まるか食品「ピーヤング 麻婆春雨」 - スポンサー広告まるか食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるか食品「ピーヤング 麻婆春雨」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、「馬肉会の様子」です。今回、市郎右衛門は「みんなが紹介するからいいや〜」と、サボりやがりましたがw もうひとりの野郎はバッチリ紹介してくれました。私ですか? まぁ他の人が紹介してくれr(ry では、最近フォープラスワンになった動物保護野郎の記事、お楽しみください。「後世に残したい風景 友との交流4」しっかし今回の馬肉は鮮度が高すぎたなぁ…今月のハードル上がるぞ大将w あ、それはそうと今月もよろしくお願いします(ぺこり)



さて、本日の一杯は、まるか食品の「ピーヤング 麻婆春雨」です。…永谷園?(※まるか食品です)第1弾の「ピーヤング 春雨」は、「鉄分MAXやきそば」と同じソース(多分)で味付けされた中華風の春雨でしたが、第2弾の今度は…いやいやw 間違いないでしょうピーヤングw ちょっと麻婆春雨とか定番すぎてチョイスが卑怯だわピーヤングw そんなイメージ通りの味だったら嬉しいなー。それにしても春雨だろうと関係なく「やきそば」の暖簾を掲げ続けている件w あっぱれ…





ソースは、「コクのある麻婆味」とのこと。うん、まさにw 極めてオーソドックスな麻婆春雨系ですね。いや、私の言うオーソドックスは永谷園とかのイメージなんですけれどもw まず刺激はカップ麺的に見て中辛、でも永谷園だったら辛口って言いそうな…いや、カップ麺的に見ても中辛以上と言っても過言ではないかもしれません。立て続けに食べていると、結構ピリピリきました。味は日本人向けの麻婆味で、市販の麻婆豆腐や麻婆春雨の典型的な雛形路線。花椒の香りは目立っていませんが、麻味のアクセントと輪郭のある唐辛子の刺激が食欲を刺激し、旨味はポークベース。そこにオイスターソースと豆板醤が本格さを演出する、これといった驚きこそ感じられないものの、一般的にイメージされるであろう家庭で作る麻婆春雨の味わいそのままというか、ほんと裏切りなくストレートな麻婆味でした。思いの外に刺激的だったので、市販の素で辛口がダメな人は厳しいかもしれません。

春雨は、おそらく第1弾と同じですね。えっと、春雨です(極めて文字通りw)原材料は、でん粉のみ。もちろんオーソドックスな麻婆味との相性に疑う余地など微塵もなく、相性は完璧ですよ。ただ、個包装から取り出すために、容器から出さないといけないので、その一手間がアレなくらいでしょうか。たぶん、そのまま容器に最初から開けていたら、輸送の際に砕けてしまうのでしょうね。あと、湯切りの際…もれなく湯切り口をブロックしやがりますw で、ソースが薄くなっちゃうかなぁ…と思って念入りに湯切りしたんですが、あんまり突き詰めないほうがいいと思います。と言うのも、あんまり徹底して水分を切ってしまうと、ダマになる恐れがあるんですよね…っていうかダマになったw それでも美味しかったけど、うん。

かやくは、豚・鶏味付けひき肉、ねぎ、レッドベルですね。最近よく入っている例のペットフードみたいな肉具材が使用されていたら、それはもう一気に興醒めだったけど…大丈夫、まともな肉具材です。 でもってコイツの働きぶりが非常に素晴らしかったんですよ。質としては取り立てて先進的な挽肉ではありませんが、尋常に美味しく、また量が多めに入っていて、麻婆といったら挽肉のイメージを正しく表現。ソースだけでも美味しかったけど、ソースと春雨だけじゃ何だか虚しい…ってところに俺が必要だろ? みたいな。わかってらっしゃる挽肉さん。レッドベルは埋没していましたが、ネギは歯触りがアクセントに効果的で、シンプルながらも不足感は皆無。欲を言えば椎茸や胡麻なんかがスイマセンごめんなさい充分ですw


(標準は★3です)

うん、素晴らしいですね。もう驚きなんて微塵も感じられない抜群の安定感を誇っていたわけなんですけれどもw こうやってフライパン無しで麻婆春雨が食べられるのって嬉しいですよね。それに、市販の素を使って作った麻婆春雨は、基本的に白ご飯の相棒的なイメージですが、これは主食で食べられる程よい味付け。食塩相当量も2.5gとカップ麺としては優しい数値だったし、もちろん白ご飯とも合いそうな味付けだったので、ライスをウィズらせるのもアリでしょう。春雨が40gと少ないので、男性ユーザーや食べ盛り女子には少し物足りない量かもしれませんが、逆にダイエット中の方だったり、ついつい夜食を食べちゃう方には程よく嬉しい量と言えるかもしれません。春雨だけだと虚しいけど、一口ひとくち絡んでくる多めの挽肉とネギのアクセントが効果的で、味は安定の日本人好み。まるで絵に描いたような麻婆春雨感から、おそらく実食前のイメージを裏切られることはないでしょう。ただ、思いの外しっかりピリ辛以上だったので、刺激に弱い方は少しだけ気を付けてください。激辛とかではないけれど、普通に辛口だと思います。いやぁ…ちょっと卑怯でしたね第2弾w でも、裏切りのない硬派な作りに好感が抱けた一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ピーヤング 麻婆春雨
製造者:まるか食品
内容量:64g(春雨40g)
発売日:2018年1月29日(月)
発売地区:-
取得店舗:スーパー
取得価格: 203円(税込)
希望小売価格:205円(税別)
JANコード:4902885004660

麺種類:春雨
容器材質:プラ(PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋(春雨・ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食(64g)当たり

エネルギー:222kcal
たん白質:2.9g
脂質:3.7g
炭水化物:44.2g
ナトリウム:1.0g

(食塩相当量:2.5g)

名称:即席カップめん

原材料名:春雨(でん粉)、添付調味料(糖類、しょうゆ、植物油脂、ポークエキス、食塩、香辛料、オイスターソース、豆板醤、たん白加水分解物)、かやく(豚・鶏味付けひき肉、ねぎ、レッドベル)、調味料(アミノ酸等)、セルロース、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、(原材料の一部に小麦、卵、ごま、大豆、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/products/845/

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。