日清食品「日清ラ王 復刻版しょうゆ」 - 日清食品

日清食品「日清ラ王 復刻版しょうゆ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品、「ポテトチップス コンソメ “つぶつぶ” トリプルパンチ」です。ちょいちょい発売されるトリプルパンチですが、今年はコンソメの “つぶつぶ” がポイントなんだとか。パッケージでは、大きくご丁寧に「ココがうまい!」と矢印で強調されております。メーカーの公式ホームページには商品情報が見当たらなかったんですけれども、そこいらのスーパーで山積みでした。で、味は…もれなく濃いw わけなんですが、食塩相当量は1袋50g当たり0.7gなので、通常のコンソメパンチ(1袋60g当たり0.6g)と比較しても分かるように、そこまで凶暴な味ではないんですよね。あくまでも “コンソメ風味を3倍にした” ニュアンスなので、なんてこった塩気も3倍というわけではありません。まぁ濃いのは濃いけどw つぶつぶですか? えっと、うん…そんなにw なんとなく荒削りだなぁ~って感じは漠然と(笑)いつもよりワイルドな、でも安定感のあるコンソメパンチでした。


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清ラ王 復刻版しょうゆ」です。シリーズ発売25周年記念第3弾は、 “初代ラ王” が限定復刻とのこと。第1弾は「夏のラ王」、第2弾は「日清ラ王 焼そば」でした。ちなみに発売25周年記念商品は、今回の第3弾でラストみたいですね。さぁ、このブログを読んでくださっている方々の中に、初代ラ王の味をハッキリと覚えている方は何人ほどいらっしゃいますでしょうか。え、私ですか?…無論、記憶の片隅にもございません。おそらく知らない方のほうが多いんじゃないかとも思える確率なんですが、現在の八角パッケージになる前のラ王は “ノンフライ麺” ではなく湯切りが必要な “生タイプめん” だった、これを知っている方は多いでしょう。そこで止まっている方も多いでしょうw で、今回その生タイプめんや丸型パッケージの復活に期待していたんですが、「"初代ラ王" の特長である生タイプ麺のつるみともちもちした食感をノンフライ麺で再現した」とのこと。お、おぉぅ…w なんでしょう、この “無理やり手動で時計の針を逆回転させている” ような違和感…w ま、まぁいいでしょう。製造ラインとかコストの兼ね合いとか、大人の事情ありますからね、うん。「1992年発売当時のファンの方はもちろん、当時を知らない若い世代にもお楽しみいただける、懐かしくて新しい商品」とのことなので、ノスタルジックさと高品質を両立した仕上がりに期待したいと思います。





スープは、「鶏ガラと豚骨をベースに香味野菜のうまみとガーリック、ペッパーをきかせたしょうゆ味」で、「発売当時の味わいに仕上げ」たとのこと。あらやだコレなに懐かしいw 冒頭では当時の味なんか覚えていないと書きましたが、そうそう…なんか昔の醤油味って、こんな雰囲気でしたよね。動物性油脂でコクを深めようと意識している最近のスープとは異なり、動物系の油脂成分は控えめで、代わりにペッパーを中心とした香辛料がビシイッ!と、なんとも安っぽい素朴な味わい。そう、まるで大衆食堂のメニューにあるような、どこぞの地方にあるスキー場で出てくるようなw コショーの効いた鶏ガラ醤油スープです。正直、最近の本格的なスープに慣れていると、物足りなさを感じてしまうかもしれません。さらに定価を加味すると、なおのことでしょう。ただ、復刻製品という立ち位置と、実際に食べてみて、あぁ…そうそう、なんか昔のカップ麺って…みたいな。もちろん素朴さを良しとするか、値段に釣り合わないとするかは個人の指標に大きく左右されますが、私どストライクでした。そういえば最近、こんなスープって滅多にないよなぁ…

は、「20番の切刃で切り出した3層ノンフライの縮れ麺」で、「発売当時の生タイプ麺の食感をノンフライ麺で再現した、つるみともちもち感が特長」とのこと。これが果たして生タイプめんを再現できているのかどうか、そう問われると手放しに首を縦には触れない仕上がりではあるものの、軽めで伸びやすいタイプの縮れた中細ノンフライ麺で、時計の針ぐるんぐるん左回り。少なくとも最近の新作カップ麺に(しかも200円オーバーで)採用しようものなら、ブーイング間違いないでしょう。ただ、25年前の復刻製品に最新の技術力を求めるのはナンセンスな話ですし、この草臥れたヘタレっぷりが旧世代感の演出に効果的で、安っぽいスープともマッチしていて美味しかったです。で、かなり伸びるの早いですよ。すでに5分ジャストで柔らかめだったので、少し早めにフタを開けたほうがいいかもしれません。

具材は、「もやし、ネギ、コーン、チャーシュー、わかめ」で、「発売当時の具材構成を再現し」たとのこと。あ、あ、なんかモヤシとかコーンとかワカメとかは入っていた気がする。あれ…? 別のカップ麺だったかな…まぁいいや。正直、具材はショボいです。私の取得価格はスーパーで税込170円だったんですけど、これ希望小売価格220円(税別)ですからね。ただ、もやしっ子とワカメちゃん…最高ですw なんですかね、こう…なんか理屈じゃないんですよ。今回の胡椒の効いた安っぽい醤油スープに必須というか、うん。モヤシが割と大きくて香りが強かったことと、かのエースコックには到底叶わないペラッペラなワカメも適度な磯の香りが効果的で、この両者は絶対に欠かせないと思いました。ん? ネギとコーンとチャーシューですか? それなりにネギは風味がアクセントに寄与していましたが、コーンは目立っておらず、チャーシューは日清食品のタテ型ビッグに入っているようチップ状のタイプだったので、あんまり印象には残らなかったです。


(標準は★3です)

今回のカップ麺…正直、かなり賛否両論あると思います。私は取得価格を踏まえて★4としましたが、コンビニで定価購入なら★3ですね。ただ、これ…もう1回食べたいw なんか、とりあえず2個くらい傍に置いておきたいw 私はブログの関係上、主に新商品としてリリースされるカップ麺を中心に取り上げているので、ついついスーパーやコンビニのPB商品や廉価版のカップ麺から遠退いてしまっているのですが、そのせいか素朴な美味しさにジ~~ン、とキちゃって…ええ、ノンフライ麺は何世代前なんだ、ってくらいのヘタレっぷりですし、現在ではラ王の代名詞とも言える十八番の厚切焼豚も入っていません。しかし、各社こぞって自社の最新技術を競い合っているような昨今、その流れに真っ向から逆らうような開き直った安っぽさには潔さすら感じました。こってり濃厚なラーメンが好きな人にはオススメできませんが、漠然として懐旧の念を呼び起こしてくれる、そんな素朴さに価値が見出せそうな人は、 “コンビニ以外で探して” 試してみてください。最近のカップ麺しか知らない、舌が肥えてしまっている若者諸君、こういった地味な素朴さも滋味ですぞ。そして、最近のカップ麺は奇抜な味が多いし、こってり系が流行っているし、もうカップ麺とは縁がないかなぁ…と、世代交代を感じている還暦間近の諸先輩方、懐かしいの出ましたよー。最新の味覚で評価したら、どう考えても現行品である「背脂コク醤油」のほうが美味しいので、物足りなさを感じてしまったらスイマセン。でも、私としてはオススメしたいカップ麺です。なんだろう…もう食べたい再びw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清ラ王 復刻版しょうゆ
製造者:日清食品
内容量:94g(めん65g)
発売日:2018年1月8日(月)
発売地区:全国新発売(全チャンネル)
取得店舗:スーパー
取得価格:170円(税込)
希望小売価格:220円(税別)
JANコード:4902105244203

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋(粉末スープ・液体スープ・かやく)

~栄養成分表示~

1食(94g)当たり

熱量:296kcal
たんぱく質:8.3g
脂質:4.6g
炭水化物:55.4g
食塩相当量:6.0g
(めん・かやく:2.2g)
(スープ:3.8g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:151mg

※参考値:調理直後に分別して分析
熱量:296kcal (めん・かやく:271kcal / スープ:25kcal)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維、チキンエキス、しょうゆ、卵粉、植物油脂)、スープ(しょうゆ、動物油脂(豚、鶏)、小麦粉加工品、香辛料、香味調味料、チキン調味料、ポークパウダー、オニオンパウダー、食塩、酵母エキス、香味油、野菜調味料、ポークエキス、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、モヤシ、コーン、ねぎ、わかめ) / 加工でん粉、香料、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、かんすい、増粘剤(アラビアガム)、炭酸Ca、カラメル色素、グリセリン、カロチノイド色素、乳化剤、トレハロース、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、乳酸Ca、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま・りんご・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/6599

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

10 Comments

たうい  

No title

たしかにスープはなんか昔っぽい素朴さがありましたよね。
やはり自分は当時の具の内容ももやしくらいしか思い出せないのに
味までさすがに思い出せませんでした。

生タイプ麺は設備の関係で高コストで無理でしょうが、
せめて丸カップくらいお願いしたかったな~。

昔のスープと言えば、
サッポロ一番しょうゆ袋なんか昔のほうが逆に美味しかった気がします。

昔の楊夫人とか劉昌麺、王風麺、ハウスシャンメンたまごめん、
よかとん、華味餐庁、サツ1えぞ味、八ちゃんらーめん・・・
あぁ~復刻してほしい製品がわんさか出てくる~ (^_^;)

2018/02/03 (Sat) 14:13 | REPLY |   

もりりんパパ  

No title

今夜も用事があるので(新年会…)またまた早めの時間にお邪魔します~(^▽^)/

>初代ラ王の味をハッキリと覚えている方は…
あはは、全く覚えてません(;^ω^)
あの頃僕何歳だったかしら…10代??

>そういえば最近、こんなスープって滅多にないよなぁ…
えっ、マジですか!全然思い出せない…けどちょっと食べたくなってきました(;'∀')

あの頃ってラ王は高くてちょっと特別なイメージがあったのですが、月日が経って今の麺と比較するとこんな感じなんですね~。

これは今の技術力が凄いのであって、当時のラ王と比べるのはきっとナンセンスですよね!多分。

懐かしさを味わう為にも見つけたら買ってみようと思います(*´艸`*)
あの頃ちょっと高くて躊躇してあまり買えなかったので、尚更買いたいw


んで昨日の
>某コスモスはコスモス
確かにwww

因みにコスモスは数年前に嫁さんがパートで働いていたこともあって、尚更御用達というかお気に入りなんですよ~(^▽^)

2018/02/03 (Sat) 14:41 | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:たういパパ

たとえば25年前の製品を食べたことがある人でも、
それは “味の記憶” ではなく “雰囲気の思い出” だよね…っていうw

でも、その雰囲気を感じるには充分な仕上がりだったように思った٩(ˊωˋ*)و

で、なんか妙に美味しいのコイツなんだろう妙に美味しいのww

> 生タイプ麺は設備の関係で高コストで無理でしょうが、
> せめて丸カップくらいお願いしたかったな~。
ねぇ〜( ´-ω-)「麺ニッポン」の容器とか
「行列」シリーズの容器を使えばよかったのにw

> サッポロ一番しょうゆ袋なんか昔のほうが逆に美味しかった気が
たぶん、それが残っている人は、今でも「袋麺は美味しい、カップ麺は…」
みたいな印象が強くて、カップ麺にネガティブなのかもしれないね( ´-ω-)

> 昔の楊夫人とか劉昌麺、王風麺、ハウスシャンメンたまごめん、
> よかとん、華味餐庁、サツ1えぞ味、八ちゃんらーめん・・・
> あぁ~復刻してほしい製品がわんさか出てくる~ (^_^;)
わぁ〜しらない線品わんさか出てきた〜(;°∀°)!! かろうじて楊夫人ww

2018/02/03 (Sat) 16:18 | EDIT | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:もりりんパパ

家族のイベントでもある節分に新年会とか企画した人なかなか攻めてるねww

> あの頃僕何歳だったかしら…10代??
俺に聞く?! から調べたけどw もりりんさん1982年生まれだから、
発売当初は11歳やね_φ(. .*) その歳でカップ麺解禁されてたら
当時の味を経験している可能性は充分にあるよ!

ただ、当時20代、30代、40代の人でも “味” の記憶は曖昧だろうね(;´∀`)

でも漠然と懐かしかったのよw なんかこう、懐かしかったのよww

とりあえず味としては絶対に現行品が上だけど、なんかこう、
古き良き…ただ、高いんだコイツなぜかノーマルと同じ値段なのよね…(╥ω╥`)

そこだけが大きく引っかかったかな…

> 月日が経って今の麺と比較するとこんな感じなんですね~。
そもそも生タイプとノンフライ麺という決定的な違いがw

> あの頃ちょっと高くて躊躇してあまり買えなかったので、尚更買いたいw
それ分かる…(╥ω╥`) で、高級感で言えば完全に負けてるけどw おいしかったよ♪

あ、嫁さんの関係もあったんだねコスモス٩(ˊωˋ*)و

2018/02/03 (Sat) 16:33 | EDIT | REPLY |   

バカワイン  

No title

こういう復刻ものとかって、久しぶりに食べると、昔を思い出したりするのかなぁ。
こないだスガキヤを食べたときには、学生時代を思い出して、嬉しかったけど。
このところ、こってりラーメンに傾倒してるけど、これは飲んだ後に良いんだろうなぁ。

2018/02/03 (Sat) 17:49 | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:ワインちゃん

なんかね、てんで昔の味なんか覚えてなかったのに、
なんだろうか…この、あ〜これこれ(うるっ)みたいな(;´∀`)

ちなみに俺は実店舗の寿がきや食品で食べたことないの…w
いや、1回だけフードコートで…いや、でも夢だっかもしれないw

ただ、そんな感覚かな٩(ˊωˋ*)و

飲み〆の概念が俺にはないんだけど、たぶんイイと思う(*º∀º)b

2018/02/03 (Sat) 17:54 | EDIT | REPLY |   

かーと  

No title

takaさん、こんばんは!

あら、この写真では麺がのびのびになってますね(;゚ω゚)
自分の「みそ」のときの麺の写真とそっくりですし!

この商品はもう少し早めに開けたほうがいいでしょうね;

麺の耐久性の弱さに関しては如何ともしがたかったですが、
この「昔のありがちなラーメン」の再現度は良かったですね!

胡椒が強めで、昔よくあったコーンとわかめともやしが乗る、
今ではチープの一言で片づけられますが、これはこれで良かったですね!

そういう点では復刻版らしさを感じさせてくれましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

2018/02/04 (Sun) 00:25 | EDIT | REPLY |   

爺や  

No title

生タイプ麺特有の酸味と匂いがフリーズドライ麺で上手に再現されていると思いました。
それから、わかめの磯臭さと高い割に陳腐な具材も。

これ、今だったら低評価でしょうね。
何度も食べたいと思わないですもの。

2018/02/04 (Sun) 04:20 | EDIT | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:かーとさん

おはよう!

いや、まだ食感は残っていたww とは言え、ショボかったぁ(;´∀`)

で、今日の昼は「みそ」をアップする予定なんだけど、
早くフタを開けたヤツの方がヘタレっていう…どうよ(苦笑)

> この「昔のありがちなラーメン」の再現度は良かったですね!
これに尽きる! なんか、今の220円じゃ絶対に許されないクオリティが
逆に懐旧の念を彷彿とさせるプライスレス的な?(笑)地味に美味しかった!

もうちょっと安いとよかったんだけどね( ノД`)

2018/02/04 (Sun) 09:42 | EDIT | REPLY |   
taka :a

taka :a  

Re:爺やさん

この麺はフリーズドライではなく熱風乾燥ですね٩( 'ω' )و

いや、フリーズドライ製法だったらスイマセンw

そうそう、今の時代で定価220円のカップ麺といえば、
もっと本格さや高級感を演出すべきですから…( ´-ω-)

とは言え、漠然と懐かしくホッとするような、
古き良き情景は嬉しかったです٩(ˊωˋ*)و

ただ、できたら205円くらいで作って欲しかった…w

2018/02/04 (Sun) 09:45 | EDIT | REPLY |   

Post a comment