エースコック「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」 - スポンサー広告エースコック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコック「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、大塚食品の「ボンカレーゴールド 中辛」です。ええ、ご覧の通りカップ麺の都合に合わせまして、わざわざ買いましたよボンカレーw(これぞ絵に描いたようなメーカーの思う壺…よっ、鴨の鑑!w)というのも、世界初の市販用レトルトカレー「ボンカレー」ですが、かれこれ20年以上食べた記憶がないんですよね…てか、いま箱ごとレンジ加熱できるんですね。「ここから蒸気が出ます」とかマジかよボンカレーちょっとビビった…。私は基本、レトルトカレーは頑なに湯煎派なんですけれども、うっかりレンジ加熱してしまいました。え、味の詳細ですか? 私の感想とか要ります?w いやもう王道のジャガイモごろごろ家カレーとしか形容できないんですけれどもw 強いて特徴を挙げるとするならば、丁寧にローストしたような玉ねぎのコクと旨味(甘味)でしょうか。でもって中辛…? 甘口? なのかどうかは個人差ですが、かなり優しい部類ですよね? それにしても、さすが誉れ高き永遠のスタンダード。昨今流行りのマッサマンだのプーポッパンだのバターチキンだの何のその、これぞ日本のレトルトカレーを地で行くような味わいです。お前は20年以上もブランクがあるくせに何を言ってんだバカヤローと思われるかもしれませんが、そんなブランクを微塵も感じさせない、懐旧の年を一気に引きずり出されてしまうような、漠然と絶対的な安心感たるや…ボンカレーやべぇぜ。未だに色褪せないノスタルジックな魅力が堪らない、それでいて今なお通用する美味しさを兼ね備えた、これぞ定番のレトルトカレーでございました。ちなみに米軍の携帯食をヒントに生まれたオリジナルのボンカレーは1968年、その10年後である1978年にボンカレーゴールドが誕生したんですよね。今回、ブランド50周年を記念して、本文の「スーパーカップ1.5倍」とのタイアップ、また今年45周年を迎える「ブラック・ジャック」のセリフ「ボンカレーはどうつくってもうまいのだ」(第88話「報復」)からのコラボレーションなど、なかなか気合が入っております。ちなみに3月5日より、松山容子さんが描かれた発売当時のパッケージと味を再現した「ボンカレー50」がリリースされるそうなので、そちらも要チェックですね。


さて、そんなボンカレーとコラボした本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」です。…あ、うどん(笑)パッケージにも「だし香る」とありますが、思いっ切り捻ってきましたねw しかし、冒頭で触れたようにボンカレーはレトルトカレーの祖、またエースコックはカレー味のカップ麺を業界で初めて開発したカレー味のパイオニアですから、かなりの安定感が期待できそうです。それに、先日も記事で触れましたが、エースコックは玉ねぎに強みを持っているメーカーなんですよね。なので、玉ねぎのコクと旨味が印象的なボンカレーゴールドの中辛との相性は…ふふふ。ちなみにスーパーカップも2018年に発売30周年を迎えるので、もうアッチもコッチも周年記念フィーバー状態です。まぁ毎年なにかしらの理由をつけて何かしらの周年記念商品がリリースされているわけなんですけれどもw 今回はスパイスの効いた本格的なカレーではなく、安心感が得られるような家庭的で素朴な優しいカレーうどんに期待したいと思います。ちなみに冒頭のボンカレーを残しているので、ちょっくら並べてみますかね。





スープは、「かつおのだしを利かせたカレースープに玉ねぎの甘みとトマトの旨みで、ボンカレーゴールド中辛味を思わせる味わいに仕上げた」とのこと。パッケージには「だし香る」とありますが、製品説明には「かつおのだしを利かせた」とあるように、実際のニュアンスは後者の印象が強く、カレーと対等な位置関係。本家と比較して玉ねぎのロースト感は控えめですが、玉ねぎの恩恵は感じられます。ややカレー粉の風味に「CoCo壱番屋」コラボの影が見えなくはないもののw オリジナルのボンカレーゴールド(中辛)を真横に並べてテイスティングしてみると、それを意識していることは何と無く伝わってきた…ような気がしますw 色は本家よりも薄く、野菜などの甘さも控えめで、塩気は強め。マイルドで野菜の甘味が強く、コクの深い本家と食べ比べてしまうと、やはり全体的なコクや野菜の存在感は随分と劣って感じました。ただ、鰹の出汁で伸ばされていることと、カレーうどん用の調整と思えば納得できる仕上がりかと思います。ちなみにスープの粘性は低く、サラサラとしています。スープ単体だと塩気を強く感じましたが、麺の存在感を思うと適切な処置でしょうか。刺激は中辛風とのことでしたが、本家同様スパイスの刺激は大したこと…というか、むしろ本家よりも穏やかですよ。塩気は強いけどw

めんは、「しっかりとした弾力とコシを持たせた滑らかなうどん」とのこと。お、いま勢いに乗っているカドメンうどんですね。かなりガッシリとした食感で、経時劣化耐性も高く、これは大盛バケツ型(麺量90g)というスタイルに於いて非常に強いメリットになります。で、いま最も秀逸な油揚げうどんなんじゃないですかね。もちろんタイプは異なりますが、「日清のどん兵衛」や「赤いきつね」とは一線を画している、ちょっと並大抵のレベルじゃないですね。正直、「日清のどん兵衛」を超えたと私は思っています。しばらくの間、おそらくカドメンうどんを食べる度に絶賛すると思いますが、お許しください。エースコック、あっぱれ。

かやくは、「国産のじゃがいも、玉ねぎ、人参とかまぼこ、ねぎ」とのこと。ボンカレーゴールドと同様に、国産の野菜具材を使用しています。国産具材に関しては毎度「リンガーハット」とのタイアップでも定番のセールスポイントですから、そのようなパイプがあるのでしょうね。残念ながら牛肉などの肉具材は入っていませんが、もし入っていたとしてもコスト配分的に採用されるのは確実に例のスポンジ野郎(粗悪な肉そぼろ)だと思いますしw レトルトカレーのほうにも気にならない程度の牛肉(端材)がチラッ、と入っているだけだったので、肉具材に関しては目を瞑りましょう。ただ、レトルトカレーの牛肉はルゥの一部として溶け込んでいたのに対し、こちらは単純に “無かった” ので、ちょっと寂しくもあったんですけどね。で、じゃがいもは最初しゃりしゃり後サラサラ? みたいな舌触りだったので、もうちょいホクホク感が欲しかったところ。玉ねぎは甘味があり、また自然な歯触りがアクセントに効果的でした。が、これも飴色になるまで炒めたようなボンカレーの玉ねぎとはニュアンスが異なりますよね。でもカップ麺的にはナイス。あとネギ、相変わらず多いw かまぼこは出汁の効いたカレーつゆにピッタリでした。


(標準は★3です)

チョコレートを食べてからカフェオレを飲んだら甘くない…じゃないですけど、真横に本家を並べてしまったことが仇となったか、どうしても物足りなさを感じてしまいました。ただ、ボンカレーゴールドの中辛を和風だしで伸ばしたら、こんな感じかな? どうかな?w もうちょっとボンカレーらしさを感じたいと思ってしまったんですが、じゃぁボンカレーらしさといえば定番とか安心感だと思うので、そういった意味では特徴を表現できているのかもしれません。ただ、スパイスの種類や配分など、構成のニュアンス幅が大きかったので、抱かれている “イメージの再現度” は高いと言えるかもしれませんが、ひいてはカップ麺的に凡庸な仕上がりとなり、 “味の再現度” は高くないと感じてしまいました。鰹だしで伸ばした典型的なカレー味で、そこにクオリティの高いカドメンうどんが入り、具材は…うんw ちょっと良くも悪くもフツーだったかなー、というのが正直な感想です。それこそエースコックはカップ麺に固形ルゥをド~ンと入れちゃう手法を持っているワイルドなメーカーなので、カレー粉を和風だしで割ったような仕上がりではなく、お家で煮込んだ優しいカレーをパウチしたような、あの味わいを固形ルゥで再現するべきだったのではないでしょうか。結果的に美味しい和風ベースのカレー味ではあったものの、もう少しボンカレーらしさを感じたかったです。同時発売品の「辛口」はラーメンなので、和風系の要素が見られなさそうな分、再現性に期待したいと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん
製造者:エースコック
内容量:118g (めん90g)
発売日:2018年1月22日 (月)
発売地区:全国新発売 (スーパー・コンビニ等)
取得店舗:スーパー
取得価格:127円 (税込)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071231484

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (118g) 当たり

エネルギー:467kcal
たん白質:9.4g
脂質:13.6g
炭水化物:76.8g
ナトリウム:3.4g
(めん・かやく:1.4g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.47mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:248mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:467kcal (めん・かやく:392kcal / スープ:75kcal)
食塩相当量:8.6g (めん・かやく:3.5g / スープ:5.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(牛・豚エキス、糖類、オニオンエキス、食塩、香辛料、トマトケチャップ、ソース、動物油脂、酵母エキス、クリーミングパウダー、香味調味料、たん白加水分解物、カツオブシパウダー)、かやく(ポテト、かまぼこ、ねぎ、玉ねぎ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、増粘多糖類、リン酸三ナトリウム、カラメル色素、重曹、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香料、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、紅麹色素、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、大豆、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1801_LSB.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ blogramで人気ブログを分析
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。