みそ」を指していると感じ、「こってり」の要素は目立っていませんでしたが、PREMIUMバージョンにブラッシュアップされたことで、大量の背脂が入り、「みそ」も「こってり」も「特」の指標に含まれました。また具材の構成やスープのニュアンス、食べ応えのある麺などを踏まえると、それとの共通点は多く、純粋にタテ型を昇華させたような仕上がりで、しかも随分と本格的な雰囲気から、お店の個性がハッキリと掴めたような気がします。私の舌は塩気にネガティブなので、主観的な満足度は★3だったんですけれども、このように攻撃的でワイルドなスープに中毒性を感じる方は多いと思いますし、私の好み外だったことを含めても納得せざるを得ない本格さを感じたので、上出来の★5としました。強烈な味噌、圧倒的な豚脂の重厚感、山椒の刺激が苦手な人にはオススメできませんが、ガテン系な味噌ラーメンが好きな人は買って損のないカップ麺だと思います。あ、調理の際に気を付けて欲しい点が一つ…今回は液体スープが2袋入っているのですが、青い袋には大量の味噌、もう片方の白地に紫の小袋にはフルで背脂が入っていて、この背脂パックが曲者。このクッソ寒い季節ですから、背脂(動物性油脂)がガッチガチに凝固していると思います。こんなもんフタの上に5分で溶けるはずがありませんw お部屋常夏サンシャインでも無理w なので、事前に丼などの別容器を用意し、熱湯を注いで小袋を浸けておきましょう。レトルトカレーよろしく鍋で湯煎すると背脂の粒が溶けてしまうので、注意してください。今回のカップ麺、ダメな人は本当にダメだと思います。私、苦手系でしたw けど、ただ浅はかに大味で攻め立ててくるような一杯ではなく、しっかり本格的で、また店の個性が感じられる(行ったことないけど)良品だと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:一度は食べたい名店の味 PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
製造者:エースコック
内容量:145g(めん70g)
発売日:2018年2月5日(月)
発売地区:全国新発売(スーパー・コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:213円(税込)
希望小売価格:270円(税別)
JANコード:4901071211639

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋(粉末スープ・液体スープ2袋・かやく)

~標準栄養成分表~

1食(145g)当たり

エネルギー:544kcal
たん白質:13.8g
脂質:25.1g
炭水化物:65.8g
ナトリウム:3.9g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:2.8g)
カルシウム:277mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:544kcal (めん・かやく:291kcal / スープ:253kcal)
食塩相当量:9.9g (めん・かやく:2.8g / スープ:7.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:スープ(みそ、動物油脂、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、食塩、香辛料、発酵調味料、たん白加水分解物、酵母エキス、しょうゆ、野菜ペースト、魚介エキス)、めん(小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、かやく(コーン、鶏・豚味付肉そぼろ、もやし、ごま、黒ごま、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、カラメル色素、乳化剤、炭酸カルシウム、香料、酒精、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、牛肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1801_GXZM.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

4 Comments

かーと  

No title

takaさん、こんばんは!

へぇー、takaさんがこれを5とはちょっと驚きましたね!
とはいえ、今回は自分の好みとは分けてつけたようですが!

今回のはちょっと自分でも度肝を抜かれる塩カドでしたし、
さすがにそれで減点されてもやむをえない感がありましたし(;゚ω゚)

塩分だけもうちょっと抑えてくれれば良かったのですが、
塩分のせいで背脂までマスクされてる面がありましたし、
どうにももったいないなぁと思わせるところがありました;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

2018/02/10 (Sat) 00:33 | EDIT | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:かーとさん

ばんちゃ!

うん、めっちゃ客観的に評価した頑張ったw

主観的には背脂のインパクトを加味して★3だけど、
もう1回食べろと言われたら…タダでも要らん(;´∀`)

今回の味噌はエグかったね…液体スープほぼ味噌やったしw

ただ、相変わらず背脂が秀逸だったら…って、
もしかして粒感消す勢いで湯煎しちゃった(; •̀д•́)?!

だとしたら、余計に味噌を強く感じてしまったかもしれないね( ´-ω-)

2018/02/10 (Sat) 01:00 | EDIT | REPLY |   

たうい  

No title

これはまぁとにかく塩っぱかったですね~。
でも美味しいんですよね~。

そういう意味でたいへん悩ましい製品でした。
もうちょっと塩分抑えてくれれば安心して食べられたのですが、
さすがに9.9gの文字見たらヒキましたわww

麺なんかとても美味しかったし、
製品的にはよくできていたと思います。(具以外)

しかしエースコックさんも罪な商品作ります。
マジで塩分対策(とスポンジ状物体の対策)頼みたいです!

2018/02/10 (Sat) 01:44 | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:たういパパ

この味噌はエグかったぁ(;´∀`)

けど、なんだろう…本当に厳しかったんだけど(俺には特に)
これは本格的だと思えるリアリティがあったんだよね_φ(. .*)

リアルな背脂に引っ張られただけ…?w

とは言え、麺の完成度も高かったし、
ガテン系の味噌ラーメンとしては上出来だと!

ただ、具材はショボかった〜(;´∀`)
ほぼタテ型と量すら変わらないってどうよww

> マジで塩分対策(とスポンジ状物体の対策)頼みたいです!
これは油そば系にも言えることだよね( ´-ω-) 塩気w 特に塩気ww
最近ちょっとスーパーカップが常識的になってきて一安心なうww

2018/02/10 (Sat) 09:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment